おすすめ電力会社

四国地方おすすめ新電力会社【生活スタイル編】

四国のひまわり畑イメージ
記事URLとタイトルをコピーする
提供:株式会社サウスフィールドプランニング

四国地方のおすすめ新電力会社

はじめに
このページでは四国地方(※)にお住まいの方を対象に、電気料金がより安くお得になる新電力会社の情報を案内しています。
(※)愛媛県、高知県、香川県、徳島県(離島は対象外です)
結論から言うと
四国地方で利用できる主な格安新電力には
  • HISでんき
  • エルピオでんき
  • サニックスでんき
  • Japan電力
  • リミックスでんき
  • Looopでんき
などがあります。
どれがもっともお得になるか?は、
世帯人数や生活スタイル、契約容量などによって異なってくるため、以下にそれぞれ詳しく解説します。
イメージ

2016年4月の電力小売り全面自由化により、四国地方にお住まいの方も四国電力だけでなく、さまざまな新電力会社の電気契約を選べるようになりました。

ただ、新電力会社の数があまりに多いことから「どこを選べば本当にお得になるのか?よくわからない」と迷ってしまう方も少なくないようです。

そこでこのページでは四国地方で申し込める電気契約の中から世帯人数や生活スタイルに見合ったおすすめ新電力をご紹介します。

家族のパターン
新電力会社の乗り換え申し込みはインターネットから10分程度で手続きできます。
その際に現在利用している電力会社への解約の連絡は必要ありません。
解約手続きは申し込んだ電力会社が代行してくれます。
ただし引っ越し先での新規申し込みの際には、利用中の電力会社の解約手続きはご自身で行う必要があります。
四国地方で選べる新電力会社の電気代比較シミュレーション
四国地方38社 電気代比較シミュレーション
四国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
四国電力 各プランからの乗り換え完全ガイド
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

1~2人暮らしのおすすめ新電力

1人暮らしイメージ

1人暮らしや共働きで家を留守にすることが多い世帯は、毎月の電気代は3,000~4,000円程で済むこともあるでしょう。

そういったケースでは格安新電力に乗り換えても電気代は月にせいぜい100円~200円前後しか変わらず、金銭的なメリットはほとんどありません。(四国電力の従量電灯Aやおトクeプランとの比較です)

しかし!
電気料金の安さではなく各社の独自サービスに目を向けると、1~2人暮らしの方にとってもお得な新電力が見つかります。

清水
1~2人暮らしでも、ペットを飼っているなどしてエアコンをいつも利用している方は、3~4人世帯におすすめの新電力会社を参考にしてください。
あわせて読みたい特集ページ
1人暮らしでも損しない、おすすめ電力会社を案内する女性【完全解説】1人暮らしでも損しない!おすすめ電力会社の選び方

ソフトバンク「おうちでんき」

ソフトバンクおうちでんきの単価は、四国電力の従量電灯Aと比べて約1%安く設定されてはいるものの、
あまり電気を使わない人だと口座振替割引分(▲55円)も安くならず、実際の電気代は逆に高くなってしまいます。

ですが、ソフトバンクやワイモバイルの携帯電話やインターネットのユーザーなら1回線につき毎月110円の電気代割引が適用(2年間のみ、3年目以降は55円引き)されることから、乗り換えで損をすることはありません。

ソフトバンクでんきの評判・口コミ情報

また、ソフトバンクユーザーであるかどうかに関係なく、
新規申し込みでもれなく”初月の電気代がまるまる完全無料になる”乗り換えキャンペーン特典にも注目です。

auでんき「でんきMプラン」

auでんきの料金単価は四国電力の従量電灯Aとほぼ同額で、電気代そのものは特に安くはありません。

ですが、auひかりやauの携帯電話など、auユーザーの方がauでんきを利用すると、毎月の電気代(※)に対して1~5%のpontaポイント還元があります。

(※)燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除いた金額になります
auでんき

また、auでんき★スタート割(家族割プラス・auでんきポイントで割引)としてKDDIの支払い料金から毎月500円~最大1,000円が割引される特典もあることから、
au(KDDI)ユーザーにはauでんき(でんきMプラン)をオススメします。

こうた
auユーザーはauでんき、ソフトバンクやワイモバイルユーザーはおうちでんき
じゃあ、docomoユーザーはどこを利用するとお得になるの?
清水
NTTドコモには残念ながら家庭向けの新電力サービスはないんですよ。。
ドコモ(docomo)でんきは?ドコモでんきがない理由とは?NTTグループの新電力サービスを徹底解説!
清水
auやソフトバンク以外のユーザーには、次に案内する新電力会社をおすすめします。

リミックスでんき「電気代割引・仮想通貨付与プラン」

株式会社リミックスポイントの「電気代割引プラン」は、四国電力の「従量電灯A/B」に対して基本料金(最低料金)と従量料金が一律5%割引になります。

電気使用量が多くても少なくても必ず5%お得になるため、乗り換えで損をすることはありません。

あわせて読みたい参考記事
1人暮らしイメージリミックスでんきは1人暮らしにもお得?デメリットは?

また、リミックスでんきでは「仮想通貨付与プラン」といったユニークな電気契約を選ぶこともでき、5%割引分が日本円ではなくビットコインで還元されます。

ビットコインや暗号資産に興味はあるけど、わざわざ自分で買うのはちょっと抵抗があるという方におすすめの電気契約になります。

以下の記事内で詳しく解説していますので併せて参考にして下さい。

仮想通貨(暗号資産)リミックスでんき 仮想通貨付与プランのメリットとは?

どちらのプランも解約違約金の設定はなく、いつでも気軽に乗り換えできます。

実際の電気代を確認・比較できる!NPCプラン電気料金シミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター
イメージ画像

他社サービスとのコラボプランにも注目

1人~2人暮らしでさほど電気を使わない方は、どんなに安い新電力に乗り換えても月あたり200~300円安くなる程度で実際の電気代はあまり変わり映えしませんが、、、

丸紅新電力のプランHのような他社サービスとのコラボプラン(セットプラン)を利用すると、月々の電力使用量が少ない方ほど相対的によりお得になります。

清水
他社サービスとのセット契約でお得になる新自由料金メニューは、別ページにまとめて案内しています。
メニュー他社サービスとコラボでお得になる電気ガス料金メニューの一覧
注意事項

世帯人数3~4名におすすめの新電力会社

4人家族イメージ

家族の人数が多くなるほど誰かしら家に居ることも増えるため、月々の電気代は1万円を超えることも多いと思います。

冬場になると月15,000円を超えることもあるでしょう。(ペットを飼っていればなおさらです)

その場合、四国電力の従量電灯Aおトクeプランを契約している方は、
次におすすめする新電力会社のプランに切り替えると、春秋は月600~800円以上、夏冬なら月1,600~2,000円以上の電気代を節約できます。

エルピオでんきのようなキャッシュバック特典がある新電力会社では年間20,000円以上のお得になることも!

数万円のお得イメージ

なお、四国電力から別の小売電気事業者(新電力会社)に変えても、電気の安定供給や保守点検サービスなどはこれまでと変わらず四国電力送配電が管轄することになります。

ですので、災害時などに電気供給サービスが悪くなるといった心配は一切不要です。
(経済産業省管轄の電力・ガス取引監視等委員会が常に目を光らせています)

エルピオでんき「使った分だけSプラン」

千葉県の老舗LPガス販売会社が運営する新電力「エルピオでんき」
エルピオでんきの使った分だけSプランは一本単価のシンプルな従量電灯契約メニューです。

四国電力の従量電灯Aやおトクeプランで月々の電気代が10,000~15,000円程なら、使った分だけSプランに切り替えると、電気代は月あたり600円~1,600円ほど安くなります。

電気のトラブル駆けつけサポート(出張費と60分以内の作業費が無料)も附帯しており
さらにエルピオクラブの優待サービス新規契約で6,000円分のキャッシュバックなどの特典も充実しています。

あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきトップページキャプチャーエルピオでんきの評判とメリット&デメリットを徹底調査!

サニックスでんき「サニックステラセーバー」

福岡県博多に本社を置く株式会社サニックスの新電力サービス「サニックスでんき」
近年は格安新電力としての知名度もかなり向上しています。

サニックステラセーバーは基本料金+一本単価のシンプルな従量電灯プランで、月間電力使用量が370kWh(四国電力・従量電灯Aの電気代に換算して約1万円)を超える範囲では四国電力エリア最安水準の電気代を実現できます。

実際の電気代がいくらになるか?
当サイトの一括比較シミュレーターで実際の正確な電気料金をご確認ください。

電気料金一括比較かんたんシミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター

ジャパン電力「くらしプラン」

太陽光発電モジュールの国産メーカーとしても知られる株式会社アンフィニの新電力サービス『ジャパン電力(Japan電力)』

ジャパン電力

ジャパン電力の「くらしプラン」は月間電力使用量(kWh数)が増えるにつれ3段階で従量単価が安くなっていく6kVA未満の電灯契約です。

(※)くらしプランの電力量単価(従量単価)は月間電力使用量が250kWhを超えると1kWhあたり0.5円安くなり、400kWhを超えるとさらに1kWhあたり1円安くなります

解約違約金や契約手数料などもなく、先に紹介したサニックスでんきと同じく電気使用量の多い家庭ではエリア最安水準の電気代を実現できます。

JAPAN電力(ジャパン電力)TOPページジャパン電力は安い?特徴・評判・デメリットを詳しく解説!

Looopでんき「おうちプラン」

四国地方の電力販売量ランキングでもBEST5に入る「Looopでんき」は、基本料金0円&一本単価のシンプルな電灯契約の先駆けとして知られる新電力会社です。

太陽光発電のFIT売電をしているご家庭は「Looopでんき+ソーラー割」という特約に申し込むことで電力量単価が1円/kWh引きになるため、先に紹介したエルピオでんきなどよりも安価な電気代を実現できます。

こうた
まずはLooopでんき公式シミュレーションを試してみよう!
Loooでんき+ソーラー割の電気代がどれくらいお得になるか?簡単にチェックできるよ。
こちらの記事も参考にどうぞ
太陽光発電イメージLooopでんきのメリット&デメリットを小売電気アドバイザーが徹底解説!

HISでんき「ウルトラ&プライム」

「HISでんき」は長崎のハウステンボス発祥のエネルギーマネジメント企業HTBエナジーが運営する新電力です。

(※)HTBエナジーは大手旅行会社HISのグループ企業で、同グループのエネルギー関連事業を担っている新電力会社です

HISでんきの評判・口コミ情報

HISでんき(たのしいでんき)の基本プランには「ウルトラ」「プライム」があります。

「ウルトラ」プランは電力量単価が3段階で変動するオーソドックスな電灯契約で、毎月の電気代が1万円以内に収まることの多いご家庭にオススメです。

「プライム」の従量単価は電力使用量にかかわらず一定額、毎月の電気代が1万円を超える家庭にオススメのプランとなっています。
プライムには生活上の様々なトラブルに対応する「あんしんサポート365」も附帯します。

大手旅行会社HISグループならではの特典として、H.I.S.の国内・海外旅行代金がいつでも1,000円~3,000円割引になるところにも注目です。(1人あたりの割引額・何回でも利用可)

清水
注意点として、HISでんきは1年未満で解約すると、2,200円の解約手数料が発生します。
あらかじめご留意ください。
あわせて読みたい参考記事

世帯人数5名以上の家庭におすすめ

2世帯家族イメージ

家族の人数が5名以上になると、毎月の電気代は1万5千円を超えることも珍しくありません。

その場合、四国電力の従量電灯Aおトクeプランで契約している方は、以下にオススメする新電力会社に乗り換えると毎月の電気代が2,000円以上、年間で2万円以上安くなることも!

清水
なお、四国電力の従量電灯Bなど7kVA以上の電灯契約を利用しているご家庭は『事業所・商店や大家族におすすめの新電力』を参考にしてください。

エルピオでんき「使った分だけSプラン」

サービス説明・かんたん紹介はこちらから
あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきTOPページキャプチャー画像エルピオでんきの最新キャンペーンと電気料金比較表

サニックスでんき(サニックステラセーバー)

サービス説明・かんたん紹介はこちらから
イメージ画像

ジャパン電力「くらしプラン」

サービス説明・かんたん紹介はこちらから
実際の電気代を確認・比較できる!NPCプラン電気料金シミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター

ピタでん「使いたい放題プラン」

新電力大手のF-Powerが運営する家庭向け新電力サービス『ピタでん』

株式会社F-powerは、今年1月の卸電力市場の異常高騰のあおりを受け経営破綻し、3月末に会社更生法による手続きが開始されましたが、同法の適用によって倒産に至る可能性は低いことと、F-powerの直近の経営実績は良好であったことを勘案し、当サイトでは引き続きおすすめ新電力の一つとして案内しています。(2021年4月追記)

ピタでん「使いたい放題プラン」は月間電力使用量が500kWhまで11,200円(燃調費・再エネ賦課金・消費税すべて込み)の定額料金プランです。

四国電力(従量電灯A)の500kWh時の電気代は14,500円前後なので、毎月500kwh以上の電気を使う家庭では、ひと月に3,000円以上もお得になります。

ピタでん

月500kWhを超える分は従量課金になりますが、超過分の単価も燃調費・再エネ賦課金・消費税すべて込みの価格になるため、他の新電力と比べてかなりお得な内容です。

昨年度の3~6月(春季)と10~11月(秋季)の電気代(四国電力の従量電灯A)が1万5千円を超えるようなら、ピタでんの使いたい放題プランに乗り換えることで年間4~5万円もの節約につながります。

ピタでん特集記事のイメージ画像ピタでん・あしたでんき・Looop・楽天でんきの比較結果は?
※新規申し込み時にキャンペーンコード『pita202107B』入力で2,000円または4,000円のAmazonギフト券プレゼント!
料金単価の比較表も含めてわかりやすく案内しています

オール電化住宅のおすすめ新電力プラン

オール電化住宅
オール電化プランのある新電力
  1. 出光昭和シェル
    (オール電化プラン)
  2. Looopでんき
    (スマートタイムプラン)
清水
四国電力エリアでオール電化住宅向けプランに対応している新電力には出光昭和シェルLooopでんきなどがあります。
オール電化向けの新電力会社 一覧オール電化住宅でも電気代が安くなる新電力 一覧
清水
出光昭和シェルのオール電化プランは四国電力のでんかeプランよりもわずかに安くなる程度です。
現行の電化住宅向けプランを変更するなら、今のところLooopでんきのスマートタイムプランがおすすめですね。
スマートタイムプランの解説と電気料金シミュレーション
Looopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリットLooopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリット
イメージ画像

事業所・商店や大家族におすすめ

飲食店の女性スタッフイメージ

個人経営の商店や飲食店、美容室などの事業所では、固定費の削減のためにも電力会社や契約プランの定期的な見直しをお勧めします。

とくに四国電力の従量電灯Bなど、7KVA(または6kW)以上の電灯契約を利用している方は電気代が大幅に安くなる可能性大です。

以下にオススメする新電力プランに切り替えると、信じられないかもしれませんが月々の電気料金を20%以上削減できることも!

清水
商店や事業所だけでなく、2~3世帯同居のご家庭でも7KVA以上の従量電灯Bを契約しているケースはよくあります。
その場合も新電力に切り替えると電気代はかなりお安くなりますよ♪

エルピオでんき「使った分だけLプラン」

エルピオでんきは千葉県の老舗LPガス販売会社が運営する新電力です。

四国電力の従量電灯Bの基本料金は1KVAあたり374円、契約容量10kVAの場合は、基本料金だけで月3,740円にもなりますが、
エルピオでんきの「使った分だけLプラン」は契約容量にかかわらず、基本料金は一切かかりません。

1kWhあたりの電力量単価は一律24.44円で、四国電力・従量電灯Bの単価と比べると3段目(300kWh以降)から安くなります。

エルピオでんきには『電気のトラブル駆けつけサポート』(出張費と60分以内の作業費無料)や、『エルピオクラブの優待サービス』などの顧客サービスも充実しています。

7kVA以上の電気契約の場合、新規乗り換え特典として20,000円分のAmazonギフトコードのプレゼントも!

エルピオでんきの評判・口コミ情報

ジャパン電力「しごとプラン」

『ジャパン電力(Japan電力)』は、太陽光発電モジュールの国産メーカーとしても知られる株式会社アンフィニの新電力サービスです。

「しごとプラン」は契約容量にかかわらず基本料金0円、従量料金は月間電力使用量(kWh数)が増えるにつれ3段階で安くなります。

(※)電力量単価(従量料金単価)は月間電力使用量が250kWhを超えると1kWhあたり0.5円安くなり(24.5円/kWh)、400kWhを超えるとさらに1kWhあたり1円安くなります(23.5円/kWh)

JAPAN電力(ジャパン電力)TOPページジャパン電力は安い?特徴・評判・デメリットを詳しく解説!

リミックスでんき「使い得ビジネスプラン」

リミックスでんきの「基本料金0円使い得ビジネスプラン」は、先に紹介したジャパン電力のしごとプランと同じく電気の使用量に応じて電力量単価が3段階で安くなっていく電灯契約です。

月間300kWhを超える単価はジャパン電力よりも安く、契約容量(kVA数またはkW数)や月間電力使用量(kWh数)が大きい需要家ほどお得になります。

リミックスでんきは解約違約金もかからず、個人・法人どちらも気軽に安心して利用できます。

リミックスでんきTOPページキャプチャーリミックスでんきの評判は?運営会社やサービス内容を詳しく解説!
リミックスでんきやジャパン電力の実際の電気代がわかる!NPCプラン電気料金シミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター

Looopでんき「ビジネスプラン」

Looopでんき(株式会社Looop)は基本料金無料、一本単価のシンプルな電灯契約プランの先駆けとして知られる新電力会社です。

ビジネスプランの電力量単価は1kWhあたり一律25.4円、四国電力の従量電灯Bの単価と比べると3段目(300kWh以降)から安くなりますが、

太陽光発電のFIT売電をしている方や、自宅で電気自動車の充電を行っている方などは「Looopでんき+(プラス)」という特割の適用により、エリア最安水準の電気代を実現できます。

あわせて読みたい参考記事
Looopでんき「ビジネスプラン」Looopでんき『ビジネスプラン』のメリット&デメリットを徹底解説!
こうた
事業所向けプランの基本料金は、やたらと高くなることが多いけど、
Looopでんきだとそれがまるまる無料になるってのは、やっぱりスゴイね!

ちなみにLooopでんきには四国電力の「低圧電力」に相当する「動力プラン」も用意されています。

この動力プランも四国電力の電気代よりも安くなる可能性があり、従量電灯と低圧電力の両方をLooopでんきに乗り換えることで大幅なコスト削減が期待できます。

Looopでんき「動力プラン」低圧電力をLooopの動力プランに変更した方が良い理由

実際の電力販売量ランキング

ランキングのイメージ画像

四国地方で申し込むことのできる電力会社(小売電気事業者)の中で、実際の電力販売量が多い電力会社をランキング形式でご紹介します。

電力販売量ランキング上位7社

四国地方(低圧・電灯)
順位 企業名 販売量
(千kWh)
1位 四国電力 1,714,341
2位 SBパワー
ソフトバンクでんき
192,007
3位 ハルエネ
(一般家庭は受付停止中)
142,832
4位 Looop
Looopでんき
53,380
5位 イーレックス
エバーグリーン・リテイリングなど)
47,025
6位 HTBエナジー
HISでんきなど)
42,926
7位 PinT 36,078
一般社団法人エネルギ―情報センター 2019年11月の実績値データより
イメージ画像
正確さNo.1電気代比較サービス
当サイトでは全国のべ400社の電力会社の料金プランをスピーディーに比較できます。
※ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です
ひと月分のデータだけでもシミュレーションできますが、12ヶ月分のデータを入力すると、年間の電気代をより正確に確認できます。
清水
最後にもう一度、世帯人数別のおすすめ新電力会社をご案内します
清水
四国電力の従量電灯AまたはBを利用されている方なら、ここで紹介している新電力会社に乗り換えれば、毎月の電気代はかならず安く(またはお得に)なります。
どうぞ安心して乗り換えをご検討ください。
【新電力PR 2021年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
HISでんきのロゴ画像
HISでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA