エネルギー関連Q&A

新電力から元の電力会社に戻すと何かデメリットはありますか?

PCで調べものをする女性のイメージ画像
記事URLとタイトルをコピーする
つい先日、電力会社を別のところ(新電力?)に変えたのですが、やっぱり元の電力会社に戻そうと思っています。
変えてからすぐに元に戻したりすると、何か不都合やデメリットはあるのでしょうか?
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
スポンサーリンク

小売電気アドバイザーの回答

電力会社(≒小売電気事業者を別の小売電気事業者(≒新電力会社)に切り替えた後、「気が変わった」などの理由で元の電力会社に戻すこと自体には何の問題もありません。
電力会社の切り替えを(こば)む行為は、経済産業省の電力の小売営業に関する指針内でも明確に禁止されています。(元に戻すことを含む)
新電力の切り替えや大手電力会社への出戻りは筆者もこれまで何度も経験していますが、それによって待遇が悪くなったり特別な不都合が生じたことはありません。
『大手電力会社 ⇔ 新電力会社』の切り替えを繰り返すことによるペナルティ等ももちろんありません。
(注)ただし同じ電力会社で料金プランの切り替えや契約アンペア数の変更を行う場合、1年間に1回までといったルールが定められていることがあります
あわせて読みたい関連記事
ただし新電力会社の中には契約期間内に途中解約すると”違約金”が発生するところがあります。(”解約金”や”契約解除手数料”など呼び名は色々です)
もしそういった新電力を利用していた場合には、元に戻すことで余計な出費がかさむことになりますのでご注意ください。
新電力会社を利用する際にはあらかじめ「途中解約時における違約金や手数料などは発生しないかどうか?」しっかり確認してからの契約をお勧めします。
元の電力会社(≒各地域の大手電力会社)で違約金がかかることはほとんどありませんが、東京電力エナジーパートナーのプレミアムS/Lや北陸電力の使っておとくライトなどのように途中解約によって違約金が発生するプランもあります
なお、電力会社の切り替え申し込みの際には現在利用中の電力会社解約の連絡は不要です。(というか、切り替えの際には解約の連絡はしてはいけません)
電力会社のスイッチング支援システムにおいて、利用中の電力会社の解約手続きは切り替えの申し込みを受けた企業側が代行する仕組みになっています。
それを客側が先に解約を申し込むと、システムによる切り替え手続きが阻害されてしまいます。
それは元に戻す時でも同様で、新電力をやめて以前の大手電力に戻りたいと思った時には、インターネットから大手電力会社に切り替えを申し込むだけで手続きは完了します。
新電力会社の解約手続きは大手電力が代行してくれますので、新電力への解約連絡は必要ありません。
(注)規制料金メニュー(従量電灯A/B/Cや低圧電力など)への切り替えの際にはインターネットでの受付は不可となっているケースもあります。(その場合は電話での申し込みになります)
そうしたケースではスイッチング支援システムが利用できないため、新電力会社の解約手続きはご自身で行う必要があります。
あわせて読みたい関連記事
スポンサーリンク
これまでの質問&回答の一覧はこちら

ご質問や相談、お問い合わせはこちら

※ご質問はページ下のコメント欄でも受け付けています
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です