電力関連Q&Aまとめ

知らないと恥ずかしい?電気代が安くなるこれからのお話

家庭の電気代のイメージ画像
清水
清水
こうた君、もうすぐ冬がやってきますね。
冬は夏よりも電気代が高くなる傾向にありますから、今のうちに光熱費の見直しをしておいた方が良いですよ。
こうた
こうた
光熱費の見直しって、つまり節約ってことですよね?
小まめに消したり、コンセントを抜いておくとか、外出の時はブレーカーを切っておくとか、、、
こうた
こうた
それはわかってるけど、やっぱり面倒くさいんですよね。。。
清水
清水
節約の努力ももちろん大切です。
でも、今はもっと簡単に電気代を安くできる方法があるんですよ。
こうた
こうた
・・・あ、最後まで言わなくても大丈夫!
あれでしょ!アンペア数の見直しでしょ!?
こうた
こうた
契約アンペア数を下げれば、基本料金が安くなるってヤツですよね?
清水
清水
フフフ(笑)そうですね。
それも大事です。

電気代を安くする方法①「アンペア数を下げる」

清水
清水
関東地方をはじめ、中部・東海、北海道、東北、北陸、そして九州地方にお住まいのご家庭なら、契約アンペア数を下げることで基本料金を安くできるケースもあります。
例えば、1~2人暮らしなのに50Aや60Aとかで契約しているようなら、30A~40A契約に変更すれば、毎月の電気代を300円~1,000円ほど安くすることも可能です。

世帯人数が以前より減っているにもかかわらず、契約アンペア数を変えずにいるご家庭などは、契約アンペア数を見直しすることで、今よりも電気代を安く抑えることができます。

契約アンペアの見直しやブレーカーの取り換え工事は、お住まいの地域電力会社が原則として無料で対応してくれます。

清水
清水
でも、契約アンペアの見直しは電気の容量に余裕というか、ムダがあることが前提なんですよね。
ムダがないのにアンペア数を下げると、すぐにブレーカーが落ちて停電するので、それはそれで面倒なことにもなります。
清水
清水
それに関西や四国、中国地方、沖縄では、60アンペア以下の電気契約に基本料金の設定はないんですよ 。
こうた
こうた
そうなんだ!?
それは知らなかったです。。。
清水
清水
そもそも、アンペア数の見直しにしろ、毎日の節約にしろ、普段からきちんと管理している家庭だと、大した削減効果は期待できないんです。
こうた
こうた
たしかに、そう言われればそうかも。。。
清水
清水
ですから、アンペア数の見直しよりもオススメなのが「電力会社の見直し」です。
今とは別の電力会社に乗り換えるだけで、毎月の電気代が大幅に安くなるケースもありますよ!

電気代を安くする方法②「電力会社の見直し」

こうた
こうた
電力会社の見直しかあ。。。
それは僕も知ってますよ。
「新電力」ってやつでしょ?
こうた
こうた
でも、新電力って色々とありすぎて、正直よく分からないんですよね。
電話営業なんかもしょっちゅうで、ちょっと怪しい感じもします。
清水
清水
フフフ(笑)
そんなふうに思っているのは、こうた君だけじゃありません。
おそらく全国の7割以上の人たちがそう感じているはずです。
清水
清水
国の統計調査では、電気代を安くできるのに一度も新電力に切り替えたことがない世帯は、全国で4000万世帯以上もあるといわれていますからね。
こうた
こうた
うわぁ、そうなんだ。。。
電力会社を変えるのは、みんなやっぱり不安なんだね。
清水
清水
そうですね。
家庭向けの電力販売が2016年4月に自由化されて以降、楽天やKDDI、ソフトバンクなど、300社以上の企業が『新電力』と呼ばれる電力販売事業に参入しています。
でも、色んな電気料金メニューを選べるようになっているにもかかわらず、未だに「規制料金メニュー」と呼ばれる従量電灯A・B・C契約のままという世帯が多いんですよ。

地域電力会社の「従量電灯A・B・C」とは?

これまで電力会社を一度も変えたことのないご家庭で、検針票の『従量電灯』の欄にアルファベットのA・B・Cどれかが記載されていれば、それは電力自由化前からある代表的な「規制料金メニュー」です。

従量電灯A・B・Cは、電気をまったく使わない場合でも『基本料金』や『最低料金』が必ず発生し、ひと月の電力使用量が多いほど料金単価が3段階で高くなるのが特徴です。

従量電灯ABCなどの規制料金メニューは、自由化になる前の料金水準を2020年4月まで維持するように電気事業法で規制されています。

電気代を安くする方法③「従量電灯ABCの脱却」

清水
清水
今も地域電力会社の従量電灯A・B・Cのどれかを利用しているようであれば、新電力や電気料金メニューを変えるだけで、毎月の電気代は確実に安くなります。
新電力会社の中には、契約アンペアにかかわらず基本料金が無料というところもありますからね。
こうた
こうた
基本料金が無料ってことは、契約アンペアの見直しも必要ないってこと?
清水
清水
そういうことです。
60Aとか30Aとかの契約容量を気にする必要もなくなります。
こうた
こうた
だけど電力会社を変えて本当に大丈夫かなぁ?
やっぱり今までの方が安心だし、違うところに変えるのは正直いって不安もありますよ。
清水
清水
まあ、たしかに電力会社を変えるというのは、多くの人たちにとって経験のないことですからね。
不安になるのも仕方ありません。
清水
清水
でもね、こうた君、
もともと2016年4月までは、私たちが電力会社を選ぶことは出来ませんでした。
新築や引越しをしても、当時は住所地を管轄する地域電力会社に申し込むしか、私たちに選択肢はなかったんですよ。
清水
清水
だけど、電力自由化のおかげで、今では毎月のように新しい新電力サービスや、先進的な電気料金メニューが登場しています。
そして誰でも気軽に、いつでも電力会社を変えることができるようになっています。
こうた
こうた
たしかに、ついこの前もAmazonとの提携プランとか、めちゃめちゃシンプルな定額料金プランとか、新しい料金メニューが話題になってましたね。
清水
清水
それなのに2016年以前の古い価値観のまま、電気料金メニューを変えずにいると、その地域で一番高い電気料金を払い続けたまま、ずっと損をすることになってしまいます。
こうた
こうた
検針票を見てみたら、僕の家は従量電灯Bでした。
僕もずっと高い電気代を払っていたみたいです。。。トホホ。
清水
清水
電力会社の価格競争はかなり活発で、どの新電力も電気料金がさらに安くなるプランや、お得なキャンペーン特典を提供しています。
今よりもさらにお得になる新電力会社なんかも、まだまだ増えていくでしょう。
そういった新電力に次々と乗り換えていくことが、誰よりも上手に節約するコツですよ。

電気代を安くする方法④「定期的な乗り換え」

こうた
こうた
でも、次々に乗り換えるって面倒じゃないですか?
清水
清水
全然そんなことありませんよ。
めっちゃ簡単です(笑)

電力会社の切り替え(乗り換え)の際に必要なのは「お客様番号」と「供給地点特定番号」の2つです。

どちらも「電気の検針票」や電力会社の「マイページ」などに記載されています。

あとは電気料金の引き落とし先の口座番号もしくはクレジットカードの番号を手元に用意しておけば、新電力会社のホームページから10分もかからずに申し込みできます。

【参考】電力会社の切り替えに必要なのは「検針票」

清水
清水
とにかくまずは一度かえてみましょう。
何事もまずは経験してみることが大切ですからね!

新電力選びの参考にどうぞ

おすすめ新電力・総合ランキング
おすすめ新電力・総合ランキング
電力会社・格付けランキング
電力会社・格付けランキング
清水
清水
一度経験すれば「電力会社ってこんなに簡単に切り替えることができるんだ!」ってことが実感できるようになります。
実際に自分でやってみれば、あんまり簡単すぎて拍子抜けしますよ(笑)

電力会社切り替えの際の注意点としては、訪問営業や電話営業で来るような代理店任せにはしないこと。

それと初めての方には、電力会社の紹介サイトのような、取次ぎサイトでの申し込みもあまりお勧めできません。

取次サイトは2度手間になったり、余計な時間がかかることもありますので、やはり各新電力会社の公式HPからご自身の手で申し込むのが一番安全で確実です。

イメージ画像
こうた
こうた
何事もとりあえずやってみることが大事って言いますもんね。
僕の家は従量電灯Bだったので、さっそく安い新電力に変えてみます!
清水
清水
簡単なのに意外と知られていない節約方法ですからね。
ぜひこうた君も実践してください。
でも、電気代を安くするためのお話はここからが本番ですよ。
こうた
こうた
えっ!?まだ何か方法があるの??

次ページ 「電気代を安くするためにこれからできること」

1 2
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です