オール電化プラン

熊本電力のオール電化プランABCを徹底解説!

熊本電力のオール電化ABC
記事URLとタイトルをコピーする

熊本電力で申し込みできる電気契約メニューには以下の5種類があります。

  1. おうち電気B
  2. しごと電気C
  3. 低圧電力
  4. オール電化A/B/C(九州電力エリアのみ)
  5. 卒FIT買取プラン(太陽光自家発電の売電契約)

このページでは熊本電力のオール電化プランの特徴やメリット、そしてデメリットについて解説しています。

スポンサーリンク
【新電力PR 2021年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
HISでんきのロゴ画像
HISでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
注意事項

熊本電力のオール電化プランは3種類

2020年11月現在、熊本電力のオール電化プランは以下の3つから選べます。

それぞれ右側に記載している九州電力のオール電化住宅向け電気料金メニューからの切り替えに対応しています。

今のところ熊本電力のオール電化プランの申し込み対象エリアは九州電力エリアのみですが、
プレスリリースによると、今後はオール電化プランの全国展開・エリア拡大も予定しているようです。

東京や関西など他の電力エリアにお住まいの方は、熊本電力の新たな展開に期待しましょう。

熊本電力のオール電化プランは本当にお得?

結論から言えば、九電からの乗り換えで損をすることはありません。

後ほど詳しく説明しますが、オール電化A/B/Cどのプランも九電より確実にお得になる内容です。

一般家庭向けの料金プランには契約変更手数料や解約違約金などもなく、乗り換えによる金銭的なデメリットはまず考えられません。

オール電化Aプランのメリット&デメリット

熊本電力の『オール電化A』プランは、九州電力の季時別電灯(旧電化deナイト)からの乗り換えを想定した電気契約メニューです。

オール電化Aの電気料金比較表

熊本電力「オール電化A」と九州電力「季時別電灯」の単価比較表
区分 熊本電力
オール電化A
九州電力
季時別電灯
基本料金/月 契約容量が6kVA以下の場合 1,028.5円
(15%安)
1,210円
契約容量が6kVAをこえる場合 10kVAまで 1,402.5円
(15%安)
1,650円
10kVA超過分 252.45円
(15%安)
297円
1kWhあたりの電力量単価 デイタイム 夏季 34.78円 34.78円
その他季 28.92円 28.92円
リビングタイム 23.24円 23.24円
ナイトタイム 11.3円
(5%安)
11.89円
・デイタイム(10時~17時)
・リビングタイム(8時~10時、17時~22時)
・ナイトタイム(22時~翌朝8時)
・夏季(7月1日~9月30日)
・その他季(10月1日~翌年6月30日)
実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

電気代はどれくらい安くなる?

オール電化Aは九電の季時別電灯と比べて基本料金が15%安くなるため、毎月の電気代は電力使用量にかかわらず数百円は必ずお得になります。

昼間時間の単価は九電と同額ですが、夜間単価は5%割安に設定されており、夜間に電気を多く使用する家庭ほど乗り換えメリットは大きくなります。

九電から特別な割引を受けてさえいなければ、熊本電力への乗り換えによる金銭的なデメリットは一切ありません。

※今年2月以降トラブルが続いているため、当サイトでは現在は申し込みを推奨していません
スポンサーリンク

オール電化Bプランのメリット&デメリット

熊本電力の『オール電化B』は、九州電力の時間帯別電灯(旧よかナイト)からの乗り換えを想定した電気契約メニューです。

オール電化Bの電気料金比較表

熊本電力「オール電化B」と九州電力「時間帯別電灯」の単価比較表
区分 熊本電力
オール電化B
九州電力
時間帯別電灯
基本料金/月 契約容量が6kVA以下の場合 1,028.5円
(15%安)
1,210円
契約容量が6kVAをこえる場合 10kVAまで 1,402.5円
(15%安)
1,650円
10kVA超過分 1kVAあたり
252.45円
(15%安)
1kVAあたり
297円
1kWhあたりの電力量単価 昼間時間(8時~22時) 最初の80kWhまで 20.44円
(5%安)
21.52円
80kWh超過200kWhまで 27.44円
(5%安)
28.88円
200kWh超過分 28.88円
(12%安)
32.82円
夜間時間(22時~翌朝8時) 10.7円
(10%安)
11.89円
実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

電気代はどれくらい安くなる?

オール電化Bは九電の時間帯別電灯と比べて基本料金が15%安く、さらに昼夜の電力量単価は5%~12%割安になります。

オール電化ABC3種の中でも、九電からの乗り換えによる電気代削減メリットはもっとも大きく期待できます。(ひと月あたり1,500円以上の節約も可能)

九州電力「時間帯別電灯」10kVA契約で月々の電力使用量が800kWhの場合には、年間17,940円お得になります

こちらもオール電化Aと同じく九電から特別な割引を受けてさえいなければ、乗り換えによる金銭的なデメリットは一切ありません。

※今年2月以降トラブルが続いているため、当サイトでは現在は申し込みを推奨していません
スポンサーリンク

オール電化Cプランのメリット&デメリット

熊本電力の『オール電化C』は九州電力の「電化でナイト・セレクト22」からの乗り換えを想定した電気契約メニューです。

オール電化Cの電気料金比較表

熊本電力「オール電化C」と九州電力「電化でナイト」の単価比較表
区分 熊本電力
オール電化C
九州電力
電化でナイト
基本料金/月 契約電力が10kW以下の場合 1契約につき
1,320円
(20%安)
1契約につき
1,650円
契約電力が10kWをこえる場合 15kWまで 1契約につき
3,740円
(15%安)
1契約につき
4,400円
15kW超過分 1kWあたり495円追加
(10%安)
1kWあたり550円追加
1kWhあたりの電力量単価 平日昼間時間 夏冬 26.44円
(1.5%安)
26.84円
春秋 23.59円
(1.5%安)
23.95円
休日昼間時間 夏冬 20.9円
(1.5%安)
21.22
春秋 17.55円
(1.5%安)
17.82円
夜間時間 12.81円
(3%安)
13.21円
【夜間時間】22時~翌日8時
【昼間時間】夜間時間以外の時間帯
(昼間時間の電力量料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安になります)
実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

電気代はどれくらい安くなる?

オール電化Cは九電の電化でナイト22と比べて基本料金が10~20%割安に設定されています。

電力量単価も8時~22時の昼間時間は1.5%割安に、夜間時間は3%割安になり、月あたり400円~1,000円程度の節約が見込めます。

ただし時間帯の変更はできない

オール電化Cのデメリットとしては夜間時間の変更は選べないことが挙げられます。

オール電化Cの夜間時間は22時~翌朝8時以外の変更はできず、電化でナイト・セレクト21や電化でナイト・セレクト23からの乗り換えには対応していません。

※今年2月以降トラブルが続いているため、当サイトでは現在は申し込みを推奨していません
スポンサーリンク

熊本電力の電気契約の特徴と注意点

熊本電力に乗り換える前に知っておきたい電気契約の特徴や注意点、運営会社の詳細は以下の通りです。

支払方法は?

一般家庭・個人客の場合は「クレジットカード決済」または「Paidy払い」のどちらかを選べます。

事業所など法人客の場合は「口座引落(口座振替)」のみとなっています。

契約手数料や解約違約金は?

熊本電力には契約手数料やプラン切り替え手数料などの設定は一切ありません。

一般家庭・個人客については契約期間中いつ解約しても違約金もかかりません。

ただし法人契約の場合には、契約期間中に自己都合で途中解約すると違約金がかかります。

キャンペーン最新情報

熊本電力では新規申し込み客を対象としたキャンペーンにはあまり積極的ではないようです。

これまでにお得な乗り換えキャンペーンが開催されたことはほとんどありません。

当サイトでは各電力会社のキャンペーン最新情報を毎月ごとに調査していますので、新たな情報が見つかり次第、以下のページに掲載します。

太陽光の買取価格は九州エリア最高水準

熊本電力では太陽光の卒FIT買取価格も地域最高価格です。

熊本電力の卒FIT買取プランは売電契約のみは不可、熊本電力の買電契約(※)とのセット契約が条件ではあるものの
(※)おうち電気B、しごと電気C、オール電化A、オール電化B、オール電化Cのいずれか

買電は各電力エリア上位5%以内の最安水準、売電はエリア最高価格なので、両方とも熊本電力に乗り換えて損はありません。

九州電力エリアにおける2020年度の買取単価は1kWhにつき12円
(九州電力の買取単価は7円/kWh)

熊本電力の運営会社情報

熊本電力の運営会社情報は以下の通りです。

会社名 熊本電力株式会社
事業内容 ・電力の売買業務および売買の仲介業務
・発電および電力供給業務
・発電に付随する熱エネルギー等の供給業務
・自然エネルギーによる発電に関する取引及び取引の仲介業務
小売電気事業者登録番号 A0320
本社所在地 〒862-0950
熊本県熊本市中央区水前寺6丁目36−9 県庁東門前ビル4F
支店 福岡支店、大分支店、天草支店、東京支店
電話番号
熊本電力本社 TEL:0570-00-1591
個人情報ご相談窓口 TEL:096-284-1591(代)
設立 2014年3月
関連会社
博多電力株式会社
大分電力株式会社
天草電力株式会社
横浜電力株式会社
群馬電力株式会社
TakeEnergyCorporation株式会社
熊本モバイル株式会社
熊本データセンター株式会社
熊本インターネット株式会社
※今年2月以降トラブルが続いているため、当サイトでは現在は申し込みを推奨していません

ちなみに筆者も熊本電力を利用していますが、今のところ困るようなことは特にありません。

とはいえ、なるべく慎重に検討したいという方もいらっしゃると思います。

電気料金の価格以外に熊本電力で想定されるデメリットについては、以下のページでも詳しく解説していますので、そちらも併せて参考にしてください。

あわせて読みたい参考記事
【新電力PR 2021年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
HISでんきのロゴ画像
HISでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA