HTBエナジ-

HTBエナジー『ぜんぶでんき』のメリット&デメリットを徹底解説します

HTBエナジーのぜんぶでんきシリーズ

このページではHTBエナジーのオール電化住宅向けプラン『ぜんぶでんき』の特徴・メリットやデメリットについて、各地域ごとに詳しく解説しています。

HTBぜんぶでんきシリーズの特徴

こうた
こうた
HTBエナジーの「ぜんぶでんきが安い」って聞いたんだけど・・・
オール電化住宅でしか利用できないのかな?

オール電化住宅でなくても利用できる?

HTBエナジーの『ぜんぶでんき』はオール電化住宅に限らず、ハーフ電化住宅でも利用できます。

エコキュートや電気温水器(電気給湯機)が設置されている住宅であれば、ほぼ対象になると思って良いでしょう。

また、戸建てに限らず、賃貸物件でも問題なく利用できます。

ぜんぶでんきは本当に安い?

夜間時間の従量単価は、大手電力会社の『旧オール電化プラン』と同額になります。

さらに昼間時間の単価も、旧オール電化プランに比べて5%~15%ほど割安になるため、かなりお得なプランと言えるでしょう。

こうた
こうた
旧オール電化プランって何ですか?

『旧オール電化プラン』とは

2016年4月の電力自由化前からある、大手電力会社のオール電化住宅向けプランのことです。

夜間単価が格安でお得なプランですが、大手電力各社は2016年4月以降、旧オール電化プランの新規受付を中止しています。

そのため自由化以降は旧オール電化プランに申し込むことはできず、それよりも割高になる現行のオール電化プランを利用するしか選択肢はありませんでした。

しかし!

HTBエナジー『ぜんぶでんき』の登場により、今では夜間単価が旧オール電化プランと同価格で、さらに昼間単価も割安な料金プランを選べるようになりました。

清水
清水
夜間単価の圧倒的な安さが、ぜんぶでんきの最大のメリットですね!
大手電力の現行オール電化プランとぜんぶでんきの夜間単価の比較表
東京電力EP「スマートライフS/L」
1kWhあたりの夜間単価
HTBエナジー「ぜんぶでんき東京」
1kWhあたりの夜間単価
17.78円 12.48円
(29.8%安)
関西電力「はぴeタイムR」
1kWhあたりの夜間単価
HTBエナジー「ぜんぶでんき関西」
1kWhあたりの夜間単価
15.2円 10.7円
(29.6%安)
中部電力ミライズ「スマートライフプラン」
1kWhあたりの夜間単価
HTBエナジー「ぜんぶでんき中部」
1kWhあたりの夜間単価
16.3円 13.7円
(15.9%安)
東北電力「よりそう+ナイト10」
1kWhあたりの夜間単価
HTBエナジー「ぜんぶでんき東北」
1kWhあたりの夜間単価
11.43円 11.43円
(同額)
九州電力「電化でナイト・セレクト」
1kWhあたりの夜間単価
HTBエナジー「ぜんぶでんき九州」
1kWhあたりの夜間単価
13.21円 11.89円
(10%安)
中国電力「電化Styleコース」
1kWhあたりの夜間単価
HTBエナジー「ぜんぶでんき中国」
1kWhあたりの夜間単価
14.87円 12.6円
(15.2%安)
四国電力「でんかeプラン」
1kWhあたりの夜間単価
HTBエナジー「ぜんぶでんき四国」
1kWhあたりの夜間単価
19.48円
(電化割引の適用単価)
11.24円
(42.2%安)
(※)夜間単価以外にも、夜間時間の設定や平日と休日の昼間単価の設定など、各プランそれぞれに料金設定が異なります

ぜんぶでんき 3つのデメリット

圧倒的にお得に思える『ぜんぶでんき』ですが、以下に案内するデメリットもあります。

こうた
こうた
なに?
3つのデメリットって?

① ガス設備のある住宅では申し込み不可

都市ガスやプロパンガスなど、ガス給湯設備を設置している住宅では、ぜんぶでんきに申し込むことができません。

(※)HTBエナジー公式チャットサポートの回答↓
HTBエナジーのチャットサポート画面1 HTBエナジーのチャットサポート画面2

『ぜんぶでんき』の申し込み対象は”オール電化設備のある住宅”ですが、

HTBエナジーではオール電化住宅であるかどうかの判別を、エコキュートや電気温水器などの電気設備の有無ではなく、ガス設備の有無で判断しているようです。

ですからオール電化住宅であってもガス設備がある場合には、残念ながら『ぜんぶでんき』は利用できません。

こうた
こうた
つまり、災害対策とかでガス設備を併用していると、オール電化住宅でもぜんぶでんきには申し込めないってこと?
それはちょっと残念だね。

② 解約違約金の設定がある

HTBエナジーの電気契約は1年未満で解約すると2,200円の解約違約金が発生します。(引っ越しなどの場合は免除)

契約から1年も経たずに他社に乗り換えると、せっかくの価格的メリットが台無しになりますので気をつけましょう。

③ 生活周りのサポートサービス付帯なし

ぜんぶでんきの3つめのデメリットとしては「電気のトラブル駆けつけサービス」などが付帯していないことが挙げられます。

HTBエナジーの「プライム」というプランには『あんしんサポート365』という生活周りのサポートサービスが無料付帯していますが、ぜんぶでんきシリーズには現時点では付帯していません。

今後のHTBエナジーのサービス拡大に期待しましょう。

(※)プライムプランやあんしんサポート365の詳細は公式HPにて

各電力エリアごとの特徴と料金単価

『ぜんぶでんき』は以下の7つの電力エリアにお住まいの方が申し込み対象です。

電力エリアごとに料金体系や単価がまったく異なるため、各エリアに分けて詳しく解説します。

ぜんぶでんき東京(東京電力エリア)

ぜんぶでんき東京の特徴

「ぜんぶでんき東京」は2020年3月にリリース、同年7月にリニューアルされたHTBエナジーのオール電化住宅向けプランです。

当初の価格メリットは大したことはありませんでしたが、7月のリニューアル後は東京電力の旧オール電化プランよりも安価なプランとして注目を集めています。

Check!! あわせて読みたい関連記事

乗り換え対象プラン

現在、東京電力エナジーパートナー(TEPCO)「電化上手」「おトクなナイト8・10」「スマートライフS/L」を利用している方は、ぜんぶでんき東京に切り替えることで電気代を削減できる可能性があります。

とくにスマートライフS/Lの場合は、昼間の電力使用量が少ない方ほど、ぜんぶでんき東京への切り替えメリットが大きくなります。

ただし、夏季(7月1日から9月末日)の昼間時間(10時~17時)の従量単価だけは、スマートライフSLよりも大幅に高くなるためご注意ください。

夏季の昼間時間は節電を特に意識するようにするか、もしくは対策として太陽光発電の導入をお勧めします。

料金単価の比較

「ぜんぶでんき東京」の料金単価の詳細と、東電EP各プランとの比較結果は、以下のページでも分かりやすく解説しています。

ぜんぶでんき関西(関西電力エリア)

ぜんぶでんき関西の特徴

「ぜんぶでんき関西」は2020年8月にリリースされたHTBエナジーのオール電化住宅向けプランです。

関西電力の「はぴeタイム」に類似したプラン内容で、ナイトタイムの単価は同額(10.7円/kWh)、それ以外の電力量単価は10%割安に設定されています。

また、ぜんぶでんき関西はブレーカー契約ではなくスマート契約になるため、日頃の電気の使い方次第で基本料金を安く抑えることもできます。

乗り換え対象プラン

現在、関西電力の「はぴeタイム」または「はぴeタイムR」を利用している方は、ぜんぶでんき関西に切り替えることで電気代を削減できる可能性があります。

ただし、ぜんぶでんき関西には「はぴeプラン」のようなオール電化住宅割引はないため、2016年3月以前から「はぴeタイム」を契約されている家庭では、ぜんぶでんき関西に切り替えると損になるケースもあります。

料金単価の比較

「ぜんぶでんき関西」の料金単価の詳細と、関西電力各プランとの比較結果は、以下のページで確認できます。

ぜんぶでんき中部(中部電力エリア)

ぜんぶでんき中部の特徴

「ぜんぶでんき中部」は2020年8月にリリースされたHTBエナジーのオール電化住宅向けプランです。

中部電力ミライズの「Eライフプラン」を意識したプラン内容になっており、ナイトタイムの単価はEライフプランと同額(13.7円/kWh)で、それ以外の電力量単価はどれも10%割安に設定されています。

また、ぜんぶでんき中部はブレーカー契約ではなくスマート契約になるため、日頃の電気の使い方次第で基本料金を安く抑えることもできます。

乗り換え対象プラン

現在、中部電力ミライズの「Eライフプラン」または「スマートライフプラン」を利用している方は、ぜんぶでんき中部に切り替えることで電気代を削減できる可能性があります。

ただし「タイムプラン」や「ピークシフト電灯」からの乗り換えメリットはあまりありません。

また、HTBエナジーには「全電化住宅割引」や「蓄熱機器割引」などの割引設定はないため、「Eライフプラン」で複数の割引が適用されているご家庭は、乗り換えを検討する必要はありません。

料金単価の比較

「ぜんぶでんき中部」の料金単価の詳細と、中部電力ミライズ各プランとの比較結果は、以下のページでわかりやすく解説しています。

ぜんぶでんき東北(東北電力エリア)

ぜんぶでんき東北の特徴

HTBエナジーの「ぜんぶでんき東北」は、東北電力の「よりそう+シーズン&タイム」に類似したプラン内容で、夜間単価とオフピーク単価は東北電力と同額、それ以外の電力量単価は5%割安になります。

さらに基本料金も割安に設定されており、ぜんぶでんき東北はスマート契約になることから、日頃の電気の使い方次第では基本料金を安く抑えることもできます。

乗り換え対象プラン

現在、東北電力の「よりそう+シーズン&タイム」を利用している方は、ぜんぶでんき東北に切り替えることで電気代の削減が期待できます。

ただし東北電力の「時間帯別電灯A・B・S」や「よりそう+ナイト8・10・12・S」などと比べると「ぜんぶでんき東北」の電気料金単価は安くはありません。

東北電力エリアではオール電化住宅にお住まいの方にとって「ぜんぶでんき東北」への乗り換えメリットはほとんどないのが実際のところです。

料金単価の比較

「ぜんぶでんき東北」と「よりそう+シーズン&タイム」の料金単価の比較結果は、以下のページでもわかりやすく解説しています。

ぜんぶでんき九州(九州電力エリア)

ぜんぶでんき九州の特徴

「ぜんぶでんき九州」は九州電力の「季時別電灯」に類似したプラン内容で、ナイトタイムの単価は季時別電灯と同額(11.89円/kWh)、それ以外の電力量単価は5%割安に設定されています。

ぜんぶでんき九州はブレーカー契約ではなくスマート契約になりますが、季時別電灯よりも基本料金が割高に設定されているところにご注意ください。

乗り換え対象プラン

九州電力のオール電化住宅向けプランには「季時別電灯」「時間帯別電灯」「電化でナイト・セレクト」などがありますが、「ぜんぶでんき九州」はそれらと比べて価格的なメリットはほとんどありません。

よりお得なオール電化プランには、熊本電力の「オール電化A・B・C」がありますので、そちらへの乗り換え検討をオススメします。

九州電力各プランとHTBエナジーや熊本電力との料金単価の比較結果は、以下のページでわかりやすく解説していますので参考にしてください。

ぜんぶでんき中国(中国電力エリア)

ぜんぶでんき中国の特徴

「ぜんぶでんき中国」は2020年9月にリリースされたHTBエナジーのオール電化住宅向けプランです。

中国電力の「ファミリータイム プランⅠ」を意識したプラン内容で、ナイトタイムの単価は5%割安(12.6円/kWh)に、それ以外の時間帯の電力量単価は15%割安に設定されています。

ただしぜんぶでんき中国には、ファミリータイムプランⅠのような電化割引(基本料金と従量料金が10%割引)はありません。

そのため実際に支払うことになる電気代はどちらもほぼ変わらないことが予想されます。

なお、ぜんぶでんき中国はブレーカー契約ではなくスマート契約になるため、日頃の電気の使い方次第では基本料金を安く抑えることができます。

乗り換え対象プラン

現在、中国電力の「ファミリータイム プランⅡ」を契約電力5kW以下で利用している方は、ぜんぶでんき中国に切り替えることで電気代を削減できる可能性があります。
(プランⅠの方はほぼ変わらないか、高くなる可能性もあります)

中国電力の時間帯別電灯(エコノミーナイト)」を利用している方は「ぜんぶでんき中国」に乗り換えるメリットはありません。

中国電力の「電化Styleコース」の場合は、平日と土日祝日の単価設定がまったく異なるため、どちらの方がお得になるかは生活スタイルに大きく影響されます。

ぜんぶでんき中国の料金単価を電化styleコースと比べてみると、23時~翌8時は15.2%安くなり、平日の9時~21時も23.5%~28%安くなります。
(夏季は15.8%~32.5%安くなります)

ただし、平日の8時~9時と21時~23時と、土日祝日の8時~23時の単価は、電化styleコースよりも48.3%~57.4%高くなります。
(夏季は48.3%~85%高くなります)

「ぜんぶでんき中国」の料金単価の詳細と、中国電力各プランとの比較結果は、以下のページでも分かりやすく解説しています。

ぜんぶでんき四国(四国電力エリア)

ぜんぶでんき四国の特徴

「ぜんぶでんき四国」は2020年9月にリリースされたHTBエナジーのオール電化住宅向けプランです。

四国電力の「季節別時間帯別電灯」に類似したプラン内容で、夜間単価は同額(11.24円/kWh)、昼間単価(7時〜23時)は10%割安に設定されています。

ただし、HTBエナジーには四国電力のような蓄熱式機器割引や全電化住宅割引はありません。

そのため実際に支払うことになる電気代は、HTBエナジーの方が高くなることが予想されます。

乗り換え対象プラン

四国電力のオール電化住宅向けプランには

・季節別時間帯別電灯
・時間帯別電灯
・ピークシフト型時間帯別電灯
・スマートeプラン タイプL+
・スマートeプラン タイプH
・でんかeプラン
・でんかeマンションプラン

などがあります。

上記プランの中でスマートeプラン タイプH」と「でんかeプラン」については、「ぜんぶでんき四国」に乗り換えることで電気代がお得になる可能性があります。
(単価だけでなく時間設定も各プランで異なるため、必ず安くなるとは限りません)

料金単価の比較

四国電力各プランと「ぜんぶでんき四国」の料金単価の詳細と比較結果は、以下のページでわかりやすく解説しています。

【 新電力PR 2020年下半期 】いま注目の新電力会社BEST8
東京ガスのロゴ画像
東京ガスの電気
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
熊本電力のロゴ画像
熊本電力
ピタでん(株式会社F-Power)のロゴ画像
ピタでん
HTBエナジ-のロゴ画像
HTBエナジ-
オール電化向けの新電力会社 一覧
オール電化向け新電力会社 一覧
地域別おすすめ電力会社の一覧表
地域別おすすめ新電力会社 一覧
監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です