エネルギー関連Q&A

「KW」と「KWh(キロワット時)」の違いって何ですか?

Q&A
kWとkWhって何が違うんですか?
よくわからないので小学生でも分かるように教えてください。
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
スポンサーリンク

KWとkWhの違いを小売電気アドバイザーが解説

電圧と電流による電気のエネルギーを「電力」と呼びます。
そしてその"電力"を表す単位W(ワット)KW(キロワット)です。
※1,000Wは1KWです(逆にいうと1Wの電力は0.001kWと表せます)
そして電力をある時間に消費する”量”kWh(キロワットアワー)という単位で表します。
「キロワット時」というルビ表記は誤解を生みやすいため、当サイトでは「キロワットアワー」としています(kW・hour)
清水
つまり「kW」や「W」は”電力”そのものを表す単位であることに対して、
「kWh」は電力の”消費量”(使用量)を表す単位になる、ということですね。
家電品の説明書などには「W(ワット)」が”消費電力”と表示されているため、話がややこしくなり誤解(ごかい)する人も多いのですが、WやKWはあくまでも”電力”(モノを動かすエネルギー)の単位です。
電力を消費した量(または電力を使用できる量)については「kWh」という単位を用いますので、そこを誤解しないようにしましょう。

KWとは、「力(電力)」をあらわす単位

KWhとは、「電力の使用量」をあらわす単位

スポンサーリンク
あわせて読みたい関連記事
これまでの質問&回答の一覧はこちら

ご質問や相談、お問い合わせはこちら

※ご質問はページ下のコメント欄でも受け付けています
スポンサーリンク
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です