Looop(ループ電気)

Looopでんきの都市ガスセット契約は本当にお得?【東電EPや東京ガスとの比較結果】

Looopでんき+ガス
こうた
こうた
先月からLooop(ループ)でも都市ガスと電気のセット契約を始めたみたいですね。
Looopのホームページには”業界最安値に挑戦‼”とか書いてあるけど、本当に安いのかな??
清水
清水
業界最安値になるかどうかはともかく、都市ガスの月間使用量が15㎥~250㎥(東京ガスの料金で月あたり3,000円から3万円くらい)まで、そして東京電力エナジーパートナー(以下、東電EPに略)の従量電灯BやスタンダードSを30~60アンペアで契約している家庭なら、確実にお得になりますよ。
清水
清水
Looopの電気の都市ガスのセット契約で安くなるケースと、そうならないケースを表にまとめてみましたので、参考にしてください↓↓↓

Looopでんき+ガスのおすすめレベル

ガス使用量 電気契約
かなりお得♪
月間使用量20㎥~100㎥
(東京ガスの料金で約3,500円~15,000円の家庭)
東電EPのスタンダードSまたは従量電灯B(50A~60A)
お得!
月間使用量100㎥~200㎥
(東京ガスの料金で約15,000円~27,000円の家庭)
東電EPのスタンダードSまたは従量電灯B(40A~60A)
少しお得
月間使用量200㎥~250㎥
(東京ガスの料金で約27,000円~33,000円の家庭)
東電EPのスタンダードSまたは従量電灯B(30A~40A)
損×
月間使用量250㎥以上または15㎥未満
(東京ガスの料金で33,000円以上または3,000円未満の家庭)
東電EPの電化上手、おトクなナイト8・10、深夜電力、ピークシフトプラン、朝得プラン、夜得プラン、半日お得プラン、土日お得プランなど
東電EPのスタンダードSまたは従量電灯B(20A以下)
こうた
こうた
なるほど。
都市ガスの使用量と電気の契約容量で、お得レベルが変わるってことか。
こうた
こうた
ん??
でも、ガスをたくさん使っているところは、お得になるどころか、損してしまうってこと?

月々の都市ガス料金が3万円を超える家庭には向いていない

清水
清水
そうなんですよ。
月々のガス代が3万円を超えることが多かったり、2016年4月以前からのオール電化プランや季節別時間帯別プランを利用しているご家庭の場合は、Looopでんきのセット契約で、逆に損をする場合があります。
清水
清水
Looopの電気や都市ガスは、基本料金や従量単価が一律価格でシンプル&分かりやすい!・・・ってところが一番の特徴なんですけどね。
ただ、シンプルな料金設定だからこそ、お得になる家庭と、お得にはならない家庭にハッキリ別れてしまうんです。
こうた
こうた
じゃあ、電気はオール電化プランなんだけど、都市ガスは毎月3,500円~15,000円くらいになるっていう家庭の場合はどうなるの?
それだと電気は損になるけど、都市ガスはお得になるから、ガスだけLooopに変えればイイってこと??
清水
清水
いえ、Looopでんきは都市ガス単体での契約は受け付けていないんですよね。。。

都市ガスだけならニチガスかENEOSがおすすめ

清水
清水
都市ガスだけを他社に変えたい場合には、東電EPやニチガス、ENEOSあたりを検討すると良いですよ。
それぞれ東京ガスの一般契約料金よりも3%~5%ほど安く設定されていますし、都市ガス単体でもお得に乗り換えることができます。⇒ 各社の料金単価比較表はこちら
【PR】ガスと電気まとめて簡単おトク!
【PR】まとめてもまとめなくてもお得!
こうた
こうた
そうなんだ。
でも、あんまり色々あってもややこしいし、できればセット契約でスッキリさせたいんだよね。
電気とガスをセットにするなら、結局どこを選べば一番安くてお得になるのかな??

都市ガスと電気のセットで一番お得なのはどこ?

清水
清水
どこが一番お得になるかは、各ご家庭の電気やガスの使用状況で違ってきます。
関東エリアで有名なのは「東京ガス」「東電EP」ですが、「Looopでんき」「ENEOS」そして「ニチガス」にも、電気と都市ガスのお得なセット契約がありますので、それぞれの特徴を比較できるように一覧表にしてみますね。

有名5社の都市ガス&電気の特徴

名称 ガス&電気セット契約の特徴
電気代の特徴 ガス代の特徴 その他
東電EP 5社の中で一番高い(ただし▲102円のセット割引あり) 東京ガスより一律3%安い(初年度のみ8%安) 独自ポイント付与あり(電気支払い額の0.5%)
東京ガス 東京電力より1.5%~9%程安い(▲275円または▲0.5%のセット割含む) 5社の中で一番高い 独自ポイント付与あり(電気支払い額の1.5%、ガス支払い額の0.5%)
Looop 東京電力より6%~13%程安い(▲2%のセット割含む) 東京ガスより0.5%~3%程安い(ただしガス使用量15㎥~250㎥の範囲に限る) ・電気のトラブル24時間かけつけサービス無料
・支払い方法はクレジットカード決済のみ
ENEOS 東京電力より0%~10%程安い 東京ガスより一律4%安い ・電気のトラブル24時間かけつけサービス無料
・ENEOSカード払いで2ヶ月目から月額100円割引
・Tポイント付与あり(支払額の0.5%)
ニチガス 東京電力より1%~12%程安い(セット割▲300円含む) 東京ガスより約5%安い 電気は200kWhまで定額料金制(電気代が月6,000円以下の場合は割高になるケースあり)
こうた
こうた
う~ん、わかりやすくまとめてあるんだろうけど、、、
どこが一番お得なのか、ちょっとよくわからないなあ。。。
清水
清水
わかりました。
それじゃあ、上の一覧表をふまえた上で、もっとわかりやすく案内するとこうなります↓↓↓

【条件別】おすすめセット契約

条件 おすすめ
  • 月々の都市ガス料金は2万円以下が多い
  • 電気は40A以上の従量電灯BまたはスタンダードS/L
  • 『Looopでんき+ガス』
  • 月々の都市ガス料金は1~2万円以上が多い
  • 電気は従量電灯BまたはスタンダードSで、月々の電気代は1万5千円以上が多い
  • 『ニチガスの都市ガス+電気』
  • 上記以外のケース
  • 『ENEOSの都市ガス+電気』
    こうた
    こうた
    なるほど!これならわかりやすいね!
    清水
    清水
    それと、もっと慎重に検討したいという方のために、東京ガス・東電EP・ENEOS・ニチガス・Looopの「料金単価比較表」も用意しましたので、あわせて参考にしてください。

    都市ガスの料金単価比較表(東京ガス・東電EP・ENEOS・ニチガス・Looop)

    基本料金

    ガス使用量 基本料金
    東京ガス 東電EP ENEOS ニチガス Looop
    0~20㎥ 759円 736.23円
    (東京ガス比3%安
    728.64円
    (東京ガス比4%安
    795.3円
    (東京ガス比4.7%高
    (ただし5㎥までは1,485円の定額料金制)
    1,000円
    (東京ガス比31.7%高
    20~80㎥ 1,056円 1024.32円
    (東京ガス比3%安
    1,013.76円
    (東京ガス比4%安
    1,077.57円
    (東京ガス比2%高
    1,000円
    (東京ガス比5.3%安
    80~200㎥ 1,232円 1,195.04円
    (東京ガス比3%安
    1,182.72円
    (東京ガス比4%安
    1,244.77円
    (東京ガス比1%高
    1,000円
    (東京ガス比18.8%安
    200~500㎥ 1,892円 1,835.24円
    (東京ガス比3%安
    1,816.32円
    (東京ガス比4%安
    1,871.77円
    (東京ガス比1%安
    1,000円
    (東京ガス比47.1%安
    500~800㎥ 6,292円 6,103.24円
    (東京ガス比3%安
    6,040.32円
    (東京ガス比4%安
    6,051.77円
    (東京ガス比3.8%安
    1,000円
    (東京ガス比84.1%安
    800㎥~ 12,452円 12,078.44円
    (東京ガス比3%安
    11,953.92円
    (東京ガス比4%安
    11,903.77円
    (東京ガス比4.4%安
    1,000円
    (東京ガス比92%安

    従量料金単価

    ガス使用量 基準単位料金
    東京ガス 東京電力 ENEOS ニチガス Looop
    0~20㎥ 145.31円 140.94円
    (東京ガス比3%安
    139.49円
    (東京ガス比4%安
    138.05円
    (東京ガス比5%安
    128円
    (東京ガス比11.9%安
    20~80㎥ 130.46円 126.54円
    (東京ガス比3%安
    125.23円
    (東京ガス比4%安
    123.93円
    (東京ガス比5%安
    128円
    (東京ガス比1.8%安
    80~200㎥ 128.26円 124.4円
    (東京ガス比3%安
    123.12円
    (東京ガス比4%安
    121.83円
    (東京ガス比5%安
    128円
    (東京ガス比0.2%安
    200~500㎥ 124.96円 121.2円
    (東京ガス比3%安
    119.95円
    (東京ガス比4%安
    118.71円
    (東京ガス比5%安
    128円
    (東京ガス比2.4%高
    500~800㎥ 116.16円 112.67円
    (東京ガス比3%安
    111.5円
    (東京ガス比4%安
    110.35円
    (東京ガス比5%安
    128円
    (東京ガス比10.2%高
    800㎥~ 108.46円 105.2円
    (東京ガス比3%安
    104.11円
    (東京ガス比4%安
    103.03円
    (東京ガス比5%安
    128円
    (東京ガス比18%高

    上記の各社の都市ガス料金単価は、東京ガス株式会社の「東京地区等」に位置づけられる区域(日立市を除く)のものです。

    基準単位料金には毎月ごとに異なる原料費調整額が加算されます。(調整額単価は5社すべて同額です)

    電気の料金単価比較表(東京ガス・東電EP・ENEOS・ニチガス・Looop)

    基本料金

    基本料金
    契約アンペア 東京ガス 東電EP ENEOS ニチガス Looop
    20A 572円 572円 572円 572円 0円
    30A 858円 858円 858円 858円 0円
    40A 1,144円 1,144円 1,144円 1,144円 0円
    50A 1,430円 1,430円 1,430円 1,430円 0円
    60A 1,716円 1,716円 1,716円 1,716円 0円

    従量料金単価

    1kWhあたりの電力量単価
    東京ガス
    (ずっとも1s)
    東京ガス
    (ずっとも1)
    東電EP
    (スタンダードS)
    ENEOS(Vプラン) ニチガス Looop
    (おうちでんき+ガス)
    19.85円
    (120kWhまで)
    23.67円
    (140kWhまで)
    19.88円
    (120kWhまで)
    19.88円
    (120kWhまで)
    4,685円
    (200kWhまで定額料金)
    一律26円
    (電気のみの場合は26.4円)
    25.35円
    (120~300kWhまで)
    23.88円
    (140~350kWhまで)
    26.46円
    (120~300kWhまで)
    24.54円
    (120~300kWhまで)
    23.93円
    (200~350kWhまで)
    27.48円
    (300kWh~)
    26.41円
    (350kWh~)
    30.57円
    (300kWh~)
    26.22円
    (300kWh~)
    25.97円
    (350kWh~)
    セット割の内容
    基本料金と従量料金から0.5%割引 月額275円引き 月額102円引き なし 月額300円引き 従量単価2%割引

    上記の各社の電気料金単価は、東京電力エリア(東京23区・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・静岡県の富士川以東)のものです。

    従量料金単価とは別に毎月ごとに異なる燃料費調整額単価再エネ賦課金が加算されます。(5社すべて同額です)

    当サイトでは各社の実際の電気料金を一括で比較できますので、ぜひ参考にしてください。
    ≫東京電力エリア73社の電気料金比較シミュレーションはこちらから

    都市ガスと電気のおすすめセット契約~まとめ~

    清水
    清水
    最後にもう一度、お得な都市ガスと電気のセット契約をおさらいすると・・・↓↓↓
    条件 おすすめ
  • 月々の都市ガス料金は2万円以下が多い
  • 電気は40A以上の従量電灯BまたはスタンダードS/L
  • 『Looopでんき+ガス』
  • 月々の都市ガス料金は1~2万円以上が多い
  • 電気は従量電灯BまたはスタンダードSで、月々の電気代は1万5千円以上が多い
  • 『ニチガスの都市ガス+電気』
    清水
    清水
    上の条件に当てはまらない場合は「東電EP」もしくは「ENEOS」のセットを検討してください。
    その場合の支払い総額やお得レベルは、どちらもそれほど大きくは変わりません。
    ちなみに「ENEOS」は『エネチェンジ』という電力会社比較サイトを経由して申し込むと、今なら最大6,500円分のAmazonギフト券がもらえます!
    こうた
    こうた
    ・・・つまり、電気は30A以下の従量電灯で、都市ガスの月額料金は1万円以下という人や、都市ガスの料金は1~2万円以上だけど、月々の電気代は1万5千円を超えることがない家庭の場合は「ENEOS」がオススメってこと?
    清水
    清水
    そういうことです♪
    それに「東電EP」もエネチェンジ経由の申し込みで500円分のAmazonギフト券がもらえますし、初年度に限り都市ガスの割引率が3%→8%になります。
    ですから、初年度限定の特典を含めるなら「東電EP」や「ENEOS」を選ぶのも、私はアリだと思いますよ。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    【PR】ガスと電気まとめておトク!
    【PR】業界最安値に挑戦!Looop

    お得なセット契約はこちら↓↓↓

    条件 おすすめ
  • 月々の都市ガス料金は2万円以下が多い
  • 電気は40A以上の従量電灯BまたはスタンダードS/L
  • 『Looopでんき+ガス』
  • 月々の都市ガス料金は1~2万円以上が多い
  • 電気は従量電灯BまたはスタンダードSで、月々の電気代は1万5千円以上が多い
  • 『ニチガスの都市ガス+電気』
    この記事の監修担当
    南部修一
    南部の画像
    特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
    小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
    太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
    株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
    ※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
    RELATED POST

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です