東北電力

東北電力『よりそうeねっとバリュー』の乗り換えおすすめ新電力BEST3

東北電力「よりそうeねっとバリュー」プラン

よりそうeねっとバリューからの乗り換え対象プラン

東北電力の『よりそうeねっとバリュー』からの乗り換えで、電気代がより安くなる新電力プランには

  1. ピタでん『使った分だけ』
  2. 熊本電力『おうち電気B』
  3. HISでんき『プライム』

上記3つのプランがあります。

3つのうちどれがもっともお得になるか?は、契約アンペア数(A)によって異なるため

各アンペア数ごとにおすすめプランをご案内します。

(注)20A以下の場合には、新電力会社への乗り換えメリットはほとんどありません

よりそう+eねっとバリューの特徴

2019年4月に新登場した東北電力の「よりそう+eねっとバリュー」は、10~60アンペアの範囲で利用できる一般家庭向けの電灯契約プランです。

自由化前からの規制プラン「従量電灯B」と比較すると、3段階の従量単価は変わりませんが、基本料金が55円割安に設定されています。

さらに東北電力のWEB会員サイトで利用できる「よりそうeポイント」が毎月50Pまたは75P付与されます。

ただし従量電灯Bに適用される口座振替割引(▲55円)は無くなるため、実際の電気代は従量電灯Bと変わりません。

契約容量30Aまたは40Aの場合

よりそう+eねっとバリューを30~40アンペアで契約している方には

ピタでん『使った分だけ』への乗り換えがおすすめです。

ピタでん(使った分だけ)

ピタでんTOPページ

ピタでんは(株)F-Powerが運営する一般家庭向けの新電力サービスです。

(※)F-Powerは400社以上ある小売電気事業者の中でも上記の電力販売量を誇る新電力企業です

ピタでんの電気契約プランには、基本料金なし&一本単価のシンプルな料金プラン『使った分だけ』と、月間500kWhまで定額料金制の『使いたい放題』の2種類があります。

『使いたい放題』プランの方は月間電力使用量が毎月500kWh(よりそう+eねっとバリューの電気代にして約1万5千円)を超える方でないとメリットはありませんが、

『使った分だけ』プランは電力使用量の多少に関係なく、電気代は必ず安くなるので単身世帯にもオススメです。

電気料金単価の比較表

ピタでん「使った分だけ」と東北電力「よりそう+eねっとバリュー」の単価比較表
区分ピタでん
使った分だけ
東北電力
よりそう+eねっとバリュー
基本料金/月
30A(3kVA)契約
0円
(100%安)
935円
基本料金/月
40A(4kVA)契約
0円
(100%安)
1,265円
1kWhあたりの電力量単価120kWhまで一律25.71円18.58円
121~200kWhまで25.33円
300kWh超29.28円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
Check!! あわせて読みたい参考記事
こうた
ピタでんは何といっても基本料金が無料だからね。
料金プランもシンプルで分かりやすいし、普段からあまり電気を使わない人は節電すればするほど、よりそう+eねっとバリューよりもお得になるよ!
イメージ画像

契約容量50Aまたは60Aの場合

よりそう+eねっとバリューを50Aまたは60Aで契約している方には

熊本電力の『おうち電気B』や、HISでんき『プライム』への乗り換えをおすすめします。

熊本電力(おうち電気B)

熊本電力TOPページ

2014年3月に熊本市に誕生した熊本電力は、2020年に沖縄を除く日本全国での供給展開を果たしています。

熊本電力の電気契約プランは400社以上ある新旧電力会社の中でも最安水準!

東北電力の「よりそう+eねっとバリュー」は月間の電力使用量が増えるにつれ3段階で単価が高くなることに対して、熊本電力の『おうち電気B』はそれとは反対に使用量が増えると単価が安くなります。

40アンペア以上でないと契約はできませんが、基本料金も無料なので電力使用量の多少に関係なく、電気代は東北電力よりも必ずお得になります。

電気料金単価の比較表

熊本電力「おうち電気B」と東北電力「よりそう+eねっとバリュー」の単価比較表
区分熊本電力
おうち電気B
東北電力
よりそう+eねっとバリュー
基本料金/月
50A(5kVA)契約
0円
(100%安)
1,595円
基本料金/月
60A(6kVA)契約
0円
(100%安)
1,925円
1kWhあたりの電力量単価120kWhまで25円18.58円
121~200kWhまで25.33円
300kWh超23円
(21.4%安)
29.28円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
こうた
ここで紹介している4社の中でも熊本電力の電気代が一番安くなるんだけど、、
あえてデメリットを挙げるとすれば、HISでんきのような生活周りのサポートサービスは附帯していないってことがあるかな。
詳しくは以下の記事を参考にしてね↓↓
Check!! あわせて読みたい参考記事

HISでんき(プライム)

HISでんきTOPページ

『HISでんき』はHTBエナジーが運営する新電力サービスです。
(※)HTBエナジーは大手旅行会社HISグループのエネルギー関連事業を担っている新電力会社です

よりそう+eねっとバリューよりも電気代が安くなるプランには「ウルトラ」「プライム」があります。
(※)ウルトラは20~40アンペアの契約プラン、プライムは50Aまたは60アンペア専用の契約プランです

よりそう+eねっとバリューと比較すると、ウルトラは電力量単価が5~6%安くなる程度ですが、

プライムは基本料金がおよそ半額、一本単価のシンプルな料金プランで、実際の電気料金は8~10%以上安くなります。

さらにプライム限定のサービスとして、電気トラブルや生活周りのトラブル駆けつけサポート(あんしんサポート365)が附帯しているところにも注目です。

電気料金単価の比較表

HISでんき「プライム」と東北電力「よりそう+eねっとバリュー」の単価比較表
区分HISでんき
プライム
東北電力
よりそう+eねっとバリュー
基本料金/月
50A(5kVA)契約
825円
(48.2%安)
1,595円
基本料金/月
60A(6kVA)契約
990円
(48.5%安)
1,925円
1kWhあたりの電力量単価120kWhまで一律23.54円18.58円
121~200kWhまで25.33円
300kWh超29.28円
(注)実際の電気料金には上記の単価に、各社の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
Check!! あわせて読みたい参考記事
こうた
HISでんきにはHISの旅行代金がいつでも1人あたり1,000円~3,000円割引になる特典も付いてくるよ!
サポートサービスや各種特典を重視するならHISでんきがオススメだね。
清水
電気代の最安値にこだわる方には熊本電力がオススメです。
実際の電気代がいくらになるか?は、NPCプランの電気料金比較シミュレーションでチェックできますよ↓↓↓
正確さNo.1電気代比較サービス
当サイトでは全国のべ400社の電力会社の中から、各地域ごとに電気契約の切り替えを申し込める電力会社と、各社の毎月の電気料金をスピーディーに比較できます。
※ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です
ひと月分のデータだけでもシミュレーションできますが、12ヶ月分のデータを入力すると、年間の電気代をより正確に確認できます。
イメージ画像
清水
東北電力「よりそうeねっとバリュー」以外の電気料金メニューの乗り換えおすすめプランは、以下のページにまとめて掲載しています。
Check!! 東北電力その他の乗り換えおすすめプランはこちらから
【 新電力PR 2020年下半期 】いま注目の新電力会社BEST8
東京ガスのロゴ画像
東京ガスの電気
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
熊本電力のロゴ画像
熊本電力
ピタでん(株式会社F-Power)のロゴ画像
ピタでん
HTBエナジ-のロゴ画像
HISでんき
初心者向けアドバイス
電力会社を変えるときは何をすれば良い?
地域別おすすめ電力会社の一覧表
地域別おすすめ電力会社&新電力プラン一覧
監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です