おすすめ電力会社

オール電化住宅向け新電力おすすめプラン【8選】

オール電化住宅おすすめ

このページでは電力自由化で新しく登場した新電力会社のオール電化住宅向けおすすめプランを特集しています。

各社のオール電化プランの特徴や大手電力会社との料金単価比較表、お得な特典情報などをわかりやすくまとめていますので、乗り換え前の参考にしてください。

こうた
電化住宅向けプランの一覧表や、地域別おすすめランキング情報は以下のページを参考にしてね↓↓↓
オール電化向けの新電力会社 一覧
オール電化向けの新電力会社 一覧
オール電化プランおすすめランキング全国版
オール電化プランおすすめランキング

電力自由化でオール電化プランも選べる時代に

今のところ大手電力会社のオール電化住宅向けプランからの切り替えに対応している新電力会社の数はまだ少ないものの、

2016年4月の電力自由化の後に、新築や引っ越しなどで各地域電力会社の電化住宅向け料金メニューを契約している方は、より安価なオール電化プランを選べるようにもなっています。

清水
家計の節約のコツは一度の見直しで節約効果が続く固定費の削減から!
新電力会社と料金メニューをきちんと選びさえすれば、月々の電気代を確実に節約できますよ♪

旧オール電化プランの見直しは要注意!

ただし、2016年4月以前から深夜電力や季節別・時間帯別電灯などの電化住宅向けの電気料金メニューを利用している方は、電力会社や契約プランの見直しはほとんど必要ありません。

電力自由化前の旧オール電化プランは、現時点で最安の電気契約になります。

旧オール電化プランから新電力に乗り換えると、電気代は前より高くなる恐れもありますのでご注意ください。

(※)HISでんきの「ぜんぶでんきシリーズ」と熊本電力の「オール電化A・B」については例外です。
これらは旧オール電化プランよりもお得になる可能性があります

「旧オール電化プラン」は以下に案内する電気料金メニューが該当します。

  • 東京電力EP株式会社
    電化上手・おとくなナイト8/10・ピークシフトプランなど
  • 関西電力株式会社
    はぴeタイム(はぴeプラン)・時間帯別電灯・季時別電灯PSなど
  • 中部電力ミライズ株式会社
    Eライフプラン・タイムプラン・ピークシフト電灯など
  • 東北電力株式会社
    時間帯別電灯A・B・Cなど
  • 九州電力株式会社
    季時別電灯・時間帯別電灯・ピークシフト電灯など
  • 北海道電力株式会社
    時間帯別電灯(ドリーム8)・3時間帯別電灯(eタイム3)など
  • 中国電力株式会社
    時間帯別電灯(エコノミーナイト)・ファミリータイムⅠ・Ⅱなど
  • 四国電力株式会社
    季節別時間帯別電灯・時間帯別電灯・スマートeプランなど
  • 北陸電力株式会社
    エルフナイト(8・10・10プラス)・エルフプランS・Vなど

上記の旧オール電化プランは電力自由化以降、どれも新規受付は終了しています。

現在契約中の方は他社プランに乗り換えると、2度と元に戻ることはできませんのでご注意ください。

イメージ画像

九電「電化でナイト」の乗り換えにおすすめ

イデックスでんき(夜トクプラン)
イデックスでんき
イデックスでんきは(株)新出光が運営する九州エリア限定の新電力サービスです。
オール電化向けの『夜トクプラン』は、九州電力の「電化でナイト・セレクト」と比べて、基本料金と電力量単価どれもすべて3%安く設定されています。
イデックスでんきには各種割引やポイント&アフターサービスも充実しており、九電からの乗り換えで損になるようなことは何一つありません。
おすすめレベル豊富な割引特典に注目(備考を参照)
電気代の支払い方法口座振替、クレジットカード
申し込み可能エリア九州電力エリア
備考 ・電気代の支払い額100円毎にdポイント1P、または200円毎にWAONポイント2Pが貯まります
・電気代の支払いをイデックスクラブポイントカードまたはイデックスクラブカード決済にすると、毎月55円割引
・電気使用量のお知らせの郵送を不要にすることで月55円割引
・イデックスでんき継続利用で1年満了ごとに毎年500円割引
・解約の際に違約金や手数料は発生しません
九州電力「電化でナイト・セレクト」からの乗り換えで必ず安くなる!

