その他の新電力

アークエルエナジーDPプランとは?最新の電力サービスを徹底解説!

アークエルエナジー
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

アークエルエナジーのDPプランとは?

2020年10月、福岡県福岡市のベンチャー企業「アークエルテクノロジーズ」が新電力サービス『アークエルエナジー』を開業し

同年11月に月額1,000円(税抜)を支払うだけで、一般家庭でも日本卸電力取引所(JEPX)の電気を”原価”で購入できる「DPプラン」をリリースしました。

日本卸電力取引所(通称:JEPX)

JEPXは電力自由化に先駆けて2003年に設立された日本国内の電力卸売り取引市場で、新電力各社の主な仕入先の一つです。

DPプランの他社との違いは?

「DPプラン」のDPは”ダイナミックプライシング”の略称です。

ダイナミックプライシングの電気料金プランは「市場連動型プラン」とも呼ばれており
自然電力のでんきがその先駆けとして知られています。

アークエルエナジーのDPプランも市場連動型プランの一種になりますが

電気の販売価格は”原価”になるところが、他社との大きな違いです。

電気を「原価」で購入できる!

こうた
DPプランは電気を原価で購入できるっていうけど・・・
「電気の原価」っていくらなの?
清水
アークエルエナジーの電気の原価は
「託送料金」と「取引価格」の合計金額になります。

託送料金とは?

託送料金」はあらかじめ決められた基本料金と従量料金で構成されており、平均価格は1kWhあたり9円~10円前後になります。

実際の価格は全国10電力エリアごとに異なるものの、すべての小売電気事業者に対して共通価格で平等に徴収されています。

託送料金の解説

託送料金とは簡単に言えば、発電所から各消費者の住居まで送電するためのインフラ部分(変電所・電線・電柱など)の使用料金です。

電柱や電線などのインフラ設備は小売電気事業者ではなく、国の許可事業者である一般送配電事業者(東京電力パワーグリッドなど)が管理しており、

新電力各社小売電気事業者は各地域の一般送配電事業者に対して送配電設備の使用料(託送料)を支払うことで、電気の安定供給を担保してもらっています。

なお、2020年11月時点で公開されている全国10エリアの低圧託送料金の平均単価(※概算額)は以下の通りです。

【地域別 託送料金相当額(低圧) 単位:円/kWh】
北海道電力エリア9.63円東北電力エリア10.68円
北陸電力エリア8.58円中部電力エリア9.88円
東京電力エリア9.43円関西電力エリア8.59円
中国電力エリア9.11円四国電力エリア9.47円
九州電力エリア9.13円沖縄電力エリア10.92円

取引価格とは?

「取引価格」は日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場におけるエリアプライスと、市場取引手数料を合計した金額になります。

JEPXのスポット市場価格は需要と供給のバランスで毎日30分ごとに単価が変動しており、
ある日の時間帯によっては最低取引価格の0.01円/kWhの時もあれば、10~20円/kWhになることもありますが、
(※)災害時などには一時的に100円/kWhを超えることもあります

取引単価が4~5円くらいの安い時間帯に電気を購入すれば、託送料と合わせても1kWhあたり13円~15円という超低価格を実現できます。
(※)ただし再エネ賦課金が別途かかります

こうた
託送料と取引価格を合わせた原価が13円~15円になるってことは・・・
つまりオール電化の深夜料金よりも安いってこと!?
清水
あくまでも安い時間帯の原価ですけどね。

他社のケースの販売価格

他社ではJEPXの仕入価格(=原価)に、独自の手数料を上乗せして販売しています。

たとえば自然電力やダイレクトパワーの場合だと、契約プランの種類に応じて1kWhあたり4円~10円

手数料の安いエルピオでんきでも、1kWhあたり3.5円を上乗せして販売しています。

Check!! あわせて読みたい参考記事

アークエルエナジーの販売価格

それに対してアークエルエナジーは、手数料を上乗せせずに原価で販売しています。

ですから利用客の負担額は月額1,100円と、使用した電気の原価および再エネ賦課金のみとなります。

こうた
つまり月1,100円払えば、電気を原価で買えるようになるってことか。
でもさ、それでアークエルエナジーに利益あるの??

原価で販売して利益はあるの?

他社のケースでは利用客の電力使用量が増えると、それに比例して販売者側の利益も増えることになりますが、

アークエルエナジーのDPプランの場合は、顧客がどれほどたくさん電気を使用しても、
利益は顧客1件あたり月額1,000円しか見込めません。

プレスリリースによると、まずは九州電力エリアから電力小売をスタートして、2021年春までに3,000件を目標にしているようですが・・・

Check! アークエルエナジー関連のプレスリリース

目標達成して3000件×1,000円=月額300万円の利益があっても、
そこから人件費や事務所の諸費用を支払うと何も残らないどころか、おそらく赤字でしょう。

顧客が1万件まで増えてくると、それなりに儲かりそうな気もしますが、
しかし顧客対応にかかわる人件費もそれだけ増えることになるはずです。

電力自由化以降、アークエルエナジーに限らず、どの電力会社も単に電気を売るだけではどんどん厳しくなっています。

”電気以外の何か”を上手に売ることが、今後の生き残りのカギとなるでしょう。

清水
でも、そんなことは私たちが心配することじゃないですし、
アークエルエナジーの中の人たちも当然、色々と考えていると思いますよ。

DPプランのデメリットは?

こうた
そっか。。
難しいことはよくわからないけど、
1,100円払えば原価で電気を買えるっていうなら、みんなそれにしたいって思うよね。
清水
どうでしょう?
安い時間にだけ電気を使うってのは、けっこう面倒ですからね。

市場連動型プランは30分ごとに単価が変動し、安くなる時間帯だけでなく、高くなる時間帯もあります。

JPEXのスポット単価が高い時間帯に電気をたくさん使っていると、当然ですが実際の電気代の支払い額も高くなります。

アークエルエナジーには単価が高くなる時間帯を、あらかじめLINEで知らせてくれるサービスもあるそうですが、

毎日の慌ただしい生活の中で電気代のことを意識するのは面倒ですし、いちいちそんなことを気にしていると生活の質が落ちることにもなります。

そういったところが市場連動型プラン共通のデメリットと言えるでしょう。

清水
で・す・が・!!
蓄電池や電気自動車と組み合わせると、そういったデメリットは消えてなくなります。
アークエルエナジーの未来も明るくなるんですよ♪

蓄電池とのコンボに明るい未来!

家庭用の蓄電池があれば、わざわざ安い時間帯を狙って電気を使うような必要はありません。

市場価格の高い時間帯には、あらかじめ単価の安い時間帯に蓄電池に充電しておいた電気を使えば良いからです。

AI機能や全自動制御機能のある蓄電池なら、常に最適な充電と消費をすべて自動でコントロールできるようにもなるでしょう。

24時間いつでも深夜電力と同等か、それよりも安い電気を使えるようになりますので、いちいち電気代のことを気にする必要はなくなります。

こうた
蓄電池かあ。。
でもそれってメチャ高いよね?
清水
今のところ、安いタイプで90万円くらいです。
20~30万円台にまで値下がりすれば、市場連動プランとあわせて爆発的にヒットする可能性もありますね。
清水
でも、毎月の電気代が2万円を超えている家庭なら
90万円の蓄電池でも10年ほどで元は取れますよ。

九州電力のスタンダードファミリープラン50A契約で、ひと月の電気代が2万円の家庭の場合

家庭用蓄電池とDPプランを導入し、常に安価な電気を充電および使用することで、月の電気代は1万2,000円程度にまで削減できます。
(月の差額は約8,000円)

つまり1年間では9万6千円を削減でき、10年間で96万円のお得になります。

清水
家庭用の蓄電池は各自治体ごとに補助金があったりもしますし、
災害対策などもふまえて考えると、そこまで高い買い物ではないかもしれませんね。
日本最大級の家庭用蓄電池 見積り比較サイト【PR】

家庭用・産業用蓄電池の設置費用の見積もりを、全国の有名大手の中から最大5社に一括で依頼できます↓↓

お住まいの地域ごとに最大5社の販売施工店から相見積もりの連絡が来ますので、実際に購入を予定している方だけご利用ください。

なんとなくの価格だけ知りたいという方は、施工店からの電話やメールを面倒に思われるかもしれません。

各電力会社間の競争は今後ますます厳しくなることが予想されます。

これからは蓄電池に限らず、”電気以外の何か”が各電力会社の利益の源泉になっていくのでしょう。

アークエルエナジーはまだ始まって間もない新電力ということもあり、今後の動向に大いに注目したいですね。

会社名アークエルテクノロジーズ株式会社
事業内容 ・脱炭素化プラットフォームサービス事業
・DXコンサルティング事業
小売電気事業者登録番号A0712(令和2年7月1日登録)
本社所在地 福岡県福岡市中央区大名2丁目6番11号
Fukuoka Growth Next
設立 2018年8月1日
社員数 20名
お問い合わせ先 メールフォームより

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です