オール電化

オール電化や深夜電力は安いはずなのに、電気代が高いのはなぜ?

オール電化住宅イメージ

オール電化住宅の電気代はなぜ高い?

こうた
こうた
この前、「オール電化のマンションに引っ越ししたら電気代が高くなった」って、友達がぼやいてたんだけど、、、
オール電化の電気代ってそんなに高いのかな?
清水
清水
冬になると気温が下がって、電気温水器や蓄熱暖房機などは、どうしても電気をたくさん使いますからね。
エコキュートは電気温水器と比べれば、電力消費量は少ないですけど。。
でも、オール電化住宅やセミ電化の家庭だと、やっぱり非電化の住宅よりは電気を多く使いますよ。
清水
清水
それにエアコンなんかも24時間付けっぱなしだと、オール電化向けの電気料金プランは昼間の単価が高いですから。
そうすると電気代が高くなってしまうのも当然かもしれませんね。
こうた
こうた
それはわかるけどさぁ、、
オール電化にしたら家計が安くなるって思ってたのに、もしガスとか灯油の方が安かったら、やっぱ頭にくるじゃん?
清水
清水
たしかに、それはそうですね。
ちなみにオール電化や深夜電力に限らず、電気料金は年々高くなっています。
そしてそれには、主に2つの原因があるんですよ。

電気代が上昇する2つの原因とは?

こうた
こうた
やっぱり電気代は上がってるんだ!
2つの原因って何??
清水
清水
一つは”再生可能エネルギー発電促進賦課金”の値上がりです。(以下、”再エネ賦課金”に略)

再エネ賦課金 単価の推移表(2012年度~2019年度)

買取期間 再エネ賦課金単価 標準家庭における負担額
2012年5月~2013年4月
(平成24年度)
0.22円/kWh 【月額】81円
【年額】972円
2013年5月~2014年4月
(平成25年度)
0.35円/kWh 【月額】129円
【年額】1,548円
2014年5月~2015年4月
(平成26年度)
0.75円/kWh 【月額】277円
【年額】3,324円
2015年5月~2016年4月
(平成27年度)
1.58円/kWh 【月額】584円
【年額】7,008円
2016年5月~2017年4月
(平成28年度)
2.25円/kWh 【月額】832円
【年額】9,984円
2017年5月~2018年4月
(平成29年度)
2.64円/kWh 【月額】976円
【年額】11,712円
2018年5月~2019年4月
(平成30年度)
2.9円/kWh 【月額】1,073円
【年額】12,876円
2019年5月~2020年4月
(令和元年度)
2.95円/kWh 【月額】1,091円
【年額】13,092円
こうた
こうた
うわっ!
この8年間で10倍以上も値上がりしてるじゃん!!
清水
清水
けっこうエグいですよね。
清水
清水
そしてもう一つの原因が、石油や天然ガスなど、”火力発電のための燃料費の高騰”です。

天然ガス価格の推移表(2015年~2019年)

天然ガス価格の推移
引用元:一般社団法人エネルギ―情報センター 資料より
清水
清水
上の表は日本における天然ガス価格の推移を示しています。
これも2016年から2018年の終わり頃まで、右肩上がりが続いていますね。
こうた
こうた
こないだの消費税アップにしろ、なんでもかんでも値上がりばっかりで、ホント嫌になっちゃうよ。。

2019年春以降の電気代は値下がり傾向に!

清水
清水
ただ、先の表をよく見てみると、じつは天然ガスの価格上昇は2018年の末頃がピークで、その後は値下がりしています。
こうた
こうた
あっ!ほんとだ!
・・・ってことは、やっぱり電気よりガスの方が安いってこと??
清水
清水
それもそうですが、天然ガスは電気を作るための燃料でもありますからね。
天然ガスの価格が下がったおかげで、電気の”燃料費調整額”も、2019年の春頃から値下がりしているんですよ。

3大都市圏における燃料費調整額単価の推移(2019年~2020年)

東京電力エリアの燃料費調整額単価の推移表

期間 2020年 2019年
1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月
1kwhあたり -2.06円 -2円 -1.88円 -1.83円 -1.64円 -1.37円 -1.16円 -1.03円 -0.78円 -0.48円 -0.27円 -0.36円

関西電力エリアの燃料費調整額単価の推移表

期間 2020年 2019年
1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月
1kwhあたり 0.03円 0.08円 0.13円 0.15円 0.28円 0.47円 0.65円 0.78円 0.89円 0.97円 1.02円 0.96円

中部電力エリアの燃料費調整額単価の推移表

期間 2020年 2019年
1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月
1kwhあたり -3.31円 -3.26円 -3.19円 -3.22円 -3円 -2.63円 -2.31円 -2.08円 -1.88円 -1.76円 -1.69円 -1.83円
清水
清水
関東や中京エリアだと、電気代の単価は1年前と比べて、1kWhあたり2円ほど安くなっています。
他のエリアでも全国的に1円~1.5円くらい安くなってますよ。
こうた
こうた
2019年の春以降の電気代は、じつは全国的に値下がりしてたんだね!
それは知らなかったよ。

だけどやっぱり高い気がするのはどうして?

こうた
こうた
でもさ、正直言って、そんな実感は全然ないよね。
やっぱり、なんとなく電気代は高くなってる気もするんだけど。。。
清水
清水
こうた君の感覚も、あながち間違ってはないですよ。
電気の燃料費調整単価は下がっていても、2019年10月には消費税の増税もありましたし、、、
それにオール電化やセミ電化住宅だと、非電化の住宅よりも再エネ賦課金の負担が大きくなりがちなんです。
こうた
こうた
ん??
オール電化住宅だと再エネ賦課金の負担が大きくなるって、、、
一体どーゆーこと?

オール電化は再エネ賦課金の負担が大きい?

清水
清水
こうた君も知っての通り、オール電化向けの電気料金プランは、一般的な従量電灯と比べて夜間の単価が安く設定されています。
そのためオール電化やセミ電化住宅では、エコキュートや電気温水器の他にも、夜間に電気を消費できる電気機器をあれこれ設置する傾向があるんですね。
清水
清水
そうなると2~3人暮らしにもかかわらず、月の電力使用量が1000kWhを超えるケースも出てくるんですよ。
こうた
こうた
2人暮らしで1,000kWh超えって、、、結構すごいよね。
清水
清水
そして再エネ賦課金の単価ですが、これは8年前には0.22円だったのが、今では2.95円と、10倍以上も値上がりしています。
なので、夜の単価が安いからといって電気をたくさん使っていると、再エネ賦課金の負担額もどんどん大きくなってしまうんですよ。
清水
清水
たとえば電力使用量が月1,000kWhにもなると、8年前の再エネ賦課金は220円で済んだのに、今だと月額で2,950円もの負担になってしまいます。
こうた
こうた
それで電気代がすごく値上がりしたように感じてしまうわけだ。
清水
清水
でも、非オール電化の住宅は、そこまで電気を使うことは少ないですからね。
世帯数2~3人の平均的な電力使用量は月300kWhほどなので、再エネ賦課金の負担額は885円で済みます。
こうた
こうた
たしかにオール電化住宅の2,950円と比べたら、びっくりするほど高くはないよね。
清水
清水
オール電化住宅はIHクッキングヒーターなど電気機器を多く使いますから、基本料金もどうしても高額になりがちです。
そういったところも、オール電化の電気代を高く感じてしまう理由かもしれませんね。

オール電化や深夜電力はまだまだ高くなる!?

こうた
こうた
オール電化プランはお得だと思ってたんだけどね。
なんとかして安くならないかな??
清水
清水
2016年の家庭向け電力自由化以降、オール電化プランの内容も、どんどん変わってはいますけど、、、
こうた
こうた
どう変わったの??
清水
清水
例えば、2016年4月以前からオール電化プランや深夜電力を契約されている方は、今でも当時の安い単価が適用されています。
(当時の夜間単価は1kWhあたり8円~12円前後、但し地域によって異なります)
清水
清水
ですが、新築や引越しなどで、2016年4月以降にオール電化プランを契約された方の夜間単価は、1kWhあたり12円~17円前後と、従前のプランと比べて値上がりしているんですよ。
こうた
こうた
なんだよ、それ、、、
変わったって言っても、値上がりじゃん。。
こうた
こうた
でも、なんで値上がりしたの?

オール電化の夜間単価や深夜電力が値上がりする理由

清水
清水
原子力発電所が全国各地で稼働していた当時は、夜間の電気が余っていました。
原発はその性質上、一度稼働させたら、昼と夜で発電量を調整することはできませんからね。
清水
清水
夜の電気をたくさん使ってもらうために、当時の電力会社は夜間の単価が安いオール電化プランや、エコキュートや電気温水器、蓄熱暖房機、IHクッキングヒーターなどの導入を積極的に勧めていました。
こうた
こうた
なるほど。
でも、今は原発はほとんど停止してるよね。
清水
清水
その通り。
東日本大震災の影響で、今はほとんどの原発が運転停止または廃炉になっています。
今は代わりに火力発電所で電気を作っていますが、火力発電は発電量の調整ができるので、夜間だからといって、別に電気が余るわけではありません。
清水
清水
また、今は太陽光発電や省エネ機器が発展していて、以前と比べると昼間の電気の需要は減少しています。
火力発電は夜間のコストが高くつくので、今後のオール電化向けプランは「夜間の単価を値上げして、昼間の単価を値下げする」といった見直しが予定されているんですよ。
清水
清水
ちなみに深夜運転機器や蓄熱式機器(エコキュートなど)の特別割引なんかも、残念ながら廃止の方向に進んでいますね。

オール電化プランでも乗り換えできる新電力は?

こうた
こうた
なんだかオール電化住宅に明るい未来はないように思えてくるよ。。
だからといって、今さらオール電化をやめるわけにもいかないだろうしなぁ。。
こうた
こうた
そういえば、オール電化プランは”新電力”に乗り換えても安くならないんだっけ??
清水
清水
そうですね、、2016年4月以前からのオール電化向けプランや深夜電力を契約されている方については、それよりも安くなるプランはまずありません。
ですから、ご利用中の料金メニューが廃止される日が来るまでは、乗り換え先やプラン見直しの必要もないですね。

2016年4月以降のオール電化プランなら乗り換えできる!

清水
清水
ただし、新築や引越しなどで、2016年4月以降にオール電化プランを契約された方なら、乗り換えで安くなる新電力を選ぶこともできます。
清水
清水
例えば「出光昭和シェル」は、沖縄を除く全国でオール電化プランを契約することができます。
出光昭和シェルに乗り換えると、地域電力のオール電化プランよりも多少は安くなりますし、ガソリンなどの割引き特典もありますよ♪
清水
清水
オール電化プランや深夜向けメニューのある新電力会社は、別記事の方でまとめて紹介していますので参考にしてください。↓↓↓

オール電化の電気代を安くする8つの知恵

清水
清水
オール電化プランの電気代をなるべく安くするためには、エアコンなどの昼間使用を減らすといった生活スタイルの見直しが重要です。
また、厚手のカーテンや間仕切りなどで住宅の断熱性を高めるといった、ちょっとした工夫も有効ですね。
清水
清水
オール電化住宅の節電・節約方法は、他にも色々あります。↓↓↓
オール電化&セミ電化住宅の節電方法
  1. 電気を使う時間帯をいつでも意識する。
  2. エアコンなどの昼間使用を減らす。(冬は灯油ストーブなどで代用)
  3. 厚手のカーテンや間仕切りなどで住宅の断熱性を高める。
  4. エコキュートや電気温水器は季節ごとにモード設定を切り替える。
  5. エコキュートや電気温水器の昼間の自動沸き増し機能は停止しておく。
  6. ファン付きの蓄熱暖房機はなるべくファンを停止させておく。
  7. 長期間の不在のときは、使用しない機器はブレーカーごと切っておく。または休止モードにする。
  8. 太陽光発電システムの導入を検討する。

太陽光発電の導入もオススメ♪

清水
清水
まだ太陽光発電システムを設置していないなら、この機会に導入を検討してみるのも良いですね。
オール電化住宅とも相性が良いですし、災害や停電など、いざという時も太陽光発電があると助かります。
こうた
こうた
でもさあ、太陽光発電はけっこう高い買い物じゃん。
FITの売電価格も年々下がっているっていうし、、
今さら設置するメリットはないんじゃないの??
清水
清水
まあ、そういった声があるのも事実ですけどね。
でも、実際には太陽光発電システムのコストは年々下がってますし、逆に発電効率はどんどん向上しています。
そういった背景から、最近では屋根貸しにする代わりに、完全無料で太陽光発電システムを設置してくれるサービスなんかも登場しているんですよ。

太陽光発電・簡単シミュレーション

屋根貸しにしろ、自己負担による設置にしろ、
お住まいの地域や住宅の状況からベストな設備を判断して
実績のある信頼性の高い業者を選びさえすれば、損することなどありません。

むしろ有望な投資になると言えるでしょう。

太陽光発電の導入は予定していなくても、東京電力ベンチャーズのシミュレーションは誰でも気軽に、無料で利用することができます。

今の住所地だと、太陽光でどれくらいの収支が可能なのか?
ぜひこの機会に確認してみてはいかがでしょうか。

Check! 東京電力ベンチャーズ『サンクル』の太陽光発電量シミュレーションは”住所を入力するだけ”で、無料で以下の3つの結果がわかります↓↓↓
  1. 設置費用、補助金、売電・収支予想
  2. 自宅の屋根の太陽光発電量
  3. 環境問題・地球温暖化対策の貢献レベル
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です