関西電力

関西電力『なっトクでんき』切り替えおすすめ新電力【3選】

関西電力「なっトクでんき(なっトクパック)」
記事URLとタイトルをコピーする

なっトクでんきの切り替えおすすめ新電力

『なっトクでんき(なっトクパック)は、関西電力の都市ガス「なっトクプラン」とのセット契約で利用できる従量電灯メニューです。

なっトクでんきの電気代は、関西電力の従量電灯Aと比べて4.5%前後安くなりますが、、、
以下に案内する新電力プランに切り替えると電気代はさらに3%~14%以上安くなります。

なっトクでんきの電気代が月1万円を超えることが多いご家庭には『サニックスでんき』または『Japan電力』

月8,000円~1万円以内に収まるご家庭には『HISでんき』への切り替えをおすすめします。(月間電力使用量にして300~380kWh前後)

注意事項
スポンサーリンク

Japan電力(くらしプラン)

Japan電力TOPページ

『ジャパン電力(Japan電力)』は、太陽光発電モジュールの国産メーカーとしても知られる株式会社アンフィニの新電力サービスです。

「くらしプラン」は同時に使用する電気の最大容量が6kVA未満の一般家庭向け従量電灯プランになり、最低料金や基本料金の設定はありません。(電気を使用した分だけ課金されます)

関西電力なっトクでんきは月間電力使用量(kWh数)が増えるにつれ、3段階で従量単価が高くなることに対し、
Japan電力のくらしプランはそれとは反対に月間電力使用量が増えるにつれ、3段階で単価が安くなるところが特徴です。

あわせて読みたい参考記事

Japan電力の料金単価比較表

Japan電力「くらしでんき」と関西電力「なっトクでんき」の電気料金単価比較表
区分 Japan電力
くらしプラン
関西電力
なっトクでんき
最低料金
最初の15kWhまで
最低料金なし
1kWhにつき22円
285円
1kWhあたりの電力量単価 250kWhまで 22円 16~120kWhまで 20.31円
121~300kWhまで 24.1円
251~400kWhまで 21.5円
(10.7%安)
300kWh超 27.8円
400kWh超 20.5円
(26.2%安)
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
清水
ジャパン電力は関西電力管内で最安水準の電気代を実現できる新電力会社の一つです。
途中解約における違約金や契約手数料などの設定もなく、誰でもいつでも気軽に利用できますよ。

サニックスでんき(サニックステラセーバーS)

サニックスでんきTOPページ

福岡県博多に本社を置く株式会社サニックスの新電力サービス「サニックスでんき」

サニックスは太陽光発電システムのトータルサービスを主力事業としながらも、近年は格安新電力としての知名度もかなり向上しています。

6kVA未満の従量電灯プラン「サニックステラセーバーS」は先に紹介したJapan電力と同じく、関西エリア最安水準の電気代を実現できます。

サニックスでんきの料金単価比較表

サニックスでんきと関西電力「なっトクでんき」電気料金単価比較表
区分 サニックスでんき
サニックステラセーバーS
関西電力
なっトクでんき
基本料金 198円 最低料金
最初の15kWhまで
285円
1kWhあたりの電力量単価 0~120kWhまで 一律21円 20.31円
(16~120kWhまで)
121~300kWhまで 24.1円
300kWh超 27.8円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
清水
株式会社サニックスは戸建て住宅に0円で設置できるソーラーエンジニアリング事業も好調のようですね。

HISでんき(ウルトラ or プライム)

HISでんきTOPページ

ひと月の電気代が8,000円~1万円以内(※)に収まることの多い家庭では、Japan電力やサニックスでんきよりも『HISでんき』の方がお得になります。
(※)月間電力使用量にして300~380kWh前後

毎月の電気代が8,000円以内に収まる方は、3段単価の『ウルトラ』プランを選びましょう。

注意点として、HISでんきは1年未満の途中解約で2,200円の違約金が発生しますので、その点あらかじめご留意ください。

あわせて読みたい参考記事

HISでんきの料金単価比較表

HISでんき「ウルトラ&プライム」と関西電力「なっトクでんき」の電気料金単価比較表
区分 HISでんき 関西電力
なっトクでんき
プライム ウルトラ
最低料金
最初の15kWhまで
基本料金/月
170.51円
(40%安)
310.33円 285円
1kWhあたりの電力量単価 16~120kWhまで 一律21.29円
(0kWh~)
18.49円
(8.9%安)
20.31円
121~300kWhまで 23.47円
(2.6%安)
24.1円
300kWh超 26.65円
(4.1%安)
27.8円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

プライムはウルトラと同じく電気の最大容量6kVA未満の従量電灯プランになりますが、月の電気代が8,000円を超える需要家(一般家庭など)向けの料金プランです。

月間電力使用量が380kWhを超える範囲のプライムの電気代はJapan電力やサニックスでんきとほぼ同じくらい安くなり、関西エリアでもトップクラスの節約効果が期待できます。

清水
プライムプランには電気トラブル駆けつけサービスや、60種類以上の生活周りサポートも附帯していますよ。
スポンサーリンク
イメージ画像
清水
両プランの実際の電気代がいくらになるか?を確認したい場合は、当サイトの電気料金比較シュミレーターをご利用ください。
各社の月々の正確な電気代をひと目でチェックできます。
正確さNo.1電気代比較サービス
当サイトでは全国のべ400社の電力会社の料金プランをスピーディーに比較できます。
※ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です
ひと月分のデータだけでもシミュレーションできますが、12ヶ月分のデータを入力すると、年間の電気代をより正確に確認できます。

その他の乗り換えお勧め新電力

清水
関西電力の「なっトクでんき」以外の電気料金メニューの切り替え対象プランは、以下のページにまとめて掲載しています。
関西電力の切り替えおすすめ新電力プラン
【新電力PR 2021年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
HISでんきのロゴ画像
HISでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
初心者向けアドバイス
電力会社を変えるときは何をすれば良い?
地域別おすすめ電力会社の一覧表
地域別おすすめ電力会社&新電力プラン一覧
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA