ランキング

東京電力とくとくガスプランより安い!新電力おすすめBEST3は?

ランキングBEST3
東京電力エナジーパートナーが手掛ける都市ガス契約「とくとくガスプラン」
2016年4月の電力自由化以降、これまで東京電力は東京ガスにも多くの顧客を奪われているからか、電気と都市ガスのセットプランの販促に非常に力を入れているようです。
東京電力エナジーパートナー「とくとくガスプラン」

東京電力とくとくガスプランはどれくらいお得?

こうた
こうた
たしかに最近いろんなところで、東電の「とくとくガスプラン」や「電気とガスをまとめてお得!」みたいな広告を見かけるかも。
ガス代は東京ガスより安くなるみたいだけど、実際どれくらいお得なの??
清水
清水
『とくとくガスプラン』のメリットについて、分かりやすくまとめてみましたので、まずはそちらをご覧ください↓↓↓

東京電力の都市ガスセットの特徴

『とくとくガスプラン』のメリット
  1. 都市ガスの基本料金と従量料金単価は、東京ガスの一般契約料金よりもそれぞれ3%割引で設定
  2. 電気と都市ガスのセット契約で、電気代は月額102円引き
  3. 新規申し込み者は、最初の1年間だけガス料金のスタート割5%が適用(ガス料金3%割引 → 初年度は8%割引
  4. 「エネチェンジ」経由で申し込むと、500円分のAmazonギフト券サービスあり
  5. ガス機器の修理サービスが最大50万円まで無料(購入10年以内のガス機器・自然故障のみ)
  6. 電気代1,000円毎にtepcoのポイント5P付与(0.5%還元・ただしガス代は付与対象外・電気代のみ)
こうた
こうた
うわぁ!たくさんメリットがあるんだね。
これってかなりお得ですよね!?
清水
清水
ちょっと待ってください!
東京電力のライバル?の「東京ガス」にも、電気と都市ガスのセットプランがありますからね。
どちらがお得なのか?東京ガスのセットプランのメリットも確認してみましょう↓↓↓

東京ガスの電気 セット契約の特徴

『東京ガスの電気』のメリット
  1. 電気の120kWh以降の従量料金単価は、東電EPのスタンダードS/Lより10~14%割安
  2. 電気と都市ガスをセットにすると毎月の電気代から275円割引(ずっとも1Sの場合は0.5%割引
  3. 東京ガス独自の多彩なキャンペーン&特典あり
  4. 水まわり、玄関鍵、窓ガラスなどの生活まわりのトラブル駆けつけサポート30分以内が無料(ずっとも1ファミリーセレクトのみ)
  5. 電気代1,000円毎にパッチョポイント15P付与(1.5%還元
  6. ガス代1,000円毎にパッチョポイント5P付与(0.5%還元
こうた
こうた
東京ガスも東京電力も、どっちも色々お得なんだね。
でもこれを見たら、どっちを選べば良いのか?
余計わからなくなっちゃったよ。。。
清水
清水
たしかにメリットが多過ぎるのも、ある意味では困りものですね(笑)
清水
清水
でも、東京電力と東京ガスのどちらがお得になるか?は、ご家庭のガスや電気の使用状況で変わってくるんですよ。

両社のセット契約がお得になるケース

東電EP(とくとくガスプラン) 東京ガス(ファミリーセレクト)
・電気の使用量が少ない方で
・どちらかといえば都市ガスの使用量が多い方向き
※ガス代は月6,000円以上、電気代は月7,000円以下になることが多い方に向いている
・都市ガスの使用量が少ない方で
・どちらかといえば電気の使用量の方が多い方向き
※ガス代は月6,000円以下、電気代は月7,000円以上になることが多い方に向いている
こうた
こうた
なるほどね。
ガスより電気の方をよく使うのか?、それとも電気よりガスの方を多く使っているか?
それによって、どちらを選んだ方がお得になるかは違うってことか。

東電や東京ガスより安いセットプランも続々と登場!

こうた
こうた
でも、電気もガスも7,000円以下には収まらない家庭はどうなるの?
僕の家のガス代はいつも1万円近くなるし、夏とか冬の電気なんかは2万円以上になることもあるんだけど。。
清水
清水
そういったご家庭は東京電力や東京ガスよりも、新電力会社のセットプランを選んだ方がもっとお得になりますよ。
都市ガスと電気をセットで利用できるのは、今や東京電力や東京ガスだけじゃないですからね。
清水
清水
たとえば有名なところでは「ニチガス」「ENEOS」がありますし、それと「Looopでんき」にも都市ガスと電気どちらも格安になるプランがあります。
ニチガス
ニチガスの電気と都市ガスセットプラン
ENEOS
ENEOSのの電気と都市ガスセットプラン
Looop
Looopでんきと都市ガスセットプラン
こうた
こうた
へ~!東京電力の他にも色んな会社があるんだね。
でも、もっとお得になるっていうけど、それぞれ具体的にどれくらいお得になるの??
清水
清水
この3社の場合も、具体的な節約額は各ご家庭の電気やガスの使用状況で違ってきます。
NPCプランでは各社の電気代を一括で比較シミュレーションできるので、それを利用してみるのもお勧めです。新電力各社の電気代を一括比較できる年間シミュレーション
5社の特徴を簡単にまとめた比較表もありますので、それを見ればどこが良いか?ひと目で分かりますよ↓↓↓

都市ガスと電気のセットで一番安いのはどこ?

ガス&電気セット契約の特徴【有名5社】

名称 ガス&電気セット契約の特徴
電気代の特徴 ガス代の特徴 その他
東電EP 5社の中で一番高い(ただし▲102円のセット割引あり) 東京ガスより一律3%安い(初年度のみ8%安) 独自ポイント付与あり(電気支払い額の0.5%)
東京ガス 東京電力より1.5%~9%程安い(▲275円または▲0.5%のセット割含む) 5社の中で一番高い 独自ポイント付与あり(電気支払い額の1.5%、ガス支払い額の0.5%)
Looop 東京電力より6%~13%程安い(▲2%のセット割含む) 東京ガスより0.5%~3%程安い(ただしガス使用量15㎥~250㎥の範囲に限る) ・電気のトラブル駆けつけサービス60分無料
・支払い方法はクレジットカード決済のみ
ENEOS 東京電力より0%~10%程安い 東京ガスより一律4%安い ・電気のトラブル24時間かけつけサービス無料
・ENEOSカード払いで2ヶ月目から月額100円割引
・Tポイント付与あり(支払額の0.5%)
ニチガス 東京電力より1%~12%程安い(セット割▲300円含む) 東京ガスより約5%安い 電気は200kWhまで定額料金制
(電気代が月6,000円以下の場合は割高になるケースあり)
清水
清水
ちなみに東京電力エナジーパートナーには、Amazonプライムもセットになった「とくとくガスAPプラン」もあります。
「とくとくガスAPプラン」がどれくらいお得なのか?(本当にお得になるのか?)については、別記事で詳しく解説しています↓↓↓

おすすめセット契約 BEST3

『Looopでんき+ガス』

Looopでんきと都市ガスセットプラン おすすめ条件
  • 40A以上の従量電灯やスタンダードSをご利用中の方で
  • 都市ガス料金は月2万円以下になることが多い方
特徴&メリット
  • 電気の割引率は5社の中で最も大きい
    (東電EP比 約6%~13%割安
  • ガス代は東京ガス比約0.5%~3%割安
  • 電気のトラブル駆けつけ無料サービスあり
  • 「エネチェンジ」を経由して申し込むと3,000円分のAmazonギフト券サービスあり
  • 期間限定の新規申し込みキャンペーンあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
清水
清水
Looopでんきの都市ガスセットについても、詳しく掘り下げた記事がありますので、あわせて参考にしてください↓↓↓

『ニチガスの都市ガス+電気』

ニチガスの電気と都市ガスセットプラン おすすめ条件
  • 電気は従量電灯BまたはスタンダードSを利用しており、月1万5千円以上になることが多い方で
  • 都市ガス料金は月1万円以上になることが多い方
特徴&メリット
  • 電気の使用量が多い家庭は割引率が大きい
    (東電EP比 最大13%割安
    ※ただし月の使用量が200kwh未満(電気代にして約6,500円以下)の場合は割高になります
  • ガス代は東京ガス比 約5%割安
  • 電気のトラブル駆けつけ無料サービスあり
  • ガス器具10年保証サービスあり
  • 期間限定の新規申し込みキャンペーンあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『ENEOSの都市ガス+電気』

ENEOSのの電気と都市ガスセットプラン おすすめ条件
  1. Looopとニチガスのどちらのおすすめ条件にも当てはまらない方
特徴&メリット
  • 電気の割引率は0%~最大10%割安(東電EP比)
  • ガス代は東京ガス比 一律4%割安
  • 電気のトラブル駆けつけ無料サービスあり
  • 支払額の0.5%分のTポイント付与あり
  • 「エネチェンジ」を経由して申し込むと最大6,500円分のAmazonギフト券サービスあり
  • 期間限定の新規申し込みキャンペーンあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
こうた
こうた
どの会社も東電や東京ガスより安いし、それぞれキャンペーン特典もあるんだね!
どこも駆けつけサービスがあるってところもポイント高いかも。
清水
清水
参考までに、私のおすすめセットプランはこちらになります↓↓↓
おすすめ条件 おすすめ
  • 月々の都市ガス料金は2万円以下が多い
  • 電気は40A以上の従量電灯BまたはスタンダードS
  • 『Looopでんき+ガス』
  • 月々の都市ガス料金は1~2万円以上が多い
  • 電気は従量電灯BまたはスタンダードSで、月々の電気代は1万5千円以上が多い
  • 『ニチガスの都市ガス+電気』
    清水
    清水
    そして上記のおすすめ条件に当てはまらない方や、電気代やガス代が毎月6,000~7,000円以下という方は「ENEOS」「東電EP」「東京ガス」の3社いずれかを選べば良いでしょう。
    その場合のお得レベルは、どこも大して変わりませんからね。
    清水
    清水
    ちなみに「ENEOS」は『エネチェンジ』という電力会社比較サイトを経由して申し込むと、今なら最大6,500円分のAmazonギフト券がもらえます!
    それに「東電EP」もエネチェンジ経由の申し込みで500円分のAmazonギフト券がもらえますし、初年度に限り都市ガスの割引率は3%→8%になります。
    ですから、初年度限定の特典を含めるなら東電EPの「とくとくガスプラン」や「ENEOS」を選ぶのも、私はアリだと思いますよ。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    ガスと電気まとめておトク!
    業界最安値に挑戦!Looop
    この記事の監修担当
    南部修一
    南部の画像
    特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
    小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
    太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
    株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
    ※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
    RELATED POST

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です