ポイントサービス

キャッシュレス・ポイント還元対象の新電力 一覧

スマホを持つ女性・キャッシュレス還元のイメージ画像

新電力会社のキャッシュレス・ポイント還元について

清水
清水

いよいよ消費税10%になりましたね。

こうた
こうた

ホントだねー 僕みたいな安月給には勘弁してほしい話だよ。トホホ。。。

清水
清水
でも、知ってます?
国は増税と同時に、予算規模2,800億円の「キャッシュレス・消費者還元事業」という経済支援を行うそうですよ!
こうた
こうた
へー!そうなんだ!2800億円ってすごいね!
でも「キャッシュレス・消費者還元事業」って何?
せっかくだし分かりやすく教えてよ!

キャッシュレス・消費者還元事業とは?

キャッシュレス・消費者還元事業とは、簡単に説明すると、中小事業者・店舗での代金支払いの際に、現金ではなくクレジットカードやデビットカード、プリペイドカード、スマホ決済、電子マネーを利用すると、国から2%~5%分のポイント還元を受け取ることができるようになる、政府主導の経済支援事業です。
なお、この経済支援には期限が設けられており、2019年10月1日から2020年6月末まで、9ヶ月間の限定事業となっています。

ポイント還元は誰でも受けることができる??

清水
清水
ポイント還元は誰でも受け取ることができますが、ちょっとした条件があります。
私たち一般消費者が、ポイント還元(2~5%)を受けるためには
『還元事業に参加している中小事業者・店舗において、現金ではなくキャッシュレスで支払いをすること』
これがポイント還元の適用条件です。
中小企業・店舗ならどこでもポイント還元が受けられるというわけではなくキャッシュレス消費者還元事業に参加申請していない企業や、キャッシュレス決済事業者と契約していない店舗では、私たちがそこで買い物などをしてもポイント還元を受けることはできません。
また、経済産業省の経済支援は中小事業者が対象であり、大企業はこの還元事業への参加申請はできません。

新電力会社もポイント還元事業の対象に!

東京電力や関西電力などの大手電力会社は、大企業なのでポイント還元事業の対象にはなりませんが、新電力会社の多くは中小企業に該当します。
そのため、各新電力会社が経済産業省に対して、ポイント還元事業の参加申請さえしていれば、私たちも電気料代の支払いをクレジットカード決済にするだけで、5%のポイント還元を受けることができます。
ポイント還元は消費税込みの価格に適用され、例えば電気代が11,000円なら、クレジットカード払いにすることで550円分のポイントが還元されます。
(口座振替ではポイント還元は受けられませんのでご注意ください)
こうた
こうた
消費税が10%じゃなくて5%になったのと同じようなものですね!
そしたら5%還元対象になる新電力会社には、どういうところがあるの?
残念ながらキャッシュレス・消費者還元事業に参加している新電力は、現時点ではほとんどありません。。。
ですが、経済産業省は2020年4月末までは加盟店の登録申請を受け付けています。
今後、ポイント還元事業に参加する新電力会社が増えていくことを期待しましょう。

ポイント還元事業対象の新電力会社

現時点で5%ポイント還元を受けることができる新電力会社は以下の通りです。
申し込み対象エリア
九州電力エリア イメージ画像 空白 空白 空白 空白 空白 空白 空白 空白 空白
申し込み対象エリア
東京電力エリア イメージ画像 九州電力エリア イメージ画像 空白 空白 空白 空白 空白 空白 空白 空白
申し込み対象エリア
東京電力エリア イメージ画像 空白 空白 空白 空白 空白 空白 空白 空白 空白
申し込み対象エリア
東京電力エリア イメージ画像 関西電力エリア イメージ画像 中部電力エリア イメージ画像 東北電力エリア イメージ画像 九州電力エリア イメージ画像 中国電力エリア イメージ画像 四国電力エリア イメージ画像 空白 空白 空白
申し込み対象エリア
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・山梨・静岡県の富士川以東)
申し込み対象エリア
北海道・東北・北陸・中部・関東・関西・中国・四国・九州
申し込み対象エリア
北海道・東北・中部・関東・関西
申し込み対象エリア
東北・北陸・中部・関東・関西・中国・四国・九州
申し込み対象エリア
北海道・東北・北陸・中部・関東・関西・中国・四国・九州
申し込み対象エリア
中部(愛知・三重・岐阜・長野・静岡県中西部)
申し込み対象エリア
東北(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・新潟)
申し込み対象エリア
北海道・東北・北陸・中部・関東・関西・中国・四国・九州

ポイント還元はダブル・トリプルも当たり前!!

キャッシュレス決済額に対してもらえるポイントは政府の還元事業だけでなく、新電力会社独自のポイント還元があったり、キャッシュレス決済事業者(PayPayやLINE Pay、楽天ペイなど)のポイント還元やキャンペーンなどもありますので、トータルすれば決済金額の10%以上の還元を受け取ることも可能です。
還元事業が終了する2020年6月まで、各種ポイントを制する者が金運を支配するといっても過言ではありません。
これを機に、ぜひ今からポイント還元を意識した生活を、心がけてみてはいかがでしょうか。
地域別おすすめ電力会社の一覧表(電気料金の安い順)
各地域別おすすめ新電力会社
新電力キャンペーン30社一覧
新電力キャンペーン30社 一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です