自然電力のでんき

自然電力のでんきは思ったよりも安かった!市場連動型プラン体験Blog

自然と田んぼ
監修担当
南部修一
南部の画像
特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
小売電気アドバイザー 認定 第1808005号
太陽光発電アドバイザー 認定 第1820021号
株式会社サウスフィールドプランニング 代表取締役
※電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

自然電力のでんきとは?

『自然電力のでんき』は福岡県福岡市に本社を置く、自然電力株式会社の一般向け電力小売サービスです。

自然電力のでんきは電力自由化によって新しく登場した『市場連動型プラン』を採用しているところが最大の特徴です。

こうた
こうた
市場連動型プランって何ですか?

日本卸電力取引所(通称:JEPX)のスポット市場価格に連動して従量単価が決まる電気料金メニューを、総称して「市場連動型プラン」と呼びます。

(※)JEPXは電力自由化に向けて2003年に設立された、電気事業者間の電力取引市場です

自然電力のでんきの料金プランは昔からある固定単価プランではなく、JEPXの取引価格に連動して従量単価が30分毎に変動しています。

JEPXスポット市場の取引価格は、1日24時間の中で高くなるときもあれば安くなるときもありますが

価格の高い時間帯になるべく電気を使わないように気をつけることで、電気料金を比較的安く抑えることができます。

試しに自然電力に乗り換えてみたところ

個人的には「市場連動型プランは電気代が高くなる」といったイメージや

「発電所を持たない新電力に都合の良い料金プランでしかない」という偏見を持っていたこともあり

これまで自然電力のでんきにはあまり興味を持てなかったのですが、

しかし何事も経験ということで、今年3月から利用してみることにしました。

参考記事 自然電力への乗り換え体験談

結果は予想よりも安かった

自然電力のでんきを利用した今年5月の請求書がこちら↓↓↓

自然電力のでんきの請求書 兼 領収書

契約電力2kwの電力使用量51kWh、請求金額は1,295円です。ヤスイッ

今年は新型コロナ騒動でテレワークに移行し、事務所をまったく使わなかったため

そのおかげで電気代も安く収まったということもありますが・・・

ですが、同じ条件で北陸電力の電気代に換算すると「1,793円」になりました。
(2kW=30Aで試算)

(※)NPCプランの電気代比較シミュレーションでは、全国の新旧電力会社の「実際の電気料金」をカンタンに確認できます↓
北陸電力の電気代シミュレーション結果

つまり電力使用量は51kwhと少なくても、自然電力のでんきの方が北陸電力よりも月500円も安くなったわけです。

市場連動型プランの電気代はいわゆる「時価」なので、たまたまタイミングが良かったとはいえ

(※)春や秋のJEPXのスポット市場価格は比較的安く、とくに今年(2020年)は新型コロナ等の影響でかなり低い水準となっています

最安プランのSEデビューではなく、SE30プランでのこの結果は注目に値するでしょう。

自然電力のでんきでは3種類の料金プランを選べます

① SEデビュープラン
基本料金+(託送料金単価+JEPXスポット単価+手数料(4円)+再エネ賦課金)× 電力使用量(kWh数)

② SE30プラン
基本料金+(託送料金単価+JEPX単価+手数料(4.4円)+再エネ賦課金)× 電力使用量

③ SE100プラン
基本料金+(託送料金単価+JEPX単価+手数料(5.4円)+再エネ賦課金)× 電力使用量

最安プランはSEデビューで、手数料は1kWhあたり4円
SE30の手数料は4.4円/kWh、SE100は5.4/kWhとなっています。

なお、基本料金と託送料金およびJEPXスポット単価は3プランとも同額です。

WEB上の口コミや評判も上々

ツイッター上でも市場連動型プランの安さに驚く声や、満足の声が見つかりました。

単価は事前に確認できる?

こうた
こうた
でも、市場連動型プランは1日のうちでも単価が高くなるときがあるんだよね?
30分ごとに単価が変わるっていうけど、その単価を知りたいときはどうすればいいの?

公式サイトから確認できる

自然電力の契約者であれば、自然電力公式サイトのマイページから各プランごとの最新の従量料金単価と過去1週間分のデータをグラフで確認できます。

(自然電力をすでに解約した方もマイページから確認できます)

自然電力の明日のでんき速報

自然電力の料金推移データはグラフのみの公開で、少数点単位の正確な金額を確認することはできませんが、おおまかな変動の推移を知ることができます。

なお、HP上で公開されている従量料金単価は「JEPXスポット市場単価+託送料金単価+各プランごとの手数料」となり、基本料金と再エネ賦課金は含まれていません

自然電力のでんきの従量料金の推移表

エルピオでんきなら誰でも最新単価を確認できる

自然電力のマイページは利用客または元利用客でないと見ることはできませんが、

エルピオでんきのHPでも市場連動プランのリアルタイム単価が公開されています。

エルピオでんきHPでは各電力エリアごとに、最新のJEPXスポット単価を確認できます
日本卸電力取引所(JEPX)のスポット電力取引単価のデータ

基本料金と手数料以外の単価は、エルピオも自然電力も同額です。

こちらは契約者でなくても見れるため、各エリアのリアルタイム単価や過去情報を知りたい方は
エルピオでんきの市場連動プラン案内ページをご確認ください。

清水
清水
2020年4月~6月の取引価格を見ると、オール電化プランの夜間単価より安くなるときもあったみたいですね!
Check! あわせて読みたい関連記事

基本料金の確認方法

自然電力のでんきに申し込むと、すでにスマートメーターが設置されている家庭は「スマート契約(実量契約)」になり、

その場合の契約容量(契約電力)は、A(アンペア)ではなくKW(キロワット)で表示されます。

スマート契約における「A」と「Kw」は比例しないので、基本料金を確認する際にはご注意ください。

たとえば筆者のケースでは、北陸電力での契約容量は「30A」でしたが、自然電力の契約電力は「2KW」になります。

北陸電力の基本料金は10Aあたり242円なので、242円×3=726円

自然電力の北陸電力エリアにおけるスマート契約の基本料金は1KWあたり170.5円なので、170.5円×2=341円

筆者のケースでは、自然電力の基本料金は北陸電力の半額以下になりました。

自然電力の販売量ランキング

自然電力は2017年に東京ガスと資本提携を結び、国内外で再生可能エネルギー発電所の開発普及を積極的に行っています。

ですが自然電力のでんきの契約者数は、じつはそれほど多くはありません。(2020年5月時点)

大手比較サイトでも数年前から相当なコストをかけて宣伝しているわりには、自然電力の電力販売量ランキングは100位以下にとどまります。

自然電力の電力販売量ランキング表

ランキングは428社中114位

2020年5月の自然電力の電力販売量(低圧・電灯)は240万8千kWh

ランキング1位の東京電力エナジーパートナーの販売量(4兆5,769億1,500万kWh)と比べると、わずか0.05%しかありません。

多額の広告費をかけていても、市場連動プランは高くなるというイメージもあってか、利用者数はイマイチ伸び悩んでいるようです。

余談ですが、当サイトでおすすめしている8社の新電力はどれもランキング100位以内にあります。
(旧大手電力10社を除いた新電力販売量ランキング:2020年5月実績値)

とくにエルピオでんきなどは昨年からグングンと順位を上げており、その伸び率は有名な楽天でんきに次ぐ勢いです。

その他にも熊本電力は現時点の販売量ランキングは97位と、おすすめ8社の中では今のところ最下位にありますが、
おそらくこれからじわじわと順位を上げていくことが予想できる注目株です。

【 新電力PR 2020年下半期 】いま注目の新電力会社BEST8
東京ガスのロゴ画像
東京ガスの電気
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
熊本電力のロゴ画像
熊本電力
ピタでん(株式会社F-Power)のロゴ画像
ピタでん
HTBエナジ-のロゴ画像
HTBエナジ-

再エネ応援派にはオススメ

自然電力はおすすめ新電力BEST8ではないものの、じつは当サイトでも陰ながら応援しています。

なぜなら自然電力は再生可能エネルギーによる発電所の開発・普及を軸とした、ソーシャルビジネスへの積極的な姿勢が見て取れるからです。

(社)自然基金のスキームを活用し、毎月お支払いいただく電気代の約1%が自然エネルギー発電所を増やすために使われる取り組みを開始いたしました(※)。
需要家が増えるほど、より早く自然エネルギー発電所を増やすことができるようになります。
投資等の使途については、「自然電力のでんき」WEBサイトで報告する予定です。

(※)従量電灯プランの場合。低圧電力・高圧は0.5%となります。
実効税率分、再生可能エネルギー賦課金、諸経費を除きます。
自然電力プレスリリースより引用

1%は少なすぎるのではないか?という意見はさておき、利用客に向けたメッセージとしてはわかりやすいビジネスプランになっていると思います。

自然電力グループは国内外で自然エネルギー発電所の開発に努めながら、再エネ100%の電気供給プランを提供するといった自然派志向の方に嬉しい努力を重ねています。

自然電力の再生可能エネルギー発電所の開発実績案内

当サイトでも、安くてスマートな電気生活の実現に努める自然電力の益々の発展を応援しています。

ナチュラルな暮らしを志向するあなたに ~自然と生きるでんき~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です