東北電力

東北電力『よりそう+ファミリーバリュー』切り替えおすすめ新電力BEST3

東北電力「よりそう+ファミリーバリュー」プラン
記事URLとタイトルをコピーする

東北電力『よりそう+ファミリーバリュー』は月間電力使用量400kWhを境に、従量料金の単価が2段階で変動する一般向けの電灯契約メニューです。

基本料金は契約容量3kVA(30A)から設定されており、20アンペア以下でのご利用は割高になるためお勧めしません。

よりそう+ファミリーバリューの切り替え対象プラン

「よりそう+ファミリーバリュー」から切り替えると、電気代がより安くなる新電力には

上記3社の従量電灯プランがあります。

注意事項
スポンサーリンク
「よりそう+ファミリーバリュー」のメリット&デメリット

ひと月の電力使用量が400kWhを超える範囲では、よりそう+ファミリーバリューの電気代は「従量電灯B」と比べて約5%前後安くなります。

ただし月間電力使用量が306kWh以下(実際の電気代にして約8,500~9,500円以下)になる場合は、従量電灯Bよりも割高になります。

また、従量電灯Bで適用される口座振替割引(▲55円)は、よりそう+ファミリーバリューにはありません。

ここで紹介する新電力プランの電気代は月間電力使用量の多少にかかわらず、よりそう+ファミリーバリューと比べて5%~10%以上安くなります。

契約容量3~4KVA(30A・40A)の場合

よりそう+ファミリーバリューを3kVAまたは4KVA(30アンペアまたは40アンペア)で契約されている方にはエルピオでんき『スタンダードプランS』への切り替えをおすすめします。

エルピオでんき(スタンダードプランS)

エルピオでんきTOPページ

エルピオでんきは千葉県の老舗LPガス販売企業が全国展開している格安新電力です。

東北エリアの『スタンダードプランS』は一本単価のシンプルな電灯契約メニューで、基本料金は東北電力よりも20%以上割安に設定されています。
よりそう+ファミリーバリューからエルピオでんきに乗り換えると、実際の電気代は1%~10%以上安くなります。

電気代が安くなるだけでなく、電気のトラブル駆けつけサポート(60分無料)エルピオクラブの優待サービス、継続利用でもらえるお得なキャッシュバック特典など、附帯サービスが充実しているところにも注目です。

あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきTOPページキャプチャー画像【格安でんき比較】エルピオ VS 全国の電力会社

エルピオでんきの料金単価比較表

エルピオでんき(スタンダードプランS)と東北電力(よりそう+ファミリーバリュー)の単価比較表
区分 エルピオでんき
スタンダードプランS
東北電力
よりそう+ファミリーバリュー
基本料金/月
3kVA(30A)契約
743.52円
(24.9%安)
990円
基本料金/月
4kVA(40A)契約
937.04円
(29%安)
1,320円
1kWhあたりの電力量単価 400kWhまで 23.42円 22.76円
400kWh超 23.42円
(15.4%安)
27.71円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
清水
エルピオでんきには契約手数料や解約違約金の設定もなく、どなたでも安心&気軽に利用できますよ♪
イメージ画像

契約容量5~6KVA(50A・60A)の場合

よりそう+ファミリーバリューを5kVAまたは6KVA(50アンペアまたは60アンペア)で契約されている方は、Japan電力『くらしプラン』またはHISでんき『プライム』に切り替えましょう。

Japan電力(くらしプラン)

Japan電力TOPページ

『ジャパン電力(Japan電力)』は太陽光発電モジュールの国産メーカーとしても知られる株式会社アンフィニの新電力サービスです。

「くらしプラン」は60アンペア以下で契約できる従量電灯メニューになります。
月間電力使用量が増えるにつれ3段階で単価が安くなっていくところが特徴です。

東北電力の「よりそう+ファミリーバリュー」は電力使用量が月400kWhを超えると電力量単価が大幅に高くなることに対して、Japan電力の単価はそれとは反対に月400kWhを超えるとグンと安くなります。

あわせて読みたい関連記事
JAPAN電力(ジャパン電力)TOPページジャパン電力の特徴・評判・デメリットを詳しく解説!

Japan電力の料金単価比較表

Japan電力(くらしプラン)と東北電力(よりそう+ファミリーバリュー)の単価比較表
区分 Japan電力
くらしプラン
東北電力
よりそう+ファミリーバリュー
基本料金/月
5kVA(50A)契約
0円
(100%安)
1,650円
基本料金/月
6kVA(60A)契約
0円
(100%安)
1,980円
1kWhあたりの電力量単価 250kWhまで 26円 22.76円
251~400kWhまで 25.5円
400kWh超 24.5円
(11.5%安)
27.71円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
こうた
月間400kWhまでの単価は東北電力より高いけど、基本料金が無料だから実際の電気代は東北電力よりも必ず安くなるよ!

HISでんき(プライム)

HISでんきTOPページ

『HISでんき』はHTBエナジーが運営する新電力サービスです。
(※)HTBエナジーは大手旅行会社HISグループのエネルギー関連事業を担っている新電力会社です

よりそう+ファミリーバリューよりも電気代が安くなるプランには、50Aまたは60Aでのみ契約できる『プライム』があります。

プライムは一本単価のシンプルな従量電灯プランで基本料金も半額になるため、よりそう+ファミリーバリューと比べて実際の電気料金は4~8%以上安くなります。

プライム限定オプションとして、電気トラブルや生活周りのトラブル駆けつけサポート(あんしんサポート365)がもれなく附帯するところにも注目です。

あわせて読みたい参考記事
HISのでんきトップページキャプチャー画像HISでんきの評判は?運営元やサービス内容を徹底解説!

HISでんきの料金単価比較表

HISでんき(プライム)と東北電力(よりそう+ファミリーバリュー)の単価比較表
区分 HISでんき
プライム
東北電力
よりそう+ファミリーバリュー
基本料金/月
5kVA(50A)契約
825円
(50%安)
1,650円
基本料金/月
6kVA(60A)契約
990円
(50%安)
1,980円
1kWhあたりの電力量単価 400kWhまで 23.54円 22.76円
400kWh超 23.54円
(15%安)
27.71円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
こうた
HISの旅行代金がいつでも1人あたり1,000円~3,000円割引になる特典も付いてるよ!
顧客サポートや各種特典を重視するならHISでんきもオススメだね。
清水
各社の実際の電気代がいくらになるか?
NPCプランの電気料金比較シミュレーターで確認できます↓↓↓
正確さNo.1電気代比較サービス
当サイトでは全国のべ400社の電力会社の料金プランをスピーディーに比較できます。
※ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です
ひと月分のデータだけでもシミュレーションできますが、12ヶ月分のデータを入力すると、年間の電気代をより正確に確認できます。
イメージ画像

その他の乗り換えお勧め新電力

清水
東北電力「よりそう+ファミリーバリュー」以外の電気料金メニューの切り替え対象プランは、以下のページにまとめて掲載しています。
東北電力 切り替えお勧め新電力プラン
【新電力PR 2021年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
HISでんきのロゴ画像
HISでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
初心者向けアドバイス
電力会社を変えるときは何をすれば良い?
地域別おすすめ電力会社の一覧表
地域別おすすめ電力会社&新電力プラン一覧
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA