関西電力

関西電力『eスマート10』切り替えおすすめ新電力プラン【3選】

関西電力「eスマート10」
記事URLとタイトルをコピーする

eスマート10の切り替え対象プラン

関西電力『eスマート10』から切り替えると、電気代がより安くなる可能性のある新電力には

上記3社の従量電灯プランがあります。

注意事項
スポンサーリンク

シン・エナジー(生活フィットプラン)

シン・エナジーTOPページ

シン・エナジーは600社以上ある新電力の中でも、電力販売量ランキングBEST30に入る実力企業です。

検針票に記載されている契約電力が「6kW未満」の場合は、シン・エナジーの『生活フィットプラン』への切り替えを検討しましょう。

生活フィットプランには昼間時間の単価がもっとも安い【昼】生活フィットプランと、
夜間単価がもっとも安くなる【夜】生活フィットプランの2種類あります。

どちらもeスマート10と比べて基本料金は大幅に安くなり、デイタイムやリビングタイムの単価も20%以上安くなります。

ナイトタイム(22時~翌8時)の電力量単価はeスマート10より高くはなりますが、昼間の在宅や電気使用が多い家庭では、実際の電気代はシン・エナジーの方が安くなります。

シン・エナジー VS 関西電力

シン・エナジー「生活フィットプラン」と関西電力「eスマート10」の単価比較表
区分 シン・エナジー
【昼】生活フィットプラン
シン・エナジー
【夜】生活フィットプラン
関西電力
eスマート10
基本料金/ひと月 最初の6kWまで 1契約
304.41円
(74.8%安)
1契約
1,210円
6kWを超える1kWにつき 5kW(6kVA)超の契約は不可 396円
1kWhあたりの電力量単価 デイタイム
18.38円
(52.4%安)
平日9時~18時
27.38円
(29.1%安)
平日9時~18時
38.62円
夏季平日の13時~16時
リビングタイム 夏季
21.85円
(20.4%~27.6%安)
平日8時~9時と18時~22時、土日祝日の8時~22時
30.2円
夏季(7.8.9月)平日の8時~13時および16時~22時
その他季
27.45円
毎日8時~22時
ナイトタイム
20.03円
(30.4%高)
22時~翌8時
18.03円
(17.3%高)
22時~翌8時
15.36円
22時~翌8時
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
清水
【昼】生活フィットプランと【夜】生活フィットプラン、どちらが良いか?は昼夜の電力使用量によって変わります。
よくわからない方は、公式サイトでシミュレーションしてもらいましょう。
あわせて読みたい参考記事

Japan電力(しごとプラン)

Japan電力TOPページ

『Japan電力(ジャパン電力)は、太陽光発電モジュールの国産メーカーとしても知られる株式会社アンフィニの新電力サービスです。

検針票などに記載されている契約電力が6kW以上の場合は、Japan電力への乗り換えを検討しましょう。

あわせて読みたい関連記事

Japan電力の『しごとプラン』は契約電力6KW以上の需要家向け電灯契約になり、月間電力使用量が増えるにつれ3段階で従量単価が安くなるところが特徴です。

eスマート10と比較すると、デイタイムやリビングタイムの電力量単価はどれも大幅に安くなり、さらに契約容量にかかわらず基本料金も無料になります。

ナイトタイム(22時~翌8時)の単価は「eスマート10」より高くはなりますが、夜間の電気使用量がそれほど多くない家庭なら、Japan電力に乗り換えた方がお得になるでしょう。

(※注)昼夜の電気の使い方次第では、必ずしもお得になるとは限りません

Japan電力 VS 関西電力

Japan電力「しごとプラン」と関西電力「eスマート10」の電気料金単価の比較表
区分 Japan電力
しごとプラン
関西電力
eスマート10
基本料金/ひと月 最初の6kWまで 無料
(100%安)
1契約
1,210円
6kWを超える1kWにつき 396円
1kWhあたりの電力量単価 デイタイム
月250kWhまで
23円
月251~400kwhまで
22.5円
月400kWh超
21.5円
38.62円
夏季平日の13時~16時
リビングタイム 夏季
30.2円
夏季(7.8.9月)平日の8時~13時および16時~22時
その他季
27.45円
毎日8時~22時
ナイトタイム
15.36円
22時~翌8時
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

リミックスでんき(使い得ビジネスプラン)

リミックスでんき基本料金0円使い得プラン

リミックスでんき『使い得ビジネスプラン』も先に紹介したJapan電力と同じく、月間電力使用量に応じて3段階で従量単価が安くなる電灯契約です。

Japan電力は月400kWh以上から安くなるところ、リミックスでんきは月300kWh以上から最安単価になります。

関西電力のeスマート10は22時~翌8時の夜間単価は安くなるものの、それ以外の時間帯はリミックスでんきの方が安くなります。

夜間の電気使用量がさほど多くない家庭や、昼間時間の電気使用量が多い家庭の場合は、基本料金0円の使い得ビジネスプランに切り替えた方がお得になる可能性大です。

リミックスでんき VS 関西電力

リミックスでんき「使い得ビジネスプラン」と関西電力「eスマート10」の単価比較表
区分 リミックスでんき
使い得ビジネスプラン
関西電力
eスマート10
基本料金/ひと月 最初の6kWまで 無料
(100%安)
1契約
1,210円
6kWを超える1kWにつき 396円
1kWhあたりの電力量単価 デイタイム
月120kWhまで
25.8円
月121~300kwhまで
23.4円
月300kWh超
21.2円
38.62円
夏季平日の13時~16時
リビングタイム 夏季
30.2円
夏季(7.8.9月)平日の8時~13時および16時~22時
その他季
27.45円
毎日8時~22時
ナイトタイム
15.36円
22時~翌8時
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事

その他の乗り換えお勧め新電力

清水
関西電力の「eスマート10」以外の電気料金メニューの切り替え対象プランは、以下のページにまとめて掲載しています。
関西電力の切り替えおすすめ新電力プラン
【新電力PR 2021年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
HISでんきのロゴ画像
HISでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
オール電化向けの新電力会社 一覧
オール電化向け新電力会社 一覧
地域別おすすめ電力会社の一覧表
地域別おすすめ新電力会社 一覧
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA