熊本電力

熊本電力の低圧電力の特徴とデメリットについて

熊本電力の低圧電力

はじめに

2020年4月より、ついに全国展開を開始した熊本電力。

熊本電力で利用できる電気契約メニューには以下の3種類があります。

  1. おうち電気B
  2. しごと電気C
  3. 低圧電力

このページでは熊本電力の「低圧電力」の特徴について詳しく解説しています。

低圧電力とは?

電圧は「低圧」「高圧」「特別高圧」の3つに区分けされています。

3つのうち「低圧」で使用される電化製品には

照明や一般家電など単相100Vまたは200Vで使用する電気機器”と、
業務用冷蔵庫や大型エアコンなどの三相200Vで使用する電動機”があり、

『低圧電力』は契約電力50kw未満で三相200ボルトの電動機を使用する際の電気契約メニューになります。

一般家庭や個人でも利用できる?

一般住宅では対地電圧を150V以下に抑えなければならないので、一般家庭で利用する電気機器は、どれも三相200Vには対応していません。

そのため一般家庭では「低圧電力」を契約する必要性や意味はありません。

それは熊本電力に限らず、どの電力会社でも同じです。

低圧電力はどんな所で利用されている?

低圧電力を契約・利用している事業所には、以下のような例が挙げられます。

  • 業務用冷凍・冷蔵庫を使用する飲食店・小売店など
  • 業務用エアコンを使用している事業所・マンション共用部など
  • モーターやポンプを使用する工場など

電力会社の請求書や検針票の「契約種別」の欄に、以下に案内するプラン名が記載されていれば、熊本電力の低圧電力に変更できます。

熊本電力「低圧電力」乗り換え対象プラン一覧

※各地域電力名をタップすると表示が切り替わります
北海道電力東北電力北陸電力中部電力ミライズ東京電力エナジーパートナー関西電力中国電力四国電力九州電力
  • 低圧電力
  • エネとく動力プラン
  • 低圧電力
  • よりそうB季時別電力
  • 低圧電力
  • 低圧電力II
  • 低圧季節別時間帯別電力
  • 低圧電力ネクスト
  • 低圧電力
  • ビジとくプラン
  • 低圧電力
  • 動力プラン
  • 低圧電力
  • 低圧電力
  • 低圧電力
  • 低圧電力
  • 低圧季時別電力プラン
清水
清水
各地域電力の低圧電力から熊本電力の低圧電力に乗り換えると、毎月の電気代の削減が期待できますよ♪

熊本電力の低圧電力の特徴

熊本電力の低圧電力のプラン内容や料金単価は、各エリアごとに異なります。

各エリアごとの特徴を以下に簡単にまとめてみます。

電力エリア 基本料金の特徴 従量単価の特徴
北海道・東北 各地域電力の低圧電力よりも約45%割安
・年間を通じて一律単価
・各地域電力の単価と比べて27.3%~51.7%高い
北陸・中部・関西・中国・四国 各地域電力の低圧電力よりも20%割安
・夏季(7.8.9月)のその他季で単価が変わる
・各地域電力の低圧電力の単価と同額
東京 東京電力の低圧電力よりも5%割安
・夏季(7.8.9月)のその他季で単価が変わる
・東京電力の低圧電力の単価とほぼ同じ
九州 九州電力の低圧電力よりも24.5%割安
・夏季(7.8.9月)のその他季で単価が変わる
・九州電力の低圧電力よりもわずかに高い(0.4~0.5円/kWh)

熊本電力「低圧電力」料金単価表 ~全国版~

地域(電力エリア) 基本料金 1kWhあたりの従量単価
北海道 1KWあたり700円 22.5円
東北 1KWあたり700円 22円
北陸 1KWあたり932.8円 夏季(7.8.9月)12.16円
その他季11.1円
中部 1KWあたり915.2円 夏季(7.8.9月)17.04円
その他季15.49円
東京(関東) 1KWあたり1065.9円 夏季(7.8.9月)17.38円
その他季15.8円
関西 1KWあたり862.4円 夏季(7.8.9月)14.62円
その他季13.13円
中国 1KWあたり888.8円 夏季(7.8.9月)15.04円
その他季13.75円
四国 1KWあたり893.2円 夏季(7.8.9月)15.8円
その他季14.36円
九州 1KWあたり763.89円 夏季(7.8.9月)17.16円
その他季15.48円

注意点

電気をまったく使わなかった月の基本料金は、一般的には「半額」になりますが、熊本電力の基本料金は半額にはなりません。

マンション共用部などでエアコン使用のために低圧電力を契約している需要家などは、春秋などのエアコンを使用しない月はブレーカーを切っておくことで、基本料金を半額に抑えることができます。

しかし熊本電力では、低圧電力と電灯どちらの電気契約も、基本料金の半額割の設定はないのでご注意ください。

熊本電力のデメリット

飲食店や商店、事業所などの法人契約の場合は、契約期間の満了日以外に自己都合で解約すると、満了日までの電気代相当額が違約金として発生します。

また、熊本電力は非常に少ない社員数で運営しており、カスタマーサポートなどもありません。

筆者も実際に経験したことですが、お問い合わせフォームから質問をしても返事が来ないなど、顧客サービス体制に大きな不安があります。

北海道電力エリアの注意点

北海道電力エリアでは、月間の電力使用量(kWh数)が、契約容量(KW数)× 90の数値を超えてくると、熊本電力の優位性が無くなります。

一例として8KW契約の場合、月間の電力使用量720kWhまでは熊本電力の電気代がお得ですが、それ以上使用量が増えてくると他社の方が安くなります。

東北電力エリアの注意点

東北電力エリアでは、月間の電力使用量(kWh数)が、契約容量(KW数)× 60の数値を超えてくると、熊本電力の優位性が無くなります。

一例として10KW契約の場合、月間の電力使用量600kWhまでは熊本電力の電気代がお得ですが、それ以上使用量が増えてくると他社の方が安くなります。

北陸・中部・関西・中国・四国・九州

北陸・中部・関西・中国・四国・九州6つの電力エリアでは、熊本電力の低圧電力に乗り換えることで、ほぼ最安値水準の電気代を実現できます。

電力使用量にかかわらず、いつでも安くなるので特に注意点はありません。

東京電力エリアの注意点

東京電力エリアでは、熊本電力の低圧電力にはそれほど大きなメリットはありません。

エルピオでんきやサーラeエナジー、東京ガスなどの低圧電力向けプランの方がお得になります。

具体的にどこを選んだ方がよりお得になるか?は

各社の電気代一括比較シミュレーションの方でご確認ください。

低圧電力・一括比較シミュレーション

比較方法を選んで下さい

各社の低圧電力を30秒で簡単比較

① お住まいの電力エリア
② 何KW契約ですか?
力率は85%と仮定して基本料金を算出します
③ 何月のデータを入力しますか?
④ 月間の電力使用量(kWh)は?
(例:500)
イメージ画像

低圧電力の年間電気代を一括比較

① お住まいの電力エリア
② 何KW契約ですか?
力率は85%と仮定して基本料金を算出します
③ 毎月の電力使用量(kWh)
すべて入力しなくても計算できます
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
イメージ画像
シミュレーション注意事項
NPCプラン電気料金一括比較シミュレーションは、各電力会社様が公開されている特定時点の情報と、ご入力いただいた電力使用量(kWhまたは円)や条件から、当サイトが設定した計算式によって各社の電気料金を算出し、その比較結果を表示する無料のwebサービスです。(電気料金の計算方法の詳細はこちら)
各社の電気料金の算出結果につきましては、燃料費調整額や再エネ発電賦課金等の単価および消費税を正確に加算した上で表示しています。
ただし各電力会社様の割引サービス等(口座振替割引など)は計算には含めておらず、本サービスは利用者様の実際の電気料金の節約額や支払額等をお約束するものではありません。
各電力会社様の料金プランやサービス等に関するご質問は、各社様に直接お問い合わせいただくか、または各公式WEBサイトにてご確認ください。
監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です