電気自動車(EV/PHV)

関西・近畿地方のEV・PHVオーナーにおすすめの電力会社【7選】

青空と電気自動車

関西電力エリア(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の近畿2府4県と、福井、三重、岐阜の一部地域)にお住まいの電気自動車オーナーにとって、

お得な料金プランのある電力会社には、以下の7社があります。

  1. 関西電力
  2. Looopでんき
  3. ピタでん
  4. シン・エナジー
  5. 熊本電力
  6. HTBエナジー
  7. 日産大阪

上記7社の中でどれが最も安くてお得になるか?は、諸条件によって異なります。

そこで条件を大きく3つに分けた上で、おすすめの電気料金プランをご案内します。

イメージ画像
監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

契約容量6kVA未満の電灯契約の場合

おすすめ最安プラン

契約容量が6kVA未満のオーソドックスな従量電灯プラン(従量電灯Aやなっトクでんき、eおとくプランなど)を契約している方には、以下の新電力プランをおすすめします。

月間の電力使用量を400kWh以上で想定した場合(電気代に換算して約11,000円以上)
関西電力の「従量電灯A」や「なっトクでんき」「eおとくプラン」と比べてどれも電気代は11%~18%以上も安くなります。

清水
清水
Looopでんきと熊本電力は、自己都合で途中解約しても違約金はかかりません。
4社の中では熊本電力が最安になりますが、実際にはLooopでんきが一番人気ですね。

電気料金単価の比較表

区分 Looopでんき
(おうちでんき+EV割)
HTBエナジー
(プライム)
ピタでん
(使った分だけ)
熊本電力
(おうち電気B)
最低料金
(最初の15kWhまで)
0円 170.51円 0円 0円
1kWhあたり単価 120kWhまで 21.4円 21.29円 21.59円 22円
121~300kWhまで 21円
300kWh超 19円
イメージ画像
Check! 電気代の一括比較シミュレーション

夜間の電気が安くなるプラン

夜間の安い単価で電気自動車を充電したい」というニーズも当然あると思います。

ただ、夜間単価の安いオール電化プランはエコキュートや電気温水器のある電化住宅でないと契約できません。

電化住宅ではない場合には、関西電力の「eスマート10」を勧められることもあるようですが、
eスマート10は午前8時~午後10時の電気料金単価がかなり高くなるため、あまりお得とは言えません。
(単価比較表は後ほどご紹介します)

時間帯によって電気料金がお得になるプランをお探しの方には、関西電力のeスマート10などよりも『シンエナジー』の【夜】生活フィットプランや【昼】生活フィットプランの方が断然おすすめです。

Check!! あわせて読みたい参考記事

電気料金単価の比較表

関電「eスマート10」とシン・エナジー「生活フィットプラン」の単価比較表
区分 関西電力
eスマート10
シン・エナジー
【昼】生活フィットプラン
シン・エナジー
【夜】生活フィットプラン
基本料金/ひと月 最初の6kWまで 1契約
1,210円
1契約
304.41円
(74.8%安)
6kWを超える1kWにつき 396円 5kW(6kVA)超の契約は不可
1kWhあたりの電力量単価 デイタイム
38.62円
夏季平日の13時~16時
18.38円
(52.4%安)
平日9時~18時
27.38円
(29.1%安)
平日9時~18時
リビングタイム 夏季
30.2円
夏季(7.8.9月)平日の8時~13時および16時~22時
21.85円
(20.4%~27.6%安)
平日8時~9時と18時~22時、土日祝日の8時~22時
21.85円
(20.4%~27.6%安)
平日8時~9時と18時~22時、土日祝日の8時~22時
その他季
27.45円
毎日8時~22時
ナイトタイム
15.36円
22時~翌8時
20.03円
(30.4%高)
22時~翌8時
18.03円
(17.3%高)
22時~翌8時
生活フィットプランの特徴

eスマート10と比べて基本料金が圧倒的に安い(昼間時間の単価も20%以上安い)

【夜】生活フィットプランの場合、平日の9時~18時の単価だけはeスマート10とほぼ同額の高単価になるものの、仕事などで平日昼間を不在にする方には価格的なデメリットはありません(土日祝日の昼間時間はライフタイムの安い単価が適用されます)

③ 平日昼間の在宅が多い方は【昼】生活フィットプランの方を選ぶと、平日の昼間にお得な単価で充電できるようになります。

日産大阪のEV専用プランは最安ではない

日産大阪で電気自動車を購入すると、関西電力の従量電灯Aよりも割安な限定プラン(日産大阪e-でんき「EVプラン・EVプランプラス」)に申し込めるようになります。

しかし先に案内した新電力プランと比べると、新型リーフ購入者限定の「EVプランプラス」は、決して最安というわけではありません。

清水
清水
実際の電気代で見るとそれほど大きな差にはならないですけど、月の電気代が1~2万円を超えるようならシン・エナジーを選んだ方が良いですよ。

電気料金単価の比較表

区分 日産大阪
(EVプラン)
日産大阪
(EVプランプラス)
Looopでんき
(+EV割)
シン・エナジー
(昼生活フィットプラン)
最低料金
(15kWhまで)
0円 0円 0円 1契約につき
304.41円
1kWhあたり単価 7時~23時 22.41円 22.41円 21.4円
18.38円
(平日9時~18時)
21.85円
(平日8時~9時と18時~22時、土日祝日8時~22時)
23時~翌7時 22.41円 19.35円 21.4円 20.03円
(22時~翌8時)
電気自動車と電気代の試算イメージ図
【 新電力PR 2020年下半期 】いま注目の新電力会社BEST8
東京ガスのロゴ画像
東京ガスの電気
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
熊本電力のロゴ画像
熊本電力
ピタでん(株式会社F-Power)のロゴ画像
ピタでん
HTBエナジ-のロゴ画像
HTBエナジ-

契約容量7kVAまたは6KW以上の場合

契約容量が7kVA以上の場合、関西電力では「従量電灯B」というプランがオーソドックスな電気契約になります。

従量電灯Bは基本料金が割高で、従量単価も決して安くはありません。

それよりも基本料金が無料になるLooopでんきの『ビジネスプラン』や、Japan電力の『しごとプラン』または熊本電力の『しごと電気C』のご利用をおすすめします。

どれも電力使用量の多少にかかわらず、実際の電気代は関西電力と比べて15%~最大50%前後も安くなります。

電気料金単価の比較表

区分 Looopでんき
(ビジネスプラン+EV割)
熊本電力
(しごと電気C)
Japan電力
(しごとプラン)
関西電力
(従量電灯B)
基本料金 0円 0円 0円 1KVAにつき
396円
1kWhあたり単価 120kWhまで 22.4円 22円 23円 17.91円
121~300kWhまで 22.5円 21.12円
300kWh超 21.5円 23.63円
人気の新電力会社
おすすめ新電力会社

実際の電気代がいくらになるか?を確認する際には、当サイトの電気料金シミュレーションを利用しましょう。

単価だけではよく分からないという方も、シミュレーションを利用すると月間電力使用量(kWh数)を入力するだけで、カンタンに実際の電気代を比較できます。

Check! 電気代の一括比較シミュレーション

エコキュートや電気温水器のある電化住宅の場合

自由化前の旧オール電化プランを契約している場合

2016年の電力自由化前から関西電力の「はぴeタイム(はぴeプラン)」や「季時別電灯」を契約している方は、そのまま継続利用で問題ないでしょう。

旧オール電化プランから他社プランへの乗り換え検討は、現時点ではほぼ必要ありません。

イメージ画像

2016年4月以降の「はぴeタイムR」の場合

関西電力の「はぴeタイムR」よりも電気代が安くなる新電力プランには、HTBエナジーの『ぜんぶでんき関西』があります。

『ぜんぶでんき関西』は「はぴeタイムR」と比べて夜間単価が約30%も安く設定されています。(1kWhあたり10.7円)

また、主開閉器契約ブレーカー契約ではなく、実量制契約スマート契約になることから、電気の使い方を工夫することで、基本料金を安く抑えることも可能です。

Check!! 両プランの料金単価比較表はこちら

ただし平日10時~17時の昼間単価のみ「はぴeタイムR」よりも若干割高になるため(約8%高)平日昼間はなるべく節電を意識するか、もしくは太陽光発電システム等を導入するとなお良いでしょう。

まとめ&おさらい
関西・近畿にお住まいのEV・PHVオーナーにおすすめの新電力

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です