地域別おすすめ電力会社

北陸地方で選べる電力会社の電気料金比較

北陸地方のイメージ画像「金沢駅前」
2016年4月の電力自由化により、北陸地方(石川県、富山県、福井県の嶺北と敦賀市、岐阜県の一部の地域)にお住まいの個人や一般家庭、事業所の方々も、北陸電力以外の様々な電力会社を選べるようになりました。(※離島にお住まいの方を除きます)
このページでは北陸地方で利用できる、新旧電力会社の電気料金やサービス内容を、なるべく分かりやすく公平に比較できるように心がけた上で、ご家庭や事業所の電気代がより安くなる電力会社や、お勧めの電気契約プランを検索できる電気料金比較サービスを案内しています。
[PR] 北陸地方の人気&お勧め新電力
基本料金なし&電力量単価一律のシンプルな従量料金制
※今なら電気料金比較サイト「エネチェンジ」からの申し込みで3,000円分のAmazonギフト券がもらえます
単価一律の従量課金制プランと定額制プランの2種類あり
■ どちらのプランも電気代はエリア最安値水準
(ただし1年未満の解約で2,000円の違約金あり)

北陸地方の電力会社&電気料金を一括比較

サイト管理人イメージ画像
NPCプラン電気料金比較シュミレーション(北陸電力エリア版)は、北陸地方にお住まいの方が申し込むことのできる電力会社23社の従量電灯プランや、低圧電力(動力)の電気料金を無料でスピーディーに比較できます。
2018年10月~2019年11月の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金を含めて計算することで、実際の電気料金をより正確に、そして公正に比較表示するよう努めています。

『正確さNo.1』電気料金比較シュミレーション(北陸電力エリア版)

契約種別を選んで下さい
比較方法を選んで下さい

電気料金比較(60A以下)23社・簡単シュミレーション

① 月間の電力使用量(kWh)
(例:370)
② 電力使用量が分からない方は”1ヶ月分の電気代”(北陸電力・従量電灯B)を入力して下さい
(例:15000)
①でkWh入力していれば入力不要です
両方入力した場合は、こちらの電気代のデータを優先して計算します
③ 入力したのは何月のデータですか?
④ 契約アンペア数は?
契約中のアンペア数が分からない方はこちらをチェック
⑤ 表示結果の選択
イメージ画像

電気料金比較(60A以下)23社・年間シュミレーション

① 契約アンペア数
② 毎月の電力使用量(kWh)
すべて入力しなくても計算できます
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
イメージ画像
③ 電気代(北陸電力・従量電灯B)
①でkWh入力していれば入力不要です
両方入力した場合は、こちらの電気代のデータを優先して計算します
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
④ 表示結果の選択
イメージ画像
比較方法を選んで下さい

電気料金比較6社(従量電灯6kVA以上)簡単シュミレーション

① 月間の電力使用量(kWh)
(例:700)
② 電力使用量が分からない方は”1ヶ月分の電気代”(北陸電力・従量電灯C)を入力して下さい
(例:30000)
①でkWh入力していれば入力不要です
両方入力した場合は、こちらの電気代のデータを優先して計算します
③ 入力したのは何月のデータですか?
④ 何kVA契約ですか?
契約中のkVA数が分からない方はこちらをチェック
イメージ画像

電気料金比較6社(従量電灯6kVA以上)年間シュミレーション

① 毎月の電力使用量(kWh)
すべて入力しなくても計算できます
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
イメージ画像
② 電気代(北陸電力・従量電灯C)
①でkWh入力していれば入力不要です
両方入力した場合は、こちらの電気代のデータを優先して計算します
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
③ 何kVA契約ですか?
契約中のkVA数が分からない方はこちらをチェック
イメージ画像
比較方法を選んで下さい

『低圧電力』料金比較7社・簡単シュミレーション

① 何KW契約ですか?
力率は85%と仮定して基本料金を算出します
② 月間の電力使用量(kWh)は?
(例:500)
③ 電力使用量が分からない方は”1ヶ月分の電気代”(北陸電力・低圧電力I)を入力して下さい
(例:20000)
②でkWh入力していれば入力不要です
両方入力した場合は、こちらの電気代のデータを優先して計算します
④ 入力したのは何月のデータですか?
イメージ画像

『低圧電力』料金比較7社・年間シュミレーション

① 何KW契約ですか?
※契約中のKW数が分からない方はこちらをチェック
② 毎月の電力使用量(kWh)
すべて入力しなくても計算できます
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
イメージ画像
③ 電気代(北陸電力・低圧電力I)
②でkWh入力していれば入力不要です
両方入力した場合は、こちらの電気代のデータを優先して計算します
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
イメージ画像
イメージ画像
「電気料金比較シュミレーション」ご利用上の注意事項
NPCプラン電気料金一括比較シュミレーションは、各電力会社様が公開されている特定時点の情報と、ご入力いただいた電力使用量(kWhまたは円)や条件から、当サイトが設定した計算式によって各社の電気料金を算出し、その比較結果を表示する無料のwebサービスです。
(電気料金の計算方法の詳細はこちらから)
各社の電気料金の算出結果につきましては、燃料費調整額や再エネ発電賦課金等の単価および消費税を正確に加算した上で表示しています。
ただし各電力会社様の割引サービス(口座振替割引など)は計算には含めておらず、本サービスは利用者様の実際の電気料金の節約額や支払額等をお約束するものではありません。
各電力会社様の料金プランやサービス等に関するご質問は、各社様に直接お問い合わせいただくか、または各公式WEBサイトにてご確認ください。

年間電気料金の算出方法について

入力されたひと月分のデータによって、年間の推定電力使用量および各社の年間電気代を算出する際には、北陸地方における家庭・小規模事業者の月別電力需要状況(※下表)を踏まえた計算式を用いています。
北陸地方2017年の月別電力需要

北陸地方の電力会社23社 一覧表

電力自由化によって登場した一般家庭向けの新電力会社は、全国で200社以上にも上りますが、実際に利用できる電力会社は、お住まいの各地域(電力系統エリア)によってそれぞれ異なります。
ここでは北陸電力エリアにお住まいの方が選ぶことのできる電力会社23社をご案内します。
※各社掲載は五十音順、小売電気事業者の取次店および代理店も含みます
石川電力株式会社のロゴ画像
石川電力
出光昭和シェルのロゴ画像
出光昭和シェル
イーレックスのロゴ画像
イーレックス
HTBエナジーのロゴ画像
HTBエナジー
auでんきのロゴ画像
auでんき
格安電力のロゴ画像
格安電力
きらめきでんきのロゴ画像
きらめきでんき
ゴウダ電力のロゴ画像
ゴウダ電力
自然電力のでんき(自然電力株式会社)のロゴ画像
自然電力
ジャストエナジージャパン合同会社のロゴ画像
ジャストエネルギー
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
スマ電(株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ)のロゴ画像
スマ電
TOSMOでんきのロゴ画像
TOSMOでんき
ニチデンのロゴ画像
ニチデン
はなカメくん電気のロゴ画像
はなカメくん電気
ハローG電力のロゴ画像
ハローG電力
ピタでん(株式会社F-Power)のロゴ画像
ピタでん
PinT(株式会社PinT)のロゴ画像
PinT
北陸電力のロゴ画像
北陸電力
丸紅新電力のロゴ画像
丸紅新電力
ミツウロコでんきのロゴ画像
ミツウロコでんき
楽天エナジーのロゴ画像
楽天でんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
【 新電力キャンペーン最新情報 】2019年11月版

北陸電力エリアの特徴

北陸地方の電力事情と今後について

サイト管理人イメージ画像
北陸地方の電気料金の単価は全国一安い!?
北陸地方の電力系統のエリアは、富山県全域・石川県全域、福井県の嶺北と敦賀市、そして岐阜県の飛騨市と郡上市の一部の地域で構成されています。
北陸地方は豊富な水源に恵まれ、昔から水力発電が盛んに行われていることもあって、全国10エリアの中で電気料金単価が最も安いのが特徴です。
(※水力発電のコストは1kWhあたり約11円、他の電源コストと比べればかなり安価です)
地域別電気料金平均単価(低圧)単位:円/kWh
北海道 東北 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄
2017年 26.0 23.5 23.1 22.1 19.9 22.4 20.3 21.6 20.7 23.5

北陸地方の電力消費における支出額は全国最多!

電気料金は全国一安い水準にある北陸地方ですが、総務省の家計調査報告結果によると、北陸地方の電力消費における年間支出額(電気代)は全国最多になります。
地域別消費支出額(総世帯)単位:円
北海道 東北 関東 北陸 東海
電気代 109,941 114,770 96,989 125,093 105,526
ガス代 39,217 51,542 54,503 44,549 54,415
灯油・他 72,222 40,427 7,376 22,371 9,806
近畿 中国 四国 九州・沖縄
電気代 108,700 103,454 118,914 103,254
ガス代 50,912 42,932 40,905 43,766
灯油・他 5,393 8,681 8,553 8,444
出典:総務省統計局 家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)平均速報結果より
都市ガスやプロパンガスの消費額は比較的少ないことから、北陸地方の住民の方々は日常的に使うエネルギーとして、ガスよりも電気を選んでいる場合が多いことが推測されます。
実際に北陸地方では、電気給湯器(エコキュート等)の普及率が非常に高く(約47%)、住宅にオール電化を導入される方も増加傾向にあるようです。
イメージ画像

北陸地方の電気料金の今後の予測

北陸電力エリアの電気料金は、元々かなり安い水準にあるため、今後さらに安くなるといった期待はしない方が良いでしょう。
電力自由化によって、今後の全国の電気料金単価がさらに均一化されていくことが予想される中、その動きに伴い北陸電力エリアの電気料金は今より高くなる可能性もあります。
実際に北陸電力では2018年4月に値上げを実施しており、2014年と2017年の電気料金平均単価表を比べてみても、他のエリアは値下がりしていますが、北陸地方の平均単価は値上がりしています。
地域別電気料金平均単価(低圧)単位:円/kWh
北海道 東北 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄
2014年 25.4 25.9 28.0 25.7 19.5 24.6 22.6 23.1 22.7 25.9
2017年 26.0 23.5 23.1 22.1 19.9 22.4 20.3 21.6 20.7 23.5

最適なエネルギープランを選ぶために

北陸地方の方々は他の地域よりも電気を多く使う傾向にあるため、電気をたくさん使っているご家庭ほど、新電力会社に切り替えるメリットは大きくなります。
さらにスマートメーターの導入によって、日々の電気代の管理を効率的に行えるようになり、家庭や自身のライフスタイルにより適した料金プランを選ぶことができるようにもなります。
ご自宅の電力量計が今もまだ旧式メーターのようであれば、ぜひ新電力とスマートメーターへの交換を検討してみてはいかがでしょうか。
スマートメーターへの取り換え交換は無料!
旧式の電力メーターからスマートーメーターへの取り換え交換は、家庭のエネルギー管理システム(HEMS)の導入希望者や、電気の契約先(新電力会社)の切り替え希望者を優先して行われます。
スマートメーターの普及については国の目標となっており、その設置費用は従来の地域大手電力会社の送配電部門にあたる一般送配電事業者(北陸地方では北陸電力株式会社が一般送配電事業者に該当します)が負担することになっているため、原則として希望者側に費用が請求されるようなことはありません。
取り換え作業時間も15分程度と、基本的に面会不要の簡単な設置工事です。
スマートメーターを導入すると、30分単位で電力使用状況を細かくチェックできるので、各電力会社が提供する電気料金プランが、自身や家庭のライフスタイルに合っているかどうかの正確なシュミレーションが可能になります。
スマートメーターによって、いわゆる「家庭の電気の見える化」が実現します
また、旧式メーターで行われている、検針員による月に一度の検針作業も、スマートメーターでは不要になります。
旧式電力メーター
旧式の電力計の画像
※旧式は中に円盤があり、数字がアナログ表示になります
スマートメーター
スマートメーターの画像
※様々なスマートメーターがありますが数字はどれもデジタル表示です
スマートメーターと家庭のエネルギー管理システム(HEMS)の導入により、各家庭のエネルギー管理を効率的に行えるようにすることは、政府のエネルギー革命の最終的な目標の一つでもあります。
政府は2014年4月のエネルギー基本計画において、2020年代のできるだけ早い時期までにスマートメーターを、2030年までには”HEMS”を、全世帯に普及させることを目指しています。
※スマートーメーターの取り換え交換は、電力会社の切り替え希望者を優先して、原則無料で行われます
北陸地方のイメージ画像

より良い電力会社を選ぶための3箇条

北陸地方(石川県、富山県、福井県の嶺北と敦賀市、岐阜県の一部の地域)でより良い電力会社を選ぶために、なるべく気をつけた方が良い3項目について説明します。

①電気料金が”確実に安くなるところ”を選びましょう

経済産業省の国民意識調査のアンケート結果によると、電力会社の乗り換えの要因としてもっとも重視されているのは「電気料金の安さ」となっています。
その結果を受けて、自由化によって登場した新しい電力会社の多くは、電気をたくさん使う家庭ほど、北陸電力のオーソドックスな従量電灯プランよりも電気料金が安くなるように、自社の契約プランを設計しています。
電力会社の選択時に重要視する項目についてのアンケート結果
ですが、電気の使用状況によっては安くならない電力会社もあるため注意が必要です。
慎重に選ばないと、逆に電気料金が高くなってしまうケースも決して少なくはありません。
具体的には、5月~11月の一般的に電気使用量の少ない月の検針票をご確認いただき、それらの月の電気料金が3,500~4,000円を切ることが多いようなご家庭は、『120kWhまでの電力量料金単価』が、北陸電力よりも高い電力会社は選ばないように気をつけましょう。
一般的な家庭において、年間における電気代の差(例えば1月と6月の電気代の差額)は倍近くにもなります。
電気使用量の多い夏季や冬季の電気料金を基準にして、それより料金が安くなる電力会社を選ぶのではなく、電力使用量が少ない月であっても、確実に電気料金が安くなる電力会社を選んだ方が、結果的におトクになるはずです。
なお、2016年4月の自由化以前から、オール電化住宅向けや時間帯別の電気料金プランを契約されているご家庭については、国による料金規制が終了するまで(2020年3月まで)は、それよりも安い契約プランが登場することはないと思われますので、現時点では変更の必要はありません。
街並みのイメージ画像
以下に一般家庭で主に利用されている北陸電力のオーソドックスな契約プラン「従量電灯B」の電気料金単価表を案内しますので、他の電力会社の契約プランと比較する際の参考にして下さい。

北陸電力株式会社「従量電灯B」の料金単価表

北陸電力のロゴ画像
北陸電力
【従量電灯B】
基本料金/月
20A 30A 40A
475.2円 712.8円 950.4円
50A 60A 燃調費
1,188円 1,425.6円 -
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,266円
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.52円 21.33円 23.02円
北陸電力のロゴ画像
北陸電力
【従量電灯B】
基本料金/月
20A 30A 40A
484円 726円 968円
50A 60A 燃料調整費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,422円
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.85円 21.74円 23.45円
(★) 一般財団法人省エネルギーセンターの資料を基に、1世帯当たりの月間電力使用量の平均値である「370kwh」および「30アンペア契約」と仮定した従量電灯Bプランにおける『ひと月分の電気料金』です。(こちらの料金表には再エネ賦課金燃料費調整額および各種割引は加味していません)

北陸電力の「燃料費調整額」推移表

期間 2019年 2018年
10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 12月 11月
1kwhあたり 0.49円 0.63円 0.63円 0.57円 0.51円 0.62円 0.87円 1.07円 1.11円 1.01円 0.92円 0.85円
(※)再生可能エネルギー発電促進賦課金は2019年4月まで2.9円/kWh、2019年5月以降は2.95円/kwhです

【北陸電力ニュース】

2018年10月より、北陸電力株式会社の会員サイト「ほくリンク」にて、毎月の電気料金に応じて独自ポイントの付く新サービス「電気deポイントプラス」が始まりました。
サービス加入1年目は200円につき1ポイント、2年目は同2ポイント、3年目以降は同3ポイントが付与され(ひと月の上限は200ポイントまで)、たまったポイントは提携する百貨店の商品券やスーパーなどの買い物券、スポーツ観戦チケットなどと交換できます。
ほくリンクのサービス紹介画像
現在、従量電灯BおよびCをご利用の方が「ほくリンク」に加入申し込みをするためには「従量電灯ネクスト」への切り替えが必要になります。
(ネクストの電気料金は基本料金・電力量単価ともに従来の従量電灯プランと変わりません)
また、すでにほくリンク会員になっている方であっても、同ポイントサービス加入のためには別途に申し込みが必要です。
サービス加入後は毎月の検針票の発行は無くなり、電気使用量などの確認は「ほくリンク」のWeb会員サイトにて行います。
従量電灯ネクストとは?
「従量電灯ネクスト」は2016年の電力完全自由化に対応した北陸電力の新自由料金メニューの一つです。
前述したように独自ポイントのサービス付帯がありますが、毎月の口座振替割引(▲54円)はなくなります。
(代わりに国の規制料金制度が終了する2020年3月までの期間は、毎月60ポイントが追加付与されます)
ちなみに東京電力など、他エリアの大手電力会社の新しい従量電灯プランでは、3段階目の電力量単価を安くするなどの工夫がある中、北陸電力の従量電灯ネクストの料金体系は、今のところ従来の従量電灯プランと何ら変わりません。
おそらく2020年3月末の規制料金の撤廃時までは変わることはないでしょう。

②事務手数料や違約金などのない電力会社を選びましょう

新しい電力会社の中には、他社への切り替えの際の事務手数料や、解約の際の違約金を設定しているところも少なくありません。
ですが、せっかく電力も自由化されたのに、他社への切り替えが解約金や違約金などで縛られてしまうようでは、一般消費者にとっての自由化の価値が下がってしまいます。
電力会社を切り替える際には、いつでも気軽に他社に変更でき、戻すときも簡単に戻せるように、原則として解約金などの請求のない電力会社を選びましょう。
その方が後になって損をしたような気になることもないのでお勧めです。
経済産業省 資源エネルギー庁HPでも、違約金が発生するプランは避けた方が無難といったような啓発がなされています。
解約イメージ画像
北陸地方で選べる新電力会社の中で、解約金や事務手数料がなく、北陸電力の従量電灯Bと比較して電気料金が安くなる電力会社の一覧(12社)は以下の通りです。

解約金なし、電気代もほぼ安くなる電力会社の一覧

新電力 名称 ひと月分の電気料金(★)
Looopでんき 7,881円
親指でんき 7,881円
丸紅新電力 8,009円
シン・エナジー 8,112円
楽天でんき 8,140円
ミツウロコでんき 8,151円
ジャストエネルギー 8,159円
イーレックス 8,178円
出光昭和シェル 8,231円
格安電力 8,373円
auでんき 8,417円
北陸電力(従量電灯B・ネクスト) 8,422円
(★) 一般財団法人省エネルギーセンターの資料を基に、1世帯当たりの月間電力使用量の平均値である「370kwh」および「30アンペア契約」と仮定した上での『ひと月分の電気料金』です。(こちらの電気料金比較表には再エネ賦課金燃料費調整額および各種割引額などは加味していません)
北陸地方の福井駅前イメージ画像
余談ですが、2016年4月の電力自由化に伴い、電力会社と消費者の双方がなるべくスムーズに切り替えを行えるように、”電力広域的運営推進機関”による『スイッチング支援システム』というものが新しく確立されています。
そのおかげで、本来は複雑な電力会社との契約手続きも、どの電力会社もweb上で申し込むだけで簡単に切り替えを済ませることができるようになっています。

新電力への申し込みはインターネットが簡単かつ安心

新電力への切り替えがブームとなっている今では、電話での営業や、近所のお店の知り合いなどから勧誘を受ける機会もあるでしょう。
ですが、そういった勧誘の元は、代理店や媒介業者による場合が多いため、契約期間中に解約すると違約金が発生したり、本家である小売電気事業者のキャンペーンが適用されなかったり、さらには初めに聞いていた話と違う、、などなど、何かしらのトラブルがあることも少なくありません。
新電力の電話営業や訪問営業は相手にしてはいけません。
ハッキリ言って、電力会社の乗り換えやプランの切り替えに関わる電話営業や、訪問営業なんてものは、門前払いの無視に限ります。
電話勧誘による申し込みや、セールスマンの訪問勧誘などの場合は、8日間ないし20日間のクーリング・オフ制度が適用されますが、そもそも初めから解約違約金などのない電力会社を選びさえすれば、いつでも無条件で別の電力会社に変更することはできますので、やはり新電力の申し込みはインターネットまたは電話で、各公式サイトから直接ご自身の手で申し込みをするのが、簡単でトラブルもなく一番良い方法です。
北陸の観光地イメージ画像「金沢兼六園」

③おすすめ電力会社は世帯人数や生活スタイルで変わります

北陸電力の従量電灯Bプランからの切り替えであれば、先に紹介した電力会社のどれを選んでも電気料金は今よりもほぼ安くなりますが、ご家庭の世帯人数や契約アンペア数、そして月々の電力使用量によって、どの電力会社がおすすめなのか?が変わります。
なぜなら、先に紹介した各電力会社の電気料金比較表をご覧いただくと分かるように、電力量料金単価の設定がそれぞれ異なる上に、基本料金のない電力会社や、ガスや灯油などのセット契約でより安くなる料金プランなど、各社ごとに様々な料金設定のカタチがあるからです。
在宅状況や休日の過ごし方、消費者の生活スタイルなどによっても、お勧めの電力会社や契約プランは変わりますが、ここでは世帯人数と契約アンペア数で大きく2つに分けて、おすすめの新電力会社をご紹介します。
イメージ画像
北陸地方の観光地「兼六園」のイメージ画像

北陸地方の電力会社の電源構成

北陸電力の電源構成とCO2排出係数

北陸地方では「北電(ほくでん)」という略称を用い、他エリアでは北海道電力との区別のために「陸電(りくでん)」という略称を用いる北陸電力株式会社。
そんな北陸電力のマスコットキャラクターの名前は「りくこ」です。
北陸電力「りくこの部屋」
北陸電力の電源構成における水力発電の比率は28%(2017年度実績)と、大手電力会社の中ではダントツに高く(他社は0~9%程度)、北陸電力では2009年度以降、既存の水力発電所の改修に力を入れることによって、その出力増強に努めてきました。
ただ、北陸電力は石炭火力が電源構成の6割近くを占めており、CO2排出係数は0.574kg-CO2/kWhと、他の大手電力と比べるとやや高めで、温室効果ガスの世界的な削減努力の動きの中では、あまり誇れるような数値とは言い難いところもあります。

北陸電力の電源構成グラフ

北陸電力の電源構成グラフ 2017年度
※グラフは北陸電力株式会社HPより引用
【北陸電力の電源構成】
※2017年度の実績値です
石炭火力 58%
石油火力 7%
LNG火力 1%
水力 28%
原子力 0%
新エネルギー(FIT含む) 4%
卸電力取引所 2%
その他 1%

【CO2排出係数】(調整後)
0.574kg-CO2/kWh(2017年度実績)

北陸電力は発電コストの安い水力および石炭火力を主力にした電源構成によって、安価な電力供給を実現しており、実際に北陸電力の電気料金は、全国10エリアの大手電力会社の中では最安になります。
もともと電気料金が安いという土地柄のせいもあって、北陸電力エリアでの新電力会社の参入数は他エリアと比べて少なく、その動きもあまり活発とはいえませんが、LOOOPでんき楽天でんきなど、従来にはなかった電気料金プランに切り替える方が、じわじわと増えているようです。

北陸電力エリアの電源構成から分かる電力事情

北陸地方の人たちは電力自由化にあまり関心がない?

サイト管理人イメージ画像
北陸電力株式会社の電源構成における火力発電の比率は、一時は8割近くまで上ったものの、2017年度の実績では66%(※)にまで下がり、北陸地方の豊富な水資源を活かした水力発電のおかげもあって、その電気料金は全国一低廉な料金水準を維持しています。
(※石炭火力58%、石油火力7%、LNG火力1%)
そうしたこともあってか、北陸地方の住民の多くは電力自由化にあまり関心を示しておらず、保守的な土地柄も相まって、新電力会社に切り替える家庭は現時点ではかなり少ない状況です。
電力広域的運営推進機関のまとめによると、北陸電力エリアにおける一般家庭の新電力への切り替え件数は2018年5月までに49,600件、沖縄エリアを除く全国9エリアの中で最低になります)
国が推進する電力システム改革はまだまだ道半ばで、今後も電力会社間の競争が加速していくことが予想されますが、北陸電力エリアは電気料金の面での参入障壁もあり、新電力各社はそれぞれ厳しい戦いを強いられているようです。

北陸でも新電力を選んだ方がメリット大

ですが、新電力各社の料金設定を確認してみると、全国一安い水準と言われている北陸電力よりも、さらに安い料金プランを提供している新電力会社は決して少なくありません。
その中でも違約金などの発生しない新電力会社を選べば、お試しのつもりの切り替えであっても損をすることはなく、むしろ新しくスマートメーターが導入されることになりますので、より詳細な家計管理が可能になります。
地域住民一人ひとりの”変える”という決意と新しい行動は、地域の活性化にもつながっていくことでしょう。
北陸の海 イメージ画像

北陸地方で選べる電力会社の電気料金表

北陸地方で選べる一般家庭向け新電力および旧一般電気事業者の電気料金一覧表をご案内します。
各社の掲載順位につきましては「1世帯当たりの平均電力消費量(30A契約/370kWh)を想定したひと月分の電気料金」が安価になる順に掲載していますが、各社の電気料金は契約アンペア数や電力消費量によって変わってきます。
必ずしも上位に掲載されている電力会社ほど電気代が安くなるとは限りませんのでご注意ください。

北陸地方で選べる電力会社23社の電気料金表(60A以下)

契約電流60A以下で照明や小型の電気機器を使用する、一般家庭向けのスタンダードな契約プラン(従量電灯B/ネクストなど)の電気料金一覧表です。
(※)2019年10月時点の各社公開情報(消費税10%)を元に作成

はなカメくん電気 電気料金表

申し込む
はなカメくん電気(従量電灯B)
電力会社名称 基本料金/月
はなカメくん電気のロゴ画像
※大手新電力F-Powerの代理店です
20A 30A 40A
契約不可 452.58円 603.44円
50A 60A 燃調費
(11月)
754.3円 905.16円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
7,608円
※1年未満の解約で2,000円+消費税の解約金あり
(電力管轄外の地域への転居の場合は免除)
一律19.34円

ハローG電力 電気料金表

申し込む
ハローG電力(従量電灯B)
電力会社名称 基本料金/月
ハローG電力のロゴ画像
※大手新電力F-Powerの代理店です
20A 30A 40A
304.76円 457.14円 609.52円
50A 60A 燃調費
(11月)
761.9円 914.28円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
7,683円
※1年未満の解約で解約違約金(2,000円+税)あり
一律19.53円

きらめきでんき 電気料金表

申し込む
きらめきでんき(従量電灯B)
電力会社名称 基本料金/月
きらめきでんきのロゴ画像
※大手新電力F-Powerの代理店です
20A 30A 40A
304.76円 457.14円 609.52円
50A 60A 燃調費
(11月)
761.9円 914.28円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
7,683円
※1年未満の解約で解約違約金(2,000円+税)あり
一律19.53円

石川電力 電気料金表

申し込む
石川電力(おうち電気プラン)
電力会社名称 基本料金/月
石川電力株式会社のロゴ画像
※一般家庭の新規受付は終了しています
20A 30A 40A
484円 726円 968円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
7,795円
※1年未満の解約で解約違約金(2,000円+税)あり
※請求書発行手数料(216円)あり
0~200kWhまで 201~400kWhまで 400kWh超
19.4円 18.76円 21.57円

ピタでん 電気料金表

申し込む
ピタでん(使った分だけプラン)
電力会社名称 基本料金/月
ピタでん(株式会社F-Power)のロゴ画像 無料
電力量単価
(1kWhあたり単価)
燃調費
(11月)
一律21.13円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★)
7,818円
※1年未満の解約で2,000円+消費税の解約違約金あり

Looopでんき 電気料金表

申し込む
Looopでんき(おうちプラン)
電力会社名称 基本料金/月
LOOOPでんきのロゴ画像 無料
電力量単価
(1kWhあたり単価)
燃調費
(11月)
一律21.3円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★)
7,881円
※今なら電気料金比較サイト「エネチェンジ」からの申し込みで3,000円分のAmazonギフト券がもらえます

TOSMOでんき 電気料金表

申し込む
TOSMOでんき(家庭用プラン)
電力会社名称 基本料金/月
TOSMOでんきのロゴ画像
無料
※現時点の契約アンペア数が30A~60Aの方が対象です
電力量単価
(1kWhあたり単価)
燃調費
(11月)
一律21.39円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★)
7,914円

H.I.S.のでんき 電気料金表

申し込む
H.I.S.のでんき(従量電灯B5)
電力会社名称 基本料金/月
HTBエナジーのロゴ画像 20A 30A 40A
なし 689.7円 890.56円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,149.5円 1,379.4円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,003円
※1年未満の解約で解約違約金(2,000円+税)あり
※今なら電気料金比較サイト「インズウェブ」からの申し込みで500円分のAmazonギフト券がもらえます
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
(30A)
16.96円
(40A)
16.42円
(50A/60A)
16.92円
(30A)
20.66円
(40A)
20円
(50A/60A)
20.6円
(30A)
22.28円
(40A)
21.57円
(50A/60A)
22.24円

丸紅新電力 電気料金表

申し込む
丸紅新電力(プランS)
電力会社名称 基本料金/月
丸紅新電力のロゴ画像 20A 30A 40A
671円 671円 913円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,155円 1,397円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,009円 0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.82円 20.63円 21.24円

ゴウダ電力 電気料金表

申し込む
ゴウダ電力
電力会社名称 基本料金/月
ゴウダ電力のロゴ画像
【シン・エナジー代理店】
20A 30A 40A
なし 704.22円 938.96円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,173.7円 1,408.44円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,112円
※電気料金の支払いでJALのマイルが貯まります(1マイル200円)
※太陽光発電または蓄電池の導入で電気料金がさらに1%OFF
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.3円 20.78円 22.74円

シン・エナジー 電気料金表

申し込む
シン・エナジー(基本プラン)
電力会社名称 基本料金/月
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像 20A 30A 40A
なし 704.22円 938.96円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,173.7円 1,408.44円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,112円
※電気料金の支払いでJALのマイルが貯まります(1マイル200円)
※今なら電気料金比較サイト「エネチェンジ」からの申し込みで1,000円分のAmazonギフト券がもらえます
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.3円 20.78円 22.74円

スマ電 電気料金表

申し込む
スマ電(北陸スマ得ホームプラン)
電力会社名称 基本料金/月
スマ電(株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ)のロゴ画像 20A 30A 40A
なし 426円 668円
50A 60A 燃調費
(11月)
910円 1152円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,122円
※解約手数料(6ヶ月以内 2,000円+税)あり
※月額電気使用料金1万円以上で5%割引になります(燃調費と再エネ賦課金は除く)
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.85円 21.74円 23.45円

楽天でんき 電気料金表

申し込む
楽天でんき(プランS)
電力会社名称 基本料金/月
楽天エナジーのロゴ画像
無料
※現時点の契約アンペア数が30A~60Aの方が対象です
電力量単価
(1kWhあたり単価)
燃調費
(11月)
一律22円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★)
8,140円

ミツウロコでんき 電気料金表

申し込む
ミツウロコでんき(従量電灯B)
電力会社名称 基本料金/月
ミツウロコでんきのロゴ画像 20A 30A 40A
484円 726円 968円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,151円
(※)8,266円
(※)シングル応援プランの場合の価格です
※今なら電気料金比較サイト「インズウェブ」からの申し込みで最大3,500円分のAmazonギフト券がもらえます
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
18.86円
(※)17.84円
20.37円
(※)21.39円
21.37円
(※)22.14円

ジャストエネルギージャパン 電気料金表

申し込む
JEブライトプラン
電力会社名称 基本料金/月
ジャストエナジージャパン合同会社のロゴ画像 20A 30A 40A
387.2円 580.8円 774.4円
50A 60A 燃調費
(11月)
968円 1,161.6円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,159円
※今なら電気料金比較サイト「インズウェブ」からの申し込みで最大12,000円分のAmazonギフト券がもらえます
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.72円 21.38円 22.91円

イーレックス 電気料金表

申し込む
イーレックス(従量電灯B)
電力会社名称 基本料金/月
イーレックスのロゴ画像 20A 30A 40A
検討中 726円 968円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,178円 0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.84円 21.19円 21.39円

出光昭和シェル 電気料金表

申し込む
出光昭和シェルの電気(Sプラン)
電力会社名称 基本料金/月
出光昭和シェルのロゴ画像 20A 30A 40A
484円 726円 968円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,231円
※ガソリン車の場合は1ヶ月に100Lまでガソリン代が2円/L割引、電気自動車の場合は、ひと月の電気代が200円引きになるカーオプション特典あり
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.84円 21.09円 22.41円

ニチデン 電気料金表

申し込む
ニチデン(北陸シンプルプランB)
電力会社名称 基本料金/月
ニチデンのロゴ画像 20A 30A 40A
469.48円 704.22円 938.96円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,173.7円 1408.44円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,315円
※半年未満の解約で2,000円+消費税の解約金あり
一律20.57円

格安電力 電気料金表

申し込む
格安電力(格安プラン)
電力会社名称 基本料金/月
格安電力のロゴ画像 20A 30A 40A
なし 726円 968円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,373円 0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.85円 21.74円 22.75円

auでんき 電気料金表

申し込む
auでんき(でんきMプラン)
電力会社名称 基本料金/月
auでんきのロゴ画像 20A 30A 40A
484円 726円 968円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,417円
※au携帯電話またはauひかりのユーザーは電気使用料金の1%~5%のWALLETポイントが付与されます
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.84円 21.72円 23.44円

PinT 電気料金表

申し込む
PinTでんきB
電力会社名称 基本料金/月
PinT(株式会社PinT)のロゴ画像 20A 30A 40A
484円 726円 968円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,422円 0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.85円 21.74円 23.45円

北陸電力 電気料金表

申し込む
北陸電力(従量電灯B・ネクスト)
電力会社名称 基本料金/月
北陸電力のロゴ画像 20A 30A 40A
484円 726円 968円
50A 60A 燃調費
(11月)
1,210円 1,452円 0.37円/kWh
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
8,422円
0~120kWhまで 121~300kWhまで 300kWh超
17.85円 21.74円 23.45円

ピタでん 電気料金表

申し込む
ピタでん(使いたい放題プラン)
料金プラン名称 基本料金/月
ピタでん(株式会社F-Power)のロゴ画像 11,200円
電力量単価
(1kWhあたり単価)
燃調費
(11月)
500kWhまでは基本料金のみ
(500kWhを超える分は一律27.5円/kWh)
なし
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★)
11,200円
※1年未満の解約で2,000円+税の解約違約金あり
※基本料金と電力量単価はどちらも再エネ賦課金と燃調費を含んだ価格になります

自然電力のでんき 電気料金表

申し込む
自然電力のでんき
電力会社名称 基本料金/月
自然電力のでんき(自然電力株式会社)のロゴ画像 20A 30A 40A
264円 396円 528円
50A 60A 燃調費
(11月)
660円 792円 なし
1世帯当たりの平均電力消費量を想定した1ヶ月分の電気料金(★) 電力量単価
(1kWhあたり単価)
- 円
※電力量単価が30分毎に変動するため試算不可能
一律価格
JEPXのスポット市場価格に応じて毎時30分ごとに価格変動します)
(★) 一般財団法人省エネルギーセンターの資料を基に、1世帯当たりの月間電力使用量の平均値である「370kwh」および「30アンペア契約」と仮定した上での『ひと月分の電気料金』です。(こちらの比較表には再エネ賦課金燃料費調整額および各種割引は加味していません)
北陸の観光地イメージ画像「富山の白山と湖」

北陸地方で選べる電力会社6社の電気料金表(6kVA~49kVA)

電気使用量の多い家庭、商店、飲食店、事務所などで利用されている、契約容量6kVA~50kVA未満の契約プラン(従量電灯Cなど)の電気料金一覧表です。
(☆)契約容量12kVA、月間電力使用量を「400kwh」と仮定した上での試算
(※)2019年10月時点の各社公開情報(税率10%)を元に作成

北陸電力の電気料金単価表

申し込む
北陸電力(従量電灯C)
モデルケースの電気代(☆) 基本料金 電力量単価 燃調費
(11月)
備考
0~120kWh 121~300kWh 301kWh~
11,304円/月
1kVAあたり
242円
17.85円 21.74円 23.45円 0.37円/kWh
燃調費・再エネ賦課金は別途

Looopでんきの料金単価表

申し込む
Looopでんき(ビジネスプラン)
モデルケースの削減額(☆) 基本料金 電力量単価 燃調費
(11月)
備考
0~120kWh 121~300kWh 301kWh~
-2,344円/月
削減率
20.7%安
無料 一律22.4円 0.37円/kWh ≫Looopでんきキャンペーン情報

楽天でんきの料金単価表

申し込む
楽天でんき(プランM)
モデルケースの削減額(☆) 基本料金 電力量単価 燃調費
(11月)
備考
0~120kWh 121~300kWh 301kWh~
-2,104円/月
削減率
18.6%安
無料 一律23円 0.37円/kWh ≫楽天でんきキャンペーン情報

はなカメくん電気の料金単価表

申し込む
はなカメくん電気(従量電灯C)
モデルケースの削減額(☆) 基本料金 電力量単価 燃調費
(11月)
備考
0~120kWh 121~300kWh 301kWh~
-1,227円/月
削減率
10.8%安
1kVAあたり
194.86円
一律19.34円 0.37円/kWh 解約違約金2,000円+税あり

石川電力の電気料金単価表

申し込む
石川電力(お仕事電気プラン)
モデルケースの削減額(☆) 基本料金 電力量単価 燃調費
(11月)
備考
0~120kWh 121~300kWh 301kWh~
-565円/月
削減率
4.9%安
1kVAあたり
229.9円
16.96円 20.65円 22.28円 0.37円/kWh 2年以内の解約で5,000円+税の違約金あり

丸紅新電力の料金単価表

申し込む
丸紅新電力(プランS)
モデルケースの削減額(☆) 基本料金 電力量単価 燃調費
(11月)
備考
0~120kWh 121~300kWh 301kWh~
-490円/月
削減率
4.3%安
1kVAあたり
236.54円
17.82円 20.63円 21.24円 0.37円/kWh 古参の大手新電力
(※)2019年10月時点の各社公開情報を元に作成
北陸の観光地「日本海」イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
地域別おすすめ電力会社の一覧表(電気料金の安い順)
各地域別おすすめ新電力会社
電気料金比較シュミレーション
電気料金比較シュミレーション
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です