イデックスでんき VS 九州電力 単価比較表

イデックスでんき「夜トクプラン」と九電「電化でナイト・セレクト」の料金単価比較表
区分イデックスでんき「夜トクプラン」の料金単価九州電力「電化でナイト・セレクト」の料金単価
基本料金/月契約電力が10kW以下の場合1契約につき
1,600.5円
(3%安)
1契約につき
1,650円
契約電力が10kWをこえる場合15kWまで1契約につき
4,268円
(3%安)
1契約につき
4,400円
15kW超過分1kWにつき
533.5円
(3%安)
1kWにつき
550円
1kWhあたりの電力量単価平日昼間夏冬26.03円
(3%安)
26.84円
春秋23.22円
(3%安)
23.95円
休日昼間夏冬20.57円
(3%安)
21.22円
春秋17.28円
(3%安)
17.82円
夜間12.8円
(3%安)
13.21円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
※「夜間時間」は以下の3パターンから選べます
  • 21時~翌日7時(電化でナイト・セレクト21)
  • 22時~翌日8時(電化でナイト・セレクト22)
  • 23時~翌日9時(電化でナイト・セレクト23)
※上記の夜間時間以外が「昼間時間」に相当します
(昼間時間の電力量料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安になります)

ガソリンや軽油の割引サービスあり

出光昭和シェル(オール電化プラン)
出光昭和シェルは数ある新電力会社の中でも、いち早くオール電化プランを全国展開しています。
大手電力会社のオール電化住宅向け料金メニューと比較すると、どれも基本料金が数%ほど安く設定されており、わずかながらも確実なコストダウンに役立ちます。
出光昭和シェルの電気ユーザーにはShellのガソリンや軽油の割引特典が付帯するところにも注目です。

出光昭和シェルの評判・口コミ情報

おすすめレベル車好きな方におすすめ
電気代の支払い方法口座振替、クレジットカード
申し込み可能エリア沖縄と離島を除く全国
備考 ・出光昭和シェルの電気ユーザーはシェルのSS利用の際に、現金でもカード払いでもガソリンや軽油が2円/L割引になります(月間100ℓまで)
・電気自動車を所有・利用されている方は、月々の電気代が200円引きになります
・解約の際に違約金や手数料は発生しません
全国のオール電化住宅に対応!(沖縄を除く)

出光昭和シェル VS 各地域電力 単価比較表

(※)クリック↓↓↓で料金単価比較表が現れます
北海道電力「eタイム3プラス」との料金単価比較表
基本料金北海道電力出光昭和シェル
6kVAまで2,215.4円2,149.48円 (2.9%安)
7kVA・8kVA2,724.74円2,636.74円 (3.2%安)
9kVA・10kVA3,234円3,124円 (3.4%安)
10kVAを超える1kVAにつき473円462円 (2.3%安)
電力量単価北海道電力出光昭和シェル
午後時間40.67円/kWh40.67円/kWh
朝晩時間30.9円/kWh30.9円/kWh
夜間時間14.63円/kWh14.63円/kWh
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
東北電力「よりそう+ナイト8」との料金単価比較表
基本料金(主開閉器契約)東北電力出光昭和シェル
6kVA以下1,430円1,364円 (4.6%安)
6kVAを超え10kVAまで1,980円1,870円 (5.5%安)
10kVAを超える1kVAにつき330円319円 (3.3%安)
基本料金(実量契約)東北電力出光昭和シェル
6kVA以下1,958円1,892円 (3.3%安)
6kVAを超え10kVAまで2,711.5円2,601.5円 (4%安)
10kVAを超える1kVAにつき451円440円 (2.4%安)
電力量単価東北電力出光昭和シェル
昼間(最初の90kWhまで)22.09円/kWh (同じ)
昼間(90kWhを超え230kWhまで)30.13円/kWh (同じ)
昼間(230kWh超)34.83円/kWh (同じ)
夜間11.12円/kWh (同じ)
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
北陸電力「くつろぎナイト12」との料金単価比較表
基本料金北陸電力出光昭和シェル
1契約につき最初の10kVAまで1,650円1,540円 (6.6%安)
上記を超える1kVAにつき242円231円 (4.5%安)
電力量単価北陸電力出光昭和シェル
昼間時間/夏季34.94円/kWh34.95円/kWh
昼間時間/その他季25.06円/kWh25.07円/kWh
ウィークエンド時間(休日時間)19.63円/kWh19.64円/kWh
夜間時間12.5円/kWh12.51円/kWh
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
中部電力「スマートライフプラン」との料金単価比較表
基本料金中部電力出光昭和シェル
1契約につき最初の10kVAまで1,487.04円1,377.04円 (7.4%安)
上記を超える1kVAにつき286円275円 (3.8%安)
電力量単価中部電力出光昭和シェル
昼間時間38.71円/kWh (同じ)
軽負荷時間28.52円/kWh (同じ)
夜間時間16.3円/kWh16.29円/kWh
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
東京電力EP「スマートライフS/L」との料金単価比較表
基本料金東京電力EP出光昭和シェル
10A(1kVA)あたり286円275円 (3.8%安)
電力量単価東京電力EP出光昭和シェル
午前6時〜翌午前1時(昼間)25.8円/kWh (同じ)
午前1時〜午前6時(夜間)17.78円/kWh (同じ)
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
関西電力「はぴeタイムR」との料金単価比較表
基本料金関西電力出光昭和シェル
1契約につき最初の10KWまで2,200円1,980円 (10%安)
10KWを超える1KWにつき396円365.2円 (7.7%安)
電力量単価関西電力出光昭和シェル
デイタイム/夏季28.96円/kWh27.51円/kWh (5%安)
デイタイム/その他季25.01円/kWh (同じ)
生活時間(軽負荷時間)22.89円/kWh21.74円/kWh (5%安)
夜間時間15.2円/kWh14.44円/kWh (5%安)
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
中国電力「電化Styleコース」との料金単価比較表
基本料金中国電力出光昭和シェル
1契約につき最初の10KWまで1,650円1,540円 (6.6%安)
10KWを超える1KWにつき407円396円 (2.7%安)
電力量単価中国電力出光昭和シェル
昼間/夏季32.68円/kWh32.67円/kWh
昼間/その他季30.62円/kWh30.61円/kWh
ナイトタイム・ホリデータイム14.87円/kWh (同じ)
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
四国電力「でんかeプラン」との料金単価比較表
基本料金四国電力出光昭和シェル
1契約につき最初の10KWまで8,637.04円7,663.34円 (11.2%安)
10KWを超える1KWにつき562.22円495円 (11.9%安)
電力量単価四国電力出光昭和シェル
平日/昼間 70kWhを超える1kWhにつき32.49円/kWh29.24円/kWh (10%安)
休日/夜間 240kWhを超える1kWhにつき21.64円/kWh19.47円/kWh (10%安)
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
九州電力「電化でナイト・セレクト22」との料金単価比較表
基本料金九州電力出光昭和シェル
1契約につき最初の10KWまで1,650円1,540円 (6.7%安)
10KWを超え15KWまで4,400円4,235円 (3.8%安)
15KWを超える1KWにつき550円539円 (2%安)
電力量単価九州電力出光昭和シェル
昼間・休日・夏季・冬季21.22円/kWh(同じ)
昼間・休日・春季・秋季17.82円/kWh(同じ)
昼間・平日・夏季・冬季26.84円/kWh(同じ)
昼間・平日・春季・秋季23.95円/kWh(同じ)
夜間13.21円/kWh(同じ)
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます

TEPCO「電化上手」よりも安い!

HISでんき(ぜんぶでんき)
HISでんきは大手旅行会社HISグループのエネルギーマネジメント企業HTBエナジーが運営する新電力サービスです。
HISでんきの「ぜんぶでんきシリーズ」は大手電力会社の旧オール電化プランからの切り替えを想定した、より安価な料金プランとなっています。
旧オール電化プランはどれも新規受付を終了しているため、現在申し込みできるオール電化住宅向けプランの中では「ぜんぶでんきシリーズ」がもっともお得なプランになると言えるでしょう。

HISでんきの評判・口コミ情報

おすすめレベル各地域電力の新旧オール電化プランどちらからの乗り換えでも、電気代が安くなる可能性は高い
電気代の支払い方法口座振替、クレジットカード、コンビニ決済
申し込み可能エリア一部の離島を除く全国
(「ぜんぶでんき」は東京・関西・中部・東北・九州・中国・四国の7電力エリア限定)
備考 ・新旧オール電化プランだけでなく、スタンダードS/Lや夜トク8/12からの乗り換えも可能です(但しガス設備のない住宅であることが申し込み条件となっています)
・1年未満で途中解約すると2,200円の解約違約金がかかります(引っ越しの場合は免除)
夜間単価は地域電力の旧プランと同額、つまりエリア最安値!

HISでんき VS 東電EP 単価比較表

HISでんき「ぜんぶでんき東京」とTEPCO「電化上手」の単価比較表
区分HISでんき
ぜんぶでんき
東京電力EP
電化上手
基本料金/月6kVA以下
1kWにつき286円
※ブレーカー契約ではなくスマート契約になります
1,320円
7~10kVAまで2,200円
11kVA以上2,200円+286円×(kVA数-10)
1kWhあたりの電力量単価昼間時間夏季35.5円
(9.9%安)
39.44円
その他季29.09円
(10%安)
32.32円
朝晩時間23.84円
(10%安)
26.49円
夜間時間12.48円12.48円
通電制御型夜間蓄熱式機器割引なし機器の総容量1kVAにつき154円割引
全電化住宅割引なし夏季の昼間時間以外の電気料金から5%割引
(割引上限額2,200円/月)
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
※夜間時間は23時~翌7時(8時間)
※昼間時間(夏季)は7月1日から9月末日の10時~17時(7時間)
※昼間時間(その他季)は10月1日から翌年6月末日の10時~17時(7時間)
※朝晩時間は7時~10時と17時~23時(9時間)
あわせて読みたい参考記事

東電スマートライフS/Lの乗り換えにオススメ

九電みらいエナジーNナイトプラン)
九電みらいエナジー
九電みらいエナジーは電力自由化に伴い設立された九州電力の100%子会社で、東京電力エリアにおける一般家庭向けの電気小売事業や、再エネ発電事業を主軸としています。
九電みらいエナジーのオール電化向けプランは、東京電力EPのスマートライフS/Lと比べて単価の割引率はごくわずかですが単価の安い夜間時間が東電よりも3時間長く設定されています。
おすすめレベル電力使用状況によってはかなりお得!
電気代の支払い方法口座振替、クレジットカード
申し込み可能エリア関東(東京電力エリア)
備考 ・JALマイルプランNは電気料金100円ごとに1マイル、dポイントプランNとWAONプランNは100円毎に2ポイントが貯まります
・解約の際に違約金や手数料は発生しません

九電みらいエナジー VS 東電EP 単価比較表

TEPCOスマートライフS/Lと九電みらいエナジーNプラン各種
区分TEPCO
スマートライフS/L
九電みらいエナジー
NプランWAONプランN、JマイルプランN、dポイントプランN
基本料金/月
1kVAにつき
286円
1kVAにつき
285.19円
(0.2%安)
1kVAにつき
285.19円
(0.2%安)
昼間単価
(1kWhあたり)
25.8円
6時~翌1時(19h)
25.26円
(0.2%安)
7時~23時(16h)
25.77円
(0.1%安)
7時~23時(16h)
夜間単価
(1kWhあたり)
17.78円
1時~6時(5h)
17.72円
(0.3%安)
23時~翌7時(8h)
17.77円
23時~翌7時(8h)
備考1,000円毎に5P付与ポイント還元なしJALマイル・WAON・dポイントいずれかの付与
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます

九州電力の新旧オール電化プラン乗り換えに対応

熊本電力(オール電化A/B/C)
熊本電力
熊本電力株式会社は2014年に熊本市に設立された新電力会社です。
オール電化住宅向けの料金プランは、今のところ九州電力エリアでのみ申し込みを受け付けています。(今後は全国展開も予定しているとのこと)
九州電力の季時別電灯と時間帯別電灯そして電化でナイト、3種の新旧オール電化プランの切り替えに対応しています。

熊本電力の評判・口コミ情報

おすすめレベル3種のプランどれも九電よりも安価な料金設定
電気代の支払い方法クレジットカード決済またはPaidy払い
申し込み可能エリア沖縄を除く全国
(オール電化プランは九州電力エリアのみ)
備考 ・太陽光の卒FIT買取価格は九電エリア最高単価(1kWhあたり12円)
・解約の際に違約金や手数料は発生しません
※現在、卸供給元とのトラブルが発覚していることから、現時点では申し込みを推奨していません(2/5付記)

熊本電力 VS 九州電力 単価比較表

(※)クリック↓↓↓で料金単価比較表が現れます
九州電力「季時別電灯」との料金単価比較表
熊本電力「オール電化A」と九州電力「季時別電灯」の単価比較表
区分熊本電力
オール電化A
九州電力
季時別電灯
基本料金/月契約容量が6kVA以下の場合1,028.5円
(15%安)
1,210円
契約容量が6kVAをこえる場合10kVAまで1,402.5円
(15%安)
1,650円
10kVA超過分252.45円
(15%安)
297円
1kWhあたりの電力量単価デイタイム夏季34.78円34.78円
その他季28.92円28.92円
リビングタイム23.24円23.24円
ナイトタイム11.3円
(5%安)
11.89円
・デイタイム(10時~17時)
・リビングタイム(8時~10時、17時~22時)
・ナイトタイム(22時~翌朝8時)
・夏季(7月1日~9月30日)
・その他季(10月1日~翌年6月30日)
実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
九州電力「時間帯別電灯」との料金単価比較表
熊本電力「オール電化B」と九州電力「時間帯別電灯」の単価比較表
区分熊本電力
オール電化B
九州電力
時間帯別電灯
基本料金/月契約容量が6kVA以下の場合1,028.5円
(15%安)
1,210円
契約容量が6kVAをこえる場合10kVAまで1,402.5円
(15%安)
1,650円
10kVA超過分1kVAあたり
252.45円
(15%安)
1kVAあたり
297円
1kWhあたりの電力量単価昼間時間(8時~22時)最初の80kWhまで20.44円
(5%安)
21.52円
80kWh超過200kWhまで27.44円
(5%安)
28.88円
200kWh超過分28.88円
(12%安)
32.82円
夜間時間(22時~翌朝8時)10.7円
(10%安)
11.89円
実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
九州電力「電化でナイト」との料金単価比較表
熊本電力「オール電化C」と九州電力「電化でナイト」の単価比較表
区分熊本電力
オール電化C
九州電力
電化でナイト
基本料金/月契約電力が10kW以下の場合1契約につき
1,320円
(20%安)
1契約につき
1,650円
契約電力が10kWをこえる場合15kWまで1契約につき
3,740円
(15%安)
1契約につき
4,400円
15kW超過分1kWあたり495円追加
(10%安)
1kWあたり550円追加
1kWhあたりの電力量単価平日昼間時間夏冬26.44円
(1.5%安)
26.84円
春秋23.59円
(1.5%安)
23.95円
休日昼間時間夏冬20.9円
(1.5%安)
21.22
春秋17.55円
(1.5%安)
17.82円
夜間時間12.81円
(3%安)
13.21円
【夜間時間】22時~翌日8時
【昼間時間】夜間時間以外の時間帯
(昼間時間の電力量料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安になります)
実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
あわせて読みたい参考記事

オール電化住宅でなくても利用できる!

丸紅新電力(ナイトおトクプラン)
丸紅新電力ナイトおトクプラン
丸紅新電力は大手総合商社の丸紅グループが100%出資する新電力会社です。
ナイトおトクプランは東電EPのスマートライフS/Lと同じような料金プランになりますが、基本料金が割安に設定されていることから、毎月の電力使用量にかかわらず電気代は必ずお得になります。
エコキュートや電気温水器を設置していなくても、誰でも申し込みできるところにも注目です。
おすすめレベル電力使用量に関わらず一定の削減メリットあり
電気代の支払い方法口座振替、クレジットカード
申し込み可能エリア関東(東京電力エリア)
備考 ・電化住宅以外でも申し込みできます
・解約の際に違約金や手数料は発生しません

丸紅新電力 VS 東京電力EP 単価比較表

丸紅新電力「ナイトおトクプラン」とTEPCO「スマートライフS/L」の単価比較表
区分丸紅新電力
ナイトおトクプラン
TEPCO
スマートライフS/L
基本料金/月30A
572円
(33.3%安)
858円
40A
814円
(28.8%安)
1,144円
50A
1,100円
(23%安)
1,430円
60A
1,386円
(19.2%安)
1,716円
7KVA以上
1kVAにつき
231円
(19.2%安)
1kVAにつき
286円
昼間単価
(1kWhあたり)
25.8円
6時~翌1時(19h)
25.8円
6時~翌1時(19h)
夜間単価
(1kWhあたり)
17.78円
1時~6時(5h)
17.78円
1時~6時(5h)
備考ポイント還元なし1,000円毎に5P付与
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます

ちびまる子ちゃんのCMでおなじみの新電力

ミツウロコでんき(とくとくナイト)
ミツウロコでんきイメージ
ミツウロコでんきは、ちびまる子ちゃんのCMでおなじみのミツウロコグループ(株式会社ミツウロコヴェッセル)が運営する新電力サービスです。
ミツウロコでんきの一般家庭向け料金プラン(従量電灯B/C)は沖縄を除く日本全国で申し込みできますが、電化住宅向けのプランについては関東・関西・中部・東北・九州の5電力エリアのみの受付となります。
(プラン名称は『とくとくナイトプラン』)
とくとくナイトプランは各地域電力の電化住宅向けプランと比べて昼間時間の電力量単価が3%安く設定されています。(基本料金や夜間単価の設定は全く同じです)
おすすめレベル再エネ発電所の拡大普及を応援する方にオススメ
電気代の支払い方法口座振替、クレジットカード、コンビニ振込
申し込み可能エリア沖縄と離島を除く全国
(オール電化住宅向けプランは関東・関西・中部・東北・九州の5電力エリア限定)
備考 ・電気のトラブル24時間かけつけ無料サービスあり(対象エリアは東北・関東・中部・関西)
・解約の際に違約金や手数料は発生しません

ミツウロコでんき VS 各地域電力 単価比較表

(※)クリック↓↓↓で料金単価比較表が現れます
東電EP「スマートライフS/L」との料金単価比較表
区分東京電力EP
『スマートライフS/L』
ミツウロコでんき
『とくとくナイト』
10A(1kVA)あたりの基本料金286円286円
電力量単価デイ(午前6時~翌午前1時)25.8円25.03円
(3%安)
ナイト(午前1時~午前6時)17.78円17.78円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
東電EP「夜トク8」との料金単価比較表
区分東京電力EP
『夜トク8』
ミツウロコでんき
『とくとくナイト8』
10A(1kVA)あたりの基本料金214.5円214.5円
電力量単価デイ(午前7時~午後11時)32.74円31.75円
(3%安)
ナイト(午後11時~翌午前7時)21.16円21.16円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
東電EP「夜トク12」との料金単価比較表
区分東京電力EP
『夜トク12』
ミツウロコでんき
『とくとくナイト12』
10A(1kVA)あたりの基本料金214.5円214.5円
電力量単価デイ(午前9時~午後9時)34.39円33.35円
(3%安)
ナイト(午後9時~翌午前9時)22.97円22.97円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
関西電力「時間帯別電灯」との料金単価比較表
区分関西電力
『時間帯別電灯』
ミツウロコでんき
『とくとくナイト』
基本料金
(実量)
1契約
(最初の10kWまで)
1,210円1,210円
10kWを超える1kWあたり396円396円
電力量単価
デイタイム
(午前7時~午後11時)
最初の90kWhまで21.66円21.01円
(3%安)
90kWhをこえ230kWhまで27.95円27.1円
(3%安)
230kWh超過分32円31.03円
(3%安)
電力量単価
ナイトタイム
午後11時~翌午前7時10.7円10.7円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
中部電力「スマートライフプラン」との料金単価比較表
区分中部電力
『スマートライフプラン』
ミツウロコでんき
『とくとくナイト』
基本料金(実量)10kVAまで1,487.04円1,487.04円
10kVAをこえる1kVAあたり286円286円
1kWhあたりの電力量単価デイタイム
(平日午前10時~午後5時)
38.71円37.54円
(3%安)
@ホームタイム
(午前8時~午後10時、ただしデイタイム除く)
28.52円27.66円
(3%安)
ナイトタイム
(午後10時~翌午前8時)
16.3円16.3円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
東北電力「よりそう+ナイト10」との料金単価比較表
区分東北電力
『よりそう+ナイト10』
ミツウロコでんき
『とくとくナイト』
基本料金
(主開閉器)
6kVAまで1,430円1,430円
6kVAをこえ10kVAまで1,980円1,980円
上記をこえる1kVAあたり330円330円
基本料金
(実量)
6kVAまで1,958円1,958円
6kVAをこえ10kVAまで2,711.5円2,711.5円
上記をこえる1kVAあたり451円451円
電力量単価
デイタイム
(午前8時~午後10時)
80kWhまで24円23.28円
(3%安)
80kWhを超え200kWhまで32.75円31.76円
(3%安)
200kWh超過分37.85円36.71円
(3%安)
電力量単価
ナイトタイム
午後10時~翌午前8時11.43円11.43円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
清水
ミツウロコでんきの『とくとくナイト』は電気代の削減メリットはわずかですが、大手電力会社からの乗り換えで損になることはありません。

基本料金が完全無料のオール電化プラン

Looopでんき(スマートタイムプラン)
Looopでんき
Looopのスマートタイムプランは季節や時間帯で電力量単価が変動するタイプの電気契約です。
基本料金は契約容量(A・KVA数)や契約電力(KW数)にかかわらず無料、春秋の昼間時間の単価も割安に設定されています。
現在の基本料金が高く毎月の電力使用量がそれほど多くない家庭ほど、Looopでんきへの乗り換えメリットが大きくなります。

Looopでんきの評判・口コミ情報

おすすめレベル利用地域や契約容量によってはダントツでお得になることも!
電気代の支払い方法クレジットカード決済のみ
申し込み可能エリア日本全国
(ただし沖縄はオール電化プランの申し込み対象外になります)
備考 ・電気トラブル駆けつけ無料サポート附帯あり(東京電力エリアのみ)
・解約の際に違約金や手数料は発生しません

Looopでんきの電気料金単価表

スマートタイムプランは季節や時間帯ごとに電気料金単価が変動します。

季節と時間帯の区別は全国共通、電力量単価は電力エリアごとに異なります。

東京電力エリアにおけるスマートタイムプランの料金単価表は以下の通りです↓↓↓

Looopでんきスマートタイムプランの料金単価表

東京電力エリア以外の地域の料金単価表や、各地域の大手電力会社のオール電化プランとの比較結果は別ページで詳しく解説しています。

他社との比較は単価も時間帯も設定がまったく異なるため、正確なシミュレーションは困難ですが、下記ページの比較結果を参考にしてください。

あわせて読みたい参考記事

大手電力会社10社の乗り換え参考情報

清水
大手電力会社10社の電気料金メニューそれぞれに、乗り換えると電気代がより安くなる(または最適な)新電力会社のおすすめプランをご案内します
東京電力EP
東電からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
関西電力
関西電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
中電ミライズ
中部電力ミライズからの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
九州電力
九州電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
東北電力
東北電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
北海道電力
北海道電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
中国電力
中国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
四国電力
四国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
北陸電力
北陸電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
沖縄電力
沖縄電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
イメージ画像

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA