東京ガスの電気

東京ガスの電気はどう変わった?新プランの特徴を詳しく解説!

東京ガスのトップページ

2021年5月にリニューアルした東京ガスの電気

2021年5月17日、東京ガスに新しい電気料金メニュー『基本プラン』が登場しました。

それに伴い「ずっとも電気1,1S,2」は新規受付を終了しています。

(※1)ずっとも電気3は継続
(※2)以前からずっとも電気1,1S,2を契約している方は継続して同プランを利用できます
こうた
基本プランって何?
以前の「ずっとも電気」と何が違うの?

基本プランは「基本料金+3段単価」の従量電灯契約です。

東京ガスのずっとも電気は1,1s,2,3それぞれに料金体系が異なることに対し、基本プランはオーソドックスな料金プランに一本化されています。

詳しくは以下の比較表をご覧ください。

基本プランとずっとも電気の単価比較表

東京ガスの電気料金単価表
基本プラン1kVA(10A)あたりの基本料金/月1kWhあたりの電力量単価ガスと電気のセット割
120kWhまで121~300kWhまで300kWh超
286円19.78円25.29円27.36円基本料金と従量料金の0.5%分を割引
ずっとも1s
新規受付終了
1kVA(10A)あたりの基本料金/月1kWhあたりの電力量単価ガスと電気のセット割
120kWhまで121~300kWhまで300kWh超
286円19.85円
(+0.07円)
25.35円
(+0.06円)
27.48円
(+0.12円)
基本料金と従量料金の0.5%分を割引
ずっとも1
新規受付終了
1kVA(10A)あたりの基本料金/月1kWhあたりの電力量単価ガスと電気のセット割
140kWhまで141~350kWhまで350kWh超
286円23.67円
(+3.89円)
23.88円
(-1.41円)
26.41円
(-0.95円)
月額275円割引
ずっとも2
新規受付終了
1kVA(10A)あたりの基本料金/月1kWhあたりの電力量単価ガスと電気のセット割
360kWhまで360kWh超
286円23.63円
(+3.85円-1.66円
26.47円
(-1.01円)
月額275円割引
(注)実際の電気料金には上記の単価に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます

【比較参考用】東京電力の単価表

東京電力エナジーパートナーの単価表
スタンダードS/L1kVA(10A)あたりの基本料金/月1kWhあたりの電力量単価ガスと電気のセット割
120kWhまで121~300kWhまで300kWh超
286円19.88円26.46円30.57円電気代から月102円割引
(注)実際の電気料金には上記の単価に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が別途加算されます
こうた
この単価表を見ても、正直よくわかんないんだけど、、、
今までより安くなったのかな?
清水
「ずっとも電気1s」と比べると、ほんの少しだけ安くなりました。
でも「ずっとも電気1」や「ずっとも電気2」と比べると、むしろ高くなってますね。

TEPCOと東京ガスの電気料金比較表

【東京電力エナジーパートナー(従量電灯B・C)と東京ガスの電気料金比較表】
契約アンペア数と電力使用量TEPCO(従量電灯B・C)との差額
20A契約
(単身世帯)
月100kWhの場合
ずっとも1sは
月額 -3円 安い
基本プランは
月額 -10円 安い
20A契約
(1~2人世帯)
月200kWhの場合
ずっとも1sは
月額 -94円 安い
基本プランは
月額 -108円 安い
30A契約
(2~3人世帯)
月300kWhの場合
ずっとも1sは
月額 -207円 安い
基本プランは
月額 -227円 安い
40A契約
(3~4人世帯)
月400kWhの場合
ずっとも1は
月額 -560円 安い
基本プランは
月額 -548円 安い
50A契約
(4~5人世帯)
月500kWhの場合
ずっとも1は
月額 -976円 安い
基本プランは
月額 -869円 安い
60A契約
(5~6人世帯)
月600kWhの場合
ずっとも1は
月額 -1,392円 安い
基本プランは
月額 -1,190円 安い
10kVA契約
(事業所など)
月400kWhの場合
ずっとも2は
月額 -640円 安い
基本プランは
月額 -548円 安い
15kVA契約
(事業所など)
月600kWhの場合
ずっとも2は
月額 -1,460円 安い
基本プランは
月額 -1,190円 安い
(※1)各種ポイントや割引額(セット割▲275円や0.5%割など)は差額に含みません
(※2)2021年5月の差額です

電気とガスのセット割引は減額に

ずっとも電気1と2は都市ガスとセット利用で月額275円の割引になるところ、基本プランは電気料金の0.5%割引に変更されています。

「0.5%」ということは、月の電気代が5万5,000円でようやく275円割引になりますので、一般家庭における割引額は減額になったとみなせるでしょう。

駆けつけサポートの附帯なし

基本プランには電気トラブル駆けつけサポートや生活周りの駆けつけサービスも無くなりました。

ずっとも電気1sと比べると月10円前後安くなったとはいえ、駆けつけサービスが使えないということは実質的には値上げと同じことです。

こうた
新しくなっても全然良いとこないじゃん。。
清水
そもそも東京ガスは以前から安売り競争はしないという経営方針ですし、
今冬の市場価格の高騰でも、かなりの赤字を計上していますからね。
卸電力高騰が直撃、東京ガス1~3月期電力赤字117億円
年末年始の電力不足で日本卸電力取引所のスポット価格が高騰した影響を受け、東京ガスは、2021年3月期の通期営業利益見通しを、前回見通しの870億円から790億円(前期比22%減)に下方修正した。
電力事業の利益が125億円減少するためだとしている。
卸電力取引所の価格高騰は、地域新電力など中小事業者のみならず、新電力最大手の同社の業績にも打撃を与えている。
ガスエネルギー新聞 2021年2月8日号
清水
東京ガスは今後の展開を想定した上で、実質的な値上げに踏み切ったみたいですね。
2021年5月17日以降の東京ガスの電気契約
  1. 基本プランはずっとも電気と比べて実質的な値上げ
  2. ずっとも電気1,1s,2は受付終了(ずっとも電気3は継続)
  3. 電気トラブルや生活周りサポートは”附帯なし”に変更
あわせて読みたい参考記事

東京ガスよりもお得な大手新電力企業

東京ガスの電気や都市ガスの利用客は「大手企業の安心感」を重要視されているかもしれません。

ですが、もしそういった視点で選ぶなら、ENEOSでんきCDエナジーダイレク(中部電力と大阪ガスの合同出資企業)への切り替え検討をお勧めします。

区分ENEOSでんきCDエナジーダイレクト
電気料金
東京ガス 基本プラン対比
・月120kWhまでの単価は0.1円/kWh高い
・120kWh超の単価は0.75円~1.14円/kWh安い
・基本料金は同額
東京ガス 基本プラン対比
・月120kWhまでの単価は同額
・121~300kWh超の単価は0.18円/kWh高い
・300kWh超の単価は0.98円/kWh安い
・基本料金は6.4%安い
都市ガス料金
東京ガス一般料金 対比
4%安
東京ガス一般料金 対比
3.1%安
オプション割引長期契約(にねんとく2割)で電力量単価1kwhあたり0.2円割引
※3年目以降は0.3円割引
電気と都市ガスセット利用で電気料金0.5%割引
(東京ガスと同じ)
駆けつけサポート電気の困った!駆けつけサービス
(出張費と30分程度の作業費無料)
各種生活トラブル出張サービス
(ガス・PC・水回りの出張費無料)
解約違約金
契約手数料
なし
(※)にねんとく2割の契約時は途中解約で1,100円の違約金あり
なし
CDエナジーはいくら安くなる?電気料金比較表
ENEOSでんきはいくら安くなる?電気料金比較表
清水
どちらの電気代も使用量の多い家庭はより安く、都市ガス料金も東京ガスの一般料金より確実に安くなります。
ENEOSでんきやCDエナジーには上の表以外にも、多彩なオプションや顧客サービスが充実していますよ。
ENEOSでんきやCDエナジーの最新キャンペーン&特典情報はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA