電力関連Q&Aまとめ

新電力はなぜ安い?【新電力Q&A】

イメージ画像

新電力の電気料金はなぜ安い?

清水
清水
新電力がなぜ安いか説明する前に、まずは”新電力”と”従来の電力会社”の定義について確認しておきましょう
こうた
こうた
新電力の定義って?
現行の電力事業は『発電事業』と『送配電事業』、そして『小売り(販売)事業』の3つに分類されます。
その中で私たち一般家庭が実際に電気契約を結ぶことになるのは『小売り事業』を担う電力会社です。
(一般家庭では発電事業や送配電事業を担う電力会社と直接的に契約を結ぶケースはほぼありません)
この小売り事業を担う電力会社を”新電力”と呼び、正式名称を小売電気事業者といいます。
こうた
こうた
じゃあ従来の電力会社ってのは?
対して従来の電力会社は、発電事業と送配電事業、小売事業は別々になってはおらず、すべてひっくるめた上で電力会社と呼ばれていました。
そのため電気供給契約を結ぶ際には、小売り事業だけでなく発電事業や送配電事業のコストも踏まえた上での契約になります。
この電気供給契約における料金設定は『総括原価方式』と呼ばれており、発電・送配電・小売にかかわる人件費や設備費用、修繕費用などのすべての費用がコストとして電気料金に反映されています。
余談ですが、従来の地域電力会社は2020年3月末までに小売部門と送配電部門、発電部門それぞれに別会社として分割されることになっており、東京電力は2016年4月の時点ですでに分割を終えています。
  • 東京電力エナジーパートナー(小売部門)
  • 東京電力パワーグリット(送配電部門)
  • 東京電力フュエル&パワー(発電部門)

新電力会社の電気料金が安くなる2つの理由とは?

清水
清水
なぜ新電力の電気料金は安いのか?、その理由は2つあります

旧来の大手電力は「規制料金」に対し、新電力会社は「自由料金」

こうた
こうた
規制料金って?
従来の電力会社(大手電力会社)の電気料金は、先に説明したように販売・発電・送配電すべてのコストを含めた総括原価方式によって決められています。
総括原価方式による料金設定は電気事業法にもとづいており、2016年4月の自由化後も2020年3月末までは経過措置として規制されているため、気軽に変更することはできません。
電気料金を値上げするにしても値下げするにしても、経済産業大臣への届出や申請が必要です。
こうた
こうた
なるほど~そんな決まりがあるんですね
①新電力会社は販売する電気料金を自由に設定できる
それに対し、新電力会社の方は料金設定を自由に変更できます。
電気の調達コストの折り合いさえつけば、すぐに他社よりも安い価格を提示することができます。
大手電力会社の料金プランは政治的に規制されているのに対し、新電力の料金プランは自由に設定できることから、新電力の方が安い料金プランを提供しやすい立場にある、というわけです。
なお、大手電力会社の規制料金は2020年3月末以降には撤廃される予定となっていますが、新電力への切り替えがあまり進んでいない地域については引き続き規制される可能性もあります。
こうた
こうた
大手電力会社は色々と大変なんですね。。。
清水
清水
そして新電力の電気が安くなる、もう一つの理由がこれです↓↓↓
②新電力会社は設備投資を必要としない
新電力会社は一般家庭と電気契約を結ぶために自社の発電設備を保有する必要はありません。
各家庭に電気を送るための設備(電柱や電線、電力メーターなど)についても、それらは各地域ごとに定められた送配電事業者が管理しています。
新電力会社が電気を調達する際には、他の発電事業者と提携したり、JEPX(卸電力取引所)から電気を購入することもできるため、発電設備のためのコストはゼロでもやっていけます。
電気の調達先を確保さえしていれば極端な話、小さな事務所一つあれば、それだけで新電力会社として成り立つわけです。
こうた
こうた
え!?そんなに簡単なの??
新電力会社の運営に必要なのは事務所の維持費と人件費くらいのもので、それ以外のコストはほとんどかかりません。
(実際には広告宣伝費用など多大なコストがかかっているようですが。。。)
新電力会社は電気の仕入れコストに自社の利益分を上乗せして販売すれば良いだけ、ということもあってギリギリの料金設定での販売も可能となっています。
こうた
こうた
それならみんな新電力に乗り換えれば良くない??
新電力会社は運営コストが少なくて済むとはいえ、実際には電力会社としての認知度や信頼性の低さから、広告宣伝費などの多大なコストがかかります。
また、料金を自由に設定できることから、中には従来の電力会社よりも高額な料金プランになっていたり、高額な契約手数料や解約違約金がかかるようなところもあります。
新電力だからといって必ずしも電気料金が安くなるとは限らず、どこも経営はけっして順風満帆というわけでもありません。
新電力会社と従来の電力会社、どちらを利用するにしても契約内容をしっかりと確認した上で申し込むように気をつけましょう。
イメージ画像

電力会社の電気料金一括比較フォーム【全国対応版】

サイト管理人イメージ画像
NPCプラン電気料金一括比較シュミレーションでは、各地域ごとに申し込むことのできるのべ400社以上の電力会社の電気料金と、それぞれの差額を無料でスピーディーに比較できます。
各地域における2018年9月~2019年8月の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金を含めて計算し、実際の電気料金をより正確に、そして公正に比較表示するよう努めていますので、電力会社の切り替え前の参考用としてご活用ください。
イメージ画像
【比較フォームを選んで下さい】

各エリア24~76社の電力会社の電気料金を30秒で一括比較!

① お住まいの電力エリア
② 月間の電力使用量(kWh)
(例:370)
※12ヶ月それぞれの比較結果を確認したい場合は年間シュミレーションをご利用ください
③ 電力使用量が分からない方は”1ヶ月分の電気代”を入力して下さい
(例:15000)
②でkWh入力していれば入力不要です
両方を入力すると電気代のデータを優先して計算します
④ 入力したのは何月のデータですか?
⑤ 契約アンペア数(A)は?
※契約中のアンペア数が分からない方はこちらをチェック
⑥ 表示結果
イメージ画像

全国のべ91社の電気料金を30秒で一括比較!

① お住まいの電力エリア
② 月間の電力使用量(kWh)
(例:700)
※12ヶ月それぞれの比較結果を確認したい場合は年間シュミレーションをご利用ください
③ 電力使用量が分からない方は”1ヶ月分の電気代”を入力して下さい
(例:30000)
②でkWh入力していれば入力不要です
両方を入力すると電気代のデータを優先して計算します
④ 入力したのは何月のデータですか?
④ 何kVA契約ですか?
※契約中のkVA数が分からない方はこちらをチェック
イメージ画像
「電気料金一括比較シュミレーション」ご利用上の注意事項
NPCプラン電気料金一括比較フォームは、各電力会社様が公開されている特定時点の情報と、ご入力いただいた電力使用量(kWhまたは円)や条件から、当サイトが設定した計算式によって各社の電気料金を算出し、その比較結果を表示する無料のwebサービスです。
(電気料金の計算方法の詳細はこちらから)
各社の電気料金の算出結果につきましては、燃料費調整額や再エネ発電賦課金等の単価および消費税を正確に加算した上で表示しています。
ただし各電力会社様の割引サービス等(口座振替割引など)は計算には含めておらず、本サービスは利用者様の実際の電気料金の節約額や支払額等をお約束するものではありません。
各電力会社様の料金プランやサービス等に関するご質問は、各社様に直接お問い合わせいただくか、または各公式WEBサイトにてご確認ください。
イメージ画像
オール電化プランや深夜電力、季節別時間帯別プラン、新自由料金メニューなどをご契約中の方で、今よりも電気料金が安くなる電力会社の切り替えプランを知りたいという方は、NPCプラン切り替え相談フォームからお問い合わせください。
24時間以内(日祝日を除く)にあなたに最も適切な電力会社の料金プランとその理由をメールでご案内します。ご相談は無料です。
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です