九州電力

九州電力『電化でナイト』切り替えおすすめ新電力BEST3

九州電力「電化でナイト」

九州電力『電化でナイト・セレクト』はエコキュートや電気温水器を設置しているご家庭や、夜間に電気を多く使用する需要家向けの”季節別時間帯別電灯契約メニュー”です。

昼間時間の電力量単価は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安に設定されており、夜間時間の電力量単価は昼間時間の単価よりも割安になっています。

電化でナイトの切り替え対象プラン

『電化でナイト・セレクト』よりも電気代が安くなる(または安くなる可能性のある)新電力プランには

上記の電灯契約メニューがあります。

当記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたって真正性を保証するものではありません。
各サービス内容は予告なく変更されることもあり、公開時の情報とは異なる可能性もあることをご了承ください。

イデックスでんき(夜トクプラン)

イデックスでんきTOPページ

(株)新出光が運営するイデックスでんきの『夜トクプラン』は、九州電力「電化でナイト・セレクト22」と比べて基本料金と電力量単価がどれも一律3%安く設定されています。

その他の割引やポイント&アフターサービスも充実しているため、イデックスでんきに乗り換えて損をするようなことはありません。

イデックスでんき 5つのメリット
  1. 電気代の支払い額100円毎にdポイント1P、または200円毎にWAONポイント2Pが貯まります
  2. 電気代の支払いをイデックスクラブポイントカードまたはイデックスクラブカード決済にすると、毎月55円割引
  3. 電気使用量のお知らせの郵送を不要にすることで月55円割引
  4. イデックスでんき継続利用で1年満了ごとに毎年500円割引
  5. 解約の際に違約金や手数料は発生しません

ただしイデックスでんきの夜トクプランは『電化でナイト』のように、夜間時間を3パターン(21時~翌7時、22時~翌8時、23時~翌9時)から選ぶことはできません。
(※)夜トクプランの「夜間時間」は22時~翌日8時のみ

イデックスでんきの料金単価比較表

イデックスでんき「夜トクプラン」と九州電力「電化でナイト・セレクト22」の単価比較表
区分イデックスでんき
夜トクプラン
九州電力
電化でナイト・セレクト22
基本料金/月契約電力が10kW以下の場合1契約につき
1,600.5円
(3%安)
1契約につき
1,650円
契約電力が10kWをこえる場合15kWまで1契約につき
4,268円
(3%安)
1契約につき
4,400円
15kW超過分1kWあたり533.5円追加
(3%安)
1kWあたり550円追加
1kWhあたりの電力量単価平日昼間時間夏冬26.03円
(3%安)
26.84円
春秋23.22円
(3%安)
23.95円
休日昼間時間夏冬20.57円
(3%安)
21.22
春秋17.28円
(3%安)
17.82円
夜間時間12.8円
(3%安)
13.21円
※実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
※「夜間時間」は22時~翌日8時
※夜間時間以外が「昼間時間」に相当します
(昼間時間の電力量料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安になります)
電力会社比較NPCプラン

ナンワエナジー(スマートナイト21.22.23)

ナンワエナジーTOPページ

ナンワエナジーの『スマートナイト』プランは、九電「電化でナイト・セレクト」と比べて、基本料金が10%割安になるところが特徴です。
(昼夜の電力量単価もわずかに安く設定されています)

また、ナンワエナジーの電気契約にはペーパーレス割引(月額▲110円)のオプションも附帯しています。

ナンワエナジーの料金単価比較表

九州電力「電化でナイト・セレクト」とナンワエナジー「スマートナイト」の単価比較表
区分九州電力
電化でナイト・セレクト
ナンワエナジー
スマートナイト21.22.23
基本料金/月契約電力が10kW以下の場合1契約につき
1,650円
1,485円
(10%安)
契約電力が10kWをこえる場合15kWまで1契約につき
4,400円
3,960円
(10%安)
15kW超過分1kWあたり550円追加495円
(10%安)
1kWhあたりの電力量単価平日昼間時間夏冬26.84円26.62円
(0.8%安)
春秋23.95円23.75円
(0.8%安)
休日昼間時間夏冬21.22円20.83円
(1.8%安)
春秋17.82円17.52円
(1.6%安)
夜間時間13.21円13.13円
(0.6%安)
※実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
※「夜間時間」は以下の3パターンから選べます
  • 21時~翌日7時(スマートナイト21)
  • 22時~翌日8時(スマートナイト22)
  • 23時~翌日9時(スマートナイト23)
※ナンワエナジーの電気契約は10ヶ月以内の解約で3,300円の解約手数料が発生します

Looopでんき(スマートタイムプラン)

Looopでんきスマートタイムプラン案内ページ

Looopでんきスマートタイムプランの料金単価は、以下の表の通りです。

Looopでんきスマートタイムプランの九州電力エリア料金単価表

スマートタイムの単価は安く、ピークタイムの単価は高くなりますが

スマートタイムピークタイム
春(3月~6月)と秋(10月~11月)
毎日10時~16時(6時間)
夏(7月~9月)と冬(12月~2月)
平日8時~18時(10時間)
13.4円(安い)33.4円(高い)

この2つは年間の平均で見れば、ちょうど中間のリビングタイムと同じような単価になることが予想されます。

スマートタイムとピークタイムを含めて考えると、ややこしくなってしまうため

電気料金のシミュレーションはリビングタイムとナイトタイムの単価だけで判断しましょう。

Looopでんきスマートタイムプランの九州電力エリア料金単価表

ナイトタイムとリビングタイムの単価だけにしぼり、九州電力「電化でナイト」と比較すると次のようになります。↓↓↓

『電化でナイト』と『スマートタイムプラン』の比較表

区分九州電力
電化でナイト・セレクト22
Looopでんき
スマートタイムプラン
基本料金1,650円(10kWまで)0円
昼間単価17.82円~26.84円
8時~22時(14h)
23.4円
6時~22時(16h)
夜間単価13.21円
22時~翌8時(10h)
15.4円
22時~翌6時(8h)
※実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

電気料金シミュレーション結果
契約容量10kW、昼間電力使用量200kWh、夜間電力使用量400kWhの場合

九州電力Looopでんき
10,498円10,840円 高い

シミュレーションでは九州電力の電気代の方が安くなっていますが、

上記シミュレーションは九州電力の昼間単価をもっとも安い17.82円で計算しているため、九州電力の方に甘めの(有利な)結果となっています。

Looopでんきのスマートタイムプランは契約電力(KW数)が大きく、月間電力使用量が少ない需要家ほど価格的な優位性やメリットが大きくなります。

1人暮らしなど電力使用量があまり多くない方はLooopでんきに乗り換えるのも良いでしょう。

あわせて読みたい参考記事
LooopでんきスマートタイムプランLooopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリットを徹底解説!
電力会社比較NPCプラン

その他の乗り換えお勧め新電力

清水
九州電力「電化でナイト」以外の電気料金メニューの切り替え対象プランは、以下のページにまとめて掲載しています。
九州電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】九州電力の乗り換えおすすめ新電力プラン【完全ガイド2021】
【新電力PR 2021年上半期】いま注目の新電力会社BEST8
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
HISでんきのロゴ画像
HISでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
オール電化向けの新電力会社 一覧
オール電化向け新電力会社 一覧
地域別おすすめ電力会社の一覧表
地域別おすすめ新電力会社 一覧
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA