HTBエナジ-(HISでんき)

ぜんぶでんき東京とTEPCOのオール電化プランどっちがお得?

どっちが良い?

500社以上あるといわれる新電力会社の中でも、電力販売量ランキング12位の実績を誇る上位新電力『HTBエナジー』
(低圧・電灯部門 2020年4月実績)

そのHTBエナジーの「ぜんぶでんき東京」が7月20日に全面リニューアルし、よりお得なプラン内容に生まれ変わりました。

ぜんぶでんきと電化上手の比較イメージ
画像引用:HTBエナジー公式HPより

その結果、東京電力エナジーパートナーのオール電化住宅向けプランを利用している方は、今よりも電気代が安くなる可能性が大きくなっています。

しかも「電化上手」や「スマートライフS/L」といったオール電化プランだけでなく

「従量電灯B/C」や「スタンダードS/L」「夜トク8/12」などからも「ぜんぶでんき東京」に乗り換えることができます。

それぞれ今から詳しく解説します。

TEPCOの電化上手よりも安い!

これまでは旧オール電化プランよりも電気代が安くなる料金プランは、新電力はおろか大手電力会社にもありませんでした。

しかし、ついにHTBエナジーがこれまでの常識を打ち破り、東京電力の旧オール電化プランの「電化上手」よりも安い「ぜんぶでんき東京」をリリースしています。

HISでんき「ぜんぶでんき東京」のお知らせ一覧

「電化上手」からの乗り換えで電気代が安くなる新電力プランは、今のところHTBエナジーの「ぜんぶでんき東京」だけ!

東京電力管内で新たに利用できるオール電化住宅向けプランの中では、HTBエナジーの「ぜんぶでんき東京」が最も安い料金設定となっています。

電気料金単価の比較表①

TEPCO「電化上手」とHTBエナジー「ぜんぶでんき東京」の単価比較表
区分 東京電力EP
電化上手
HTBエナジー
ぜんぶでんき東京
基本料金/月 6kVA以下 1,320円
1kWにつき286円
※ブレーカー契約ではなくスマート契約になります
7~10kVAまで 2,200円
11kVA以上 2,200円+286円×(kVA数-10)
1kWhあたりの電力量単価 昼間時間
夏季 39.44円
その他季 32.32円
夏季 35.5円
(9.9%安)
その他季 29.09円
(10%安)
朝晩時間 26.49円 23.84円
(10%安)
夜間時間 12.48円 12.48円
通電制御型夜間蓄熱式機器割引 機器の総容量1kVAにつき154円割引 なし
全電化住宅割引 夏季の昼間時間以外の電気料金から5%割引
(割引上限額2,200円/月)
なし
※夜間時間は23時~翌7時(8時間)
※昼間時間(夏季)は7月1日から9月末日の10時~17時(7時間)
※昼間時間(その他季)は10月1日から翌年6月末日の10時~17時(7時間)
※朝晩時間は7時~10時と17時~23時(9時間)

昼間や朝晩の単価は電化上手より10%安い

上の比較表を見てもわかるように、ぜんぶでんき東京の夜間単価は電化上手と同額でエリア最安値です。(1kWhあたり12.48円)

そして昼間と朝晩(7時~23時)の電力量単価は電化上手よりも10%安くなっています。

さらに、電化上手がブレーカー契約(主開閉器契約)であることに対し、
ぜんぶでんき東京はスマート契約になるため、普段からの電気の使い方次第で基本料金が安くなる可能性もあります。

(スマート契約について詳しくはこのページの中頃で説明しています)

ただし蓄熱式機器割引や電化割引の適用はなし

TEPCOの電化上手には「通電制御型夜間蓄熱式機器割引」「全電化住宅割引」という2つのオプション割引がありますが、

しかし、ぜんぶでんき東京には電化上手のようなオプション割引はありません。

そのため電化上手で2つの割引が同時適用されている家庭は、ぜんぶでんき東京に切り替えると損になる恐れもあります。

清水
清水
でも、夜間蓄熱式機器割引だけなら「電化上手」よりも「ぜんぶでんき東京」の方がお得になる可能性は高いですよ。

いずれにしても電化上手はすでに新規受付は終了しているプランのため、一度でも別プランに変更すると2度と元には戻れません。(電化上手は2016年3月に新規申し込み受付終了)

電化上手からの乗り換えを検討する際には、必ず事前に電気料金のシミュレーションをお試しください。
(ページ下のコメント欄やLINEでも相談に応じています)

旧オール電化プランからも乗り換えできる

東京電力エナジーパートナーには「電化上手」の他にも
「おトクなナイト8」「おトクなナイト10」といったオール電化住宅向けプランや
小規模事業所向けの「ピークシフトプラン」などがあります。

どれも夜間単価が12円台と安価な設定ですが、すでに新規受付は終了しており、2016年3月までに契約していた方需要家だけが利用できる旧プランとなっています。

これまでは旧プランよりも夜間単価の安い新電力プランはなく、乗り換えると損になると言われていました。

「オール電化乗り換え」の検索結果の一例

しかし!
新しくリニューアルしたHTBエナジーの「ぜんぶでんき東京」は東京電力の旧プランよりもさらに安い料金プランになっています。

ここで「ぜんぶでんき東京」と東電の各旧プランの比較をすると、かなり長くなってしまうため、以下のページに分散してご紹介します。

そちらもあわせて参考にしてください。

スマートライフS/Lよりも安くなる可能性大!

2016年3月以降に電化住宅にお住まいの方は、TEPCOのスマートライフプランまたはスマートライフS/Lを契約されていることでしょう。

このスマートライフプランの夜間単価は、電化上手よりも42.4%も高額になるため、電気温水器を利用している住宅では冬場の電気代がとくに高くなりがちです。

それに対して、ぜんぶでんき東京の夜間単価はスマートライフSLよりも約30%安く設定されています。

こうた
こうた
ぜんぶでんき東京の夜の単価は、TEPCOのスマートライフプランよりも断然安いんだね!

夜間に多くの電気を多く使うご家庭では、スマートライフからぜんぶでんき東京に切り替えることで、かなりのコストダウンが期待できます。

電気料金単価の比較表②

TEPCO「スマートライフS/L」とHTBエナジー「ぜんぶでんき東京」の単価比較表
区分 東京電力EP
スマートライフS/L
HTBエナジー
ぜんぶでんき東京
基本料金/月
1kVAにつき286円
1kWにつき286円
※ブレーカー契約ではなくスマート契約になります
1kWhあたりの電力量単価 昼間時間 25.8円
夏季(7月~9月)35.5円
(37.6%高)
その他季 29.09円
(12.7%高)
朝晩時間 23.84円
(7.6%安)
夜間時間 17.78円 12.48円
(29.8%安)
通電制御型夜間蓄熱式機器割引 なし なし
全電化住宅割引 なし なし
※夜間時間は23時~翌7時(8時間)
※昼間時間(夏季)は7月1日から9月末日の10時~17時(7時間)
※昼間時間(その他季)は10月1日から翌年6月末日の10時~17時(7時間)
※朝晩時間は7時~10時と17時~23時(9時間)

ただし昼間時間(10時~17時)の単価は高い

「ぜんぶでんき東京」の昼間時間(10時~17時)の単価はスマートライフS/Lよりも12.7%高く設定されています。
(夏季7月~9月は37.6%高くなります)

そのため昼間時間にエアコンなどを常時使用する方は、昼夜の電力使用状況によっては乗り換えメリットが薄れてしまうことも考えられます。

テレワークなどで昼間の在宅が多い方は、必ず乗り換え前に電気料金のシミュレーションをしましょう。
(ページ下のコメント欄やLINEでも相談に応じています)

太陽光発電のある家庭はかなりお得に!

昼間の在宅が多い場合でも、太陽光発電で自家消費している家庭なら、ぜんぶでんき東京の方が圧倒的にお得です。

ぜんぶでんき東京の夜間単価はスマートライフプランと比べて約30%安くなっており、朝晩時間(7時~10時と17時~23時)の単価も7.6%安く設定されています。

さらにぜんぶでんき東京は「スマート契約」になるため、基本料金もブレーカー契約のスマートライフS/Lより安くなる可能性があります。

スマート契約って何?

こうた
こうた
スマート契約って何?
はじめて聞いたけど?

一般家庭での電気契約は、ブレーカーを用いて制御する”主開閉器契約(ブレーカー契約)が主になりますが、

近年はスマートメーターの普及により、一般家庭でも”実量制契約(=スマート契約)の料金プランを選べるようになっています。

スマート契約は電気の使い方で基本料金が安くなる

ブレーカー契約ではあらかじめ設定した契約容量(KVAやkW数)によって基本料金が固定されることに対して、

スマート契約では30分毎に使用した電力量によって契約容量(kW数)と基本料金が変動します。

そのためスマート契約では、あまり多くの電気を同時に(30分の間に)使わないように気をつけることで、基本料金を安く抑えることができます。

少しややこしい話ですが、

ブレーカー契約での契約容量は「A(アンペア)」や「KVA(キロボルトアンペア)」という単位になることに対し、
スマート契約では「kW(キロワット)」という単位が用いられています。

AとKVAは「10Aは1kVA、50Aは5kVA」というように互いに比例していますが、スマート契約における「kW」はAやKVAとは比例していません。

つまり「1kW=10A」や「1kW=1kVA」ではないということです。

ブレーカー契約とスマート契約の契約容量の違いは、以下の対照表を参考にしてください。↓↓↓

スマート契約におけるkW数に対応するA数の一覧表
【A → KVA・kW換算ツール】も参考にどうぞ(他サイトに移行します)

オール電化住宅でなくても利用できる!

東京電力EPのスマートライフプランや電化上手などのオール電化住宅向けプランは、電気温水器やエコキュートが設置されている住宅でなければ利用できません。

しかしHTBエナジーのぜんぶでんき東京にはそういった条件がありません。

どなたでも夜間単価が圧倒的に安いプランを利用することができます。

(※)従量電灯Bやエコキュートのない家庭でも乗り換えできることは、HTBエナジーの公式サポートで確認しています↓↓↓
HTBエナジーのチャットサポート画面1 HTBエナジーのチャットサポート画面2
清水
清水
HTBエナジーのチャットサポートは誰でも利用できるサービスです。
わからないことや疑問があれば気軽に質問してみましょう。

夜トクプランからの乗り換えもオススメ

TEPCOの「夜トク8」や「夜トク12」を利用している方も「ぜんぶでんき東京」に乗り換えると電気代が安くなる可能性大です。

夜トク8/12の夜間単価は、じつはそれほど安くはありません。
(夜トク8の夜間単価は21.16円、夜トク12は22.97円、ぜんぶでんき東京は12.48円!)

その他の時間帯の従量単価も、夏季7月~9月の昼間時間をのぞけば、ぜんぶでんき東京の方が圧倒的に安くなっています。

電気料金単価の比較表③

TEPCO「夜トク8/12」とHTBエナジー「ぜんぶでんき東京」の単価比較表
区分 TEPCO
夜トク8
TEPCO
夜トク12
HTBエナジー
ぜんぶでんき東京
1KWあたりの基本料金/月 214.5円
(スマート契約)
286円
(スマート契約)
(33.3%高)
1kWhあたりの電力量単価 昼間時間 32.74円 34.39円 夏季(7月~9月)
35.5円
(3.2%~8.4%高)
その他季
29.09円
(11.1%~15.4%安)
朝晩時間 23.84円
(27.1%~30.6%安)
夜間時間 21.16円 22.97円 12.48円
(41%~45.6%安)
【昼間時間】10時~17時
【朝晩時間】7時~10時と17時~23時
【夜間時間】23時~翌7時
(※)夜トク12の昼間時間と朝晩時間は9時~21時、夜間時間は21時~翌9時

基本料金は夜トクプランよりも33%高くなりますが、夜トク8/12はもともと単身世帯や共働き世帯向けのプランであることから、

ぜんぶでんき東京に乗り換えても、実際の基本料金はそれほど大きくは変わらないでしょう。(基本料金の差額は140円~300円程度になると思われます)

こうた
こうた
つまり、ぜんぶでんき東京は1人暮らしや共働き世帯にもオススメってことだね!

誰にでもお得なHTBエナジーの格安プラン

TEPCOの旧オール電化向けプランの他に、23時から翌7時までの夜間単価が12.48円/kWhという格安プランはHTBエナジーの「ぜんぶでんき東京」しかありません。

夜間単価がここまで安いプランを誰でも利用できるのは今のところHTBエナジーだけ!

東京電力EP以外の新電力プランを利用している方も、夜間に電気を使うことが多い方は電気代が大幅に安くなる可能性があります。

こうた
こうた
まさか夜間の単価が12円台の格安プランを利用できるようになるとは思ってなかったよ!

ちなみに「ぜんぶでんき東京」の申し込み公式サイトは、HTBエナジーとHISでんきの2種類があります。

ページの見た目は異なりますが、どちらから申し込んでも手順や結果は同じなので、お好きな方をお選びください。(どちらもHTBエナジーが管轄しています)

(※)どちらかといえばウルトラマンの方がサイトが早くてスムーズに進みます
HISでんき公式LP
HTBエナジー公式LP
HTBエナジー
清水
清水
電気料金のシミュレーションのやり方がよくわからない方は、当サイトのLINE無料相談サービスをご利用ください。
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
このページのコメント欄でも質問に応じていますので、お気軽にどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です