Looopでんきゼロ

四国電力とLooopでんき0(ゼロ)の比較シミュレーション

シミュレーションイメージ

四国電力とLooopでんき0の比較シミュレーション

エコキュートを所有するご家庭では、夜間の電気料金単価は安く、昼間の単価は高く設定されている『時間帯別料金メニュー』での契約が想定されます。
そこで、四国電力の代表的な時間帯別料金メニュ-(旧プラン)と、Looopでんきの料金単価比較表を元にシミュレーションしてみましょう。
Check! 前回記事

四国電力とLooopの電気料金単価 比較表

【四国電力の時間帯別電灯(得トクナイト)とLooopおうちでんきの料金単価比較表】
電力会社プラン名基本料金
(10kVAまで)
夜間単価昼間単価卒FIT買取単価
~90kWhまで91~230kWhまで230kWh超
四国電力時間帯別電灯(得トクナイト)1,210円11.24円22.39円29.67円33.53円7円
Looopおうちプラン無料24.4円19.52円
この記事の監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

エコキュートのコストはどう変わる?

とあるご家庭のエコキュートの消費電力を180kWh/月間と仮定すると、
Looopでんき0(ゼロ)では、太陽光発電でエコキュートを稼働させることになるため、Looopの卒FIT買取単価に180を掛けた価格がエコキュートのコストになります。
それに対して、四国電力の得トクナイトは基本料金が1,210円、エコキュートを利用する夜間の単価は11.24円です。
両者のコストを比較してみましょう。↓↓↓
Looopでんき0四国電力(得トクナイト)
19.52 × 180 = 3,513円/月180 × 11.24 + 1,210 = 3,233円/月
※試算結果に各種料金割引は含めていません
清水
清水
エコキュートのコストは、どちらもさほど変わらないことがわかりますね。
なお、電気の契約容量が10kVAを超えているご家庭では、四国電力の方がコストは高くなります。

エコキュートは気温の低い夜間に稼働するよりも、気温の高い昼間の方がエネルギー効率が良く、電力消費も少なくて済むとされています。
※平成29年6月7日 科学技術振興機構(JST)の研究発表より

そのためLooopでんきゼロにおけるエコキュートのコストは、試算結果よりもさらに安くなることが予想されます。

また、昼間にエコキュートを稼働させると、契約容量を増やさないといけないので、基本料金が高くなるのでは?と心配される方も居ますが、Looopでんきは契約容量(kVA)を増やしても、基本料金が無料のためコストはまったく変わりません。

昼間の電気代はどう変わる?

Looopでんきの小売単価は電力使用量にかかわらず一律24.4円/KWh。
それに対して、四国電力の得トクナイトの昼間単価は、消費電力90kWhまではLooopより安いものの(22.29円/kWh)、それ以降の単価は大幅に高く設定されています。(29.67円~33.53円)
清水
清水
昼間単価については、Looopの方が15%~20%ほど安くなりますよ。

夜間の電気代はどう変わる?

Looopでんきの小売単価は一律24.4円/KWh。
対して、四国電力の得トクナイトの夜間単価は一律11.24円/KWhです。
こうた
こうた
うわー、、夜間単価は四国電力の方がだんぜん安いね。
ということは、夜に電気をたくさん使う家庭は、やっぱり四国電力の方が良いってことかな?
清水
清水
いえ、そう決めつけるのはまだ早いですよ。
Looopでんき0に乗り換えると、エコキュートは夜間ではなく昼間に利用します。
仮に四国電力の夜間電力量が400kWh/月間だとすると、Looopにした場合の夜間電力量は「400 - 180」で220kWhです。
すると、両社の夜間の電気代はこうなります。↓↓↓
Looopでんき0四国電力(得トクナイト)
24.4 × (400 - 180) = 5,368円/月11.24 × 400 = 4,496円/月
※試算結果に各種料金割引は含めていません
清水
清水
これを見ると、Looopの単価は四国電力の夜間単価よりも倍以上になるとはいえ、実際の電気代はそこまで大きくは変わらないことが分かります。

太陽光の売電価格はどう変わる?

Looopでんきの実質的な売電単価は19.52円/KWh。
四国電力の卒FIT買取単価は7円/KWhです。
清水
清水
太陽光の余剰電力量を200kWh/月間と仮定すると、両社のひと月分の売電総額は以下のようになります。↓↓↓
Looopでんき0四国電力
19.52 × 200 = 3,904円7 × 200 = 1,400円
こうた
こうた
こうやって見ると、やっぱり売電価格はLooopの方がお得だね。

シミュレーション結果~メリット&デメリット~

清水
清水
昼間の電気代、夜間の電気代、太陽光の売電価格、そしてエコキュートのコストを、わかりやすくまとめるとこうなります。↓↓↓
シミュレーションの結果
  • 昼間の電気代は? ⇒ Looopの方が安い
  • 夜間の電気代は? ⇒ 四国電力の方が安い
  • エコキュートのコストは? ⇒ ほぼ同じ
  • 太陽光の売電単価は? ⇒ Looopの方がおトク(約2.7倍)
こうた
こうた
まあ、わかりやすいといえば、わかりやすいけど、、、
けっきょく、Looopと四電どっちの方がお得になるの?
清水
清水
昼間だけ見ればLooopのメリットの方が大きいですけどね。
・・・問題は、昼間はそれほど電気を使わず、夜間に多くの電気を使っているご家庭のケースです。
こうた
こうた
やっぱり、夜にたくさん電気を使う家だと、Looopでんきゼロは損になるのかな?
清水
清水
Looopの単価は四国電力の夜間単価と比べると、倍近くにもなりますからね
でも、じつは『夜間に使用する電力と太陽光の余剰電力量のどちらの方が多いか?』
それによってLooopと四国電力どちらの方がおトクになるか?が変わるんですよ。
【 四国電力 VS Looop 】
夜間の消費電力が400KWhの家庭の場合
四国電力の夜間の電気代は11.24円×400 = 4,496円
Looopでんき0にすると昼にエコキュートを利用するので
Looopの夜間の電気代は24.4円×(400-180)= 5,368円
太陽光の余剰電力量が夜間の消費量(400kWh)と同じ場合
四国電力の売電価格は7円×400 = 2,800円
Looopでんき0は太陽光でエコキュートを利用するので
Looopの売電価格は19.52円×(400-180)= 4,294円
それぞれを清算すると・・・?
四国電力のコストは4,496円-2,800円 = 1,696円
Looopのコストは5,368円-4,294円 = 1,074円
清水
清水
上の試算結果から、太陽光の余剰電力量が夜間の消費電力量と同じだけあると、相殺したコストはLooopの方が安くなることが分かります。

四国電力 VS Looop ~結論とまとめ~

こうた
こうた
なんかいろいろ難しいこと言ってるけどさぁ、、、
結局のところ昼間の電気はLooopの方が安くて、夜間の電気は四国電力の方が安いんだよね?
それなら、昼に電気をたくさん使う家はLooopを選べば良いし、それとは反対に、昼よりも夜に電気をたくさん使う家は、四国電力の方を選べば良いってことじゃないの??
清水
清水
まあ、大雑把に言えば、その通りなんですけどね。
でも、Looopでんきゼロと四国電力のどちらの方がおトクになるのか?
それは太陽光発電量(現在の売電電力量)が、夜間の電力使用量よりも多いか?少ないか?に大きく影響されるんですよ。
清水
清水
つまり、太陽光の余剰電力が、夜間の電力使用量よりも多ければ、Looopでんきゼロにするメリットは大きくなるということです。
それと反対に、太陽光の発電量が夜間の電力使用量よりも少ない場合は、四国電力を選んだ方が良いですね。
清水
清水
太陽光の発電量よりも、夜間の電力使用量の方が多くなるようなご家庭では、Looopでんきゼロにするとデメリットの方が大きくなってしまいます。
ですから、ご自宅の夜間の電力使用量と太陽光の発電量をあらかじめ確認して、きちんと比較した上で申し込むようにしましょう。
新電力販売量ランキング上位の常連!Looopでんき
Looopでんきの注目ポイント
  • 契約容量にかかわらず基本料金はゼロ円!
  • 家庭向けおうちプランは電気代10%以上の削減も可能!
  • ビジネスプランは電気代20%以上の削減も可能!
  • 太陽光発電や自然エネルギー関連の先進的な取り組みで有名
  • 解約違約金や手数料は一切不要!WEBから10分以内で簡単スピーディー
Check! あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です