エネルギー関連Q&A

東京2人暮らし昼間共働きでオール電化住宅住まい|電力会社はどこがおすすめ?

Q&A
記事URLとタイトルをコピーする
東京23区内で2人暮らし、平日昼間は共働きでオール電化住宅に住んでいます。
この条件だと、どの電力会社のどういった電気料金メニューを選べば良いでしょうか?
イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
スポンサーリンク
イメージ画像

オール電化のおすすめプランは?

東京23区(=東京電力エリア内)の一般家庭の場合

電気の契約容量は60アンペア以下か?

それとも7kVA以上(または6kW以上)か?

同時に使用する電気の最大需要容量によって、おすすめプランは異なります。

オール電化住宅の場合はさらに、給湯設備はエコキュートか?

それとも電気温水器(電気給湯器)か?

などによっても選ぶべきプランは変わってきますので、
まずはお住まいの電気契約種別(契約容量)と給湯設備を確認しましょう。

あわせて読みたい参考情報
イメージ画像

東京23区内で2人暮らし、平日昼間は共働きでオール電化住宅にお住まいの方の場合、各条件に応じたおすすめ電気料金メニューは以下の通りです。

60アンペア以下で給湯設備がエコキュートの場合

シン・エナジー(夜生活フィットプラン)
詳しい解説記事はこちら
シン・エナジー夜生活フィットプランシン・エナジーの【夜】生活フィットプランを徹底解説!
(※)住宅設備の内容によってはLooopでんきのおうちプラン+(プラス)もおすすめです
(Looopでんきでは都市ガス併用のお宅や、太陽光発電システムのある住宅、電気自動車オーナーなどを対象にお得な割引が適用されます)

60アンペア以下で給湯設備が電気温水器の場合

HISでんき(ぜんぶでんき東京)
詳しい解説記事はこちら
どっちが良い?ぜんぶでんき東京とTEPCOのオール電化プランどっちがお得?

7kVA以上で給湯設備がエコキュートの場合

Looopでんき(スマートタイムプラン)
詳しい解説記事はこちら
Looopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリットLooopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリット

7kVA以上で給湯設備が電気温水器の場合

HISでんき(ぜんぶでんき東京)
詳しい解説記事はこちら
どっちが良い?ぜんぶでんき東京とTEPCOのオール電化プランどっちがお得?

なお、オール電化住宅向けの電気契約を他社プランに切り替える際には、いくつか注意しておきたいことがあります。

詳しくは別記事の方で解説していますので、あわせて参考にしてください。

東電のスマートライフより安い新電力プラン

東京電力のオール電化住宅向けプランには、60アンペア以下の「スマートライフS」と7kVA以上の「スマートライフL」があります。

どちらも電力量単価が安くなるのは深夜1時から朝6時までの5時間だけで、その他の時間帯の単価は比較的高額になります。

スマートライフS/Lよりもお得な新電力プランや料金単価の比較表は、以下のページで詳しく解説しています。

料金単価の比較表はこちら
東京電力エナジーパートナー「スマートライフS/L」東電EP『スマートライフS/L』乗り換えおすすめ新電力BEST5
イメージ画像
【新電力PR 2022年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
ただいま広告募集中1
ただいま広告募集中2 ただいま広告募集中3 ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5
これまでの質問&回答の一覧はこちら

ご質問や相談、お問い合わせはこちら

※ご質問はページ下のコメント欄でも受け付けています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